ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

楽天証券で投資信託を買うメリットとデメリット

\シェアしてください!/

マイページ | 投資信託 | 楽天証券

楽天証券で扱う投資信託に興味をお持ちですか?

あなたが、

  • 投資信託の運用に興味がある
  • 投資ではできるだけ損をしたくない
  • 初めての投資なので、少しずつ試してみたい

といった考えを持っているなら、楽天証券はオススメです。

楽天証券の投資信託は取り扱い商品数が多いため、あなたは「この中から何を選べばいいんだ!!」と戸惑うかもしれません。

しかし、大丈夫。楽天証券にはそれをカバーするだけの様々なメリットがあります

  • 100円から投資信託を購入できる
  • 楽天スーパーポイントで投資信託を購入できる(ゼロ円でも投資できる)
  • 投資信託の残高に応じて楽天スーパーポイントが付与される(投資信託資産形成ポイント)

そもそも、あなたが楽天証券を利用すると、最低100円もしくは楽天スーパーポイントで投資信託を購入できるんですよね。

「人気ランキングにある投資信託を上から5つ買ってみる」

そのような運用から始めても良いと思いますが、いかがでしょうか。



楽天証券のウェブサイトを見る

スポンサーリンク

楽天証券で投資信託を買うデメリット

世界経済インデックスファンド | 
楽天証券

  • 取り扱い商品が多すぎる

取り扱い商品が多すぎる

楽天証券に限った話では無いのですが、投資信託の取り扱い本数が多すぎて選べない点がデメリットです。

例えば、楽天証券では2017年9月12日時点で2453種類の投資信託を扱っています。

どうです?2453種類って多いですよね。

  • 「お客様のニーズに備えて投資信託を多数そろえました」
  • 「お客様のお好みに合わせて投資信託をお選びいただけます」

楽天証券側としてはそう言いたいのでしょうが、正直「そんなに本数扱う必要ある?」とは思いますよね。

ただ、実際のところ2453種類のうち、大半は選ぶに値しない商品なので、そこまで不安に感じる必要はありません。

筆者が「見ておいて損がない」と思う投資信託は、この記事の後半で紹介します。

楽天証券で投資信託を買うメリット

  • 取り扱い商品が多いので、自分で選べる人には強い
  • 楽天スーパーポイントで投資信託を購入できる(ゼロ円でも投資できる)
  • 投資信託の残高に応じて楽天スーパーポイントが付与される(投資信託資産形成ポイント)
  • 100円から投資信託を購入できる

取り扱い商品が多いので、自分で選べる人には強い

種類が多すぎることをデメリットに挙げましたが、言いかえれば、自分で投資信託を選べる人には強みになります。

楽天証券ならば、購入したい投資信託を扱っている

良い投資信託もまぎれているので、「困ったら楽天証券の投資信託を見ておくか」という見方もできるんです。

楽天スーパーポイントで投資信託を購入できる(ゼロ円でも投資できる)

楽天証券と楽天スーパーポイントで投資信託を購入しよう

この話は、「楽天証券 + 楽天スーパーポイント」で0円投資を始めよう!にて紹介しています。

楽天スーパーポイントのみでも投資信託を購入できますので、1円も身銭を切ることなく取引できる点が素晴らしいです。

ポイントサービス自体は他の証券会社でもあるんですが、

  • 楽天スーパーポイントは汎用性が高い
  • 楽天市場をはじめ、様々なサービスを通じて付与されやすい

といった特長には敵いません。

あなたが楽天スーパーポイントを少しでも保有しているなら、楽天証券で利用できる点を見過ごすのは勿体ないです。

投資信託の残高に応じて楽天スーパーポイントが付与される(投資信託資産形成ポイント)

投資信託資産形成ポイント | 楽天証券

こちらは逆に、楽天証券での投資信託の保有残高に応じて楽天スーパーポイントが付与されるサービス。

投資信託資産形成ポイントと呼ばれています。

このサービスは、

  • あなたの月末の投資信託保有残高が50万円以上の場合にポイントプレゼント
  • あなたの保有残高が高額なほど、付与されるポイントも増加
  • 楽天スーパーポイントは楽天証券以外のサービスでも利用可能

といった強みを持ちます。

投資信託の保有残高と付与されるポイントの関係は下表の通りです(2017年9月12日現在)。

保有残高付加pt
50~200万円未満50
200~400万円未満100
400~600万円未満150
600~800万円未満200
800~1000万円未満300
1000~2000万円未満500
2000万円以上1,000

要するにいっぱい保有しているとお得!ってわけですね。

100円から投資信託を購入できる

100円投資信託 | 楽天証券

楽天証券は投資信託を100円から購入できます

  • ジュース1本分我慢すれば投資できます
  • 初めての投資の練習に最適

「お釣り投資」とかで使うのも良いですよね。

現実的には、100円を投資したところで大した運用額にはならないのですが、100円投資をきっかけに投資額を増やしていくのが良いと思います。

筆者が証券会社の人から聞いた噂によると、100円投資信託って人気らしいですよ!

この投資信託はチェックしておこう!

投資信託積み立てランキング | 楽天証券

「商品を選べないよ!」というあなたのために、資産形成向きの投資信託をいくつか挙げておきます。

  • ハイリスクハイリターン:ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • ミドルリスクミドルリターン:世界経済インデックスファンド
  • ミドルリスクミドルリターン:eMAXIS slim 8資産均等型
  • ローリスクローリターン:eMAXIS 債券バランス(2資産均等型)

初心者向きはeMAXIS slim 8資産均等型かな、と思います。リスクとリターンのバランスが良いのと、程よく世界に分散投資されている点が魅力です。

個人的にはニッセイ外国株式インデックスファンドを推しますが、eMAXIS slim 8資産均等型よりはちょっと値動きが大きめです。

よくわからないあなたのための「楽ラップ」

楽ラップの診断結果 | 楽天証券

以上のように、楽天証券で投資信託を運用することにはたくさん魅力があります。

でも、「やっぱり商品数が多くてよく分からない。なんとかしろ」という場合には「楽ラップ」を選べば良いと思います。

楽ラップは最近話題のロボットアドバイザー(ロボアド)の1つです。

  1. 最初にあなたの投資趣向を診断して
  2. 診断結果に基づいて投資ポートフォリオを決定し
  3. 10万円以上から投資開始
  4. あとの運用は楽ラップにおまかせ

楽ラップの投資先は複数の投資信託です。「たわらノーロード」シリーズや「ステート・ストリート・インデックス・オープン」シリーズなど、低コストの投資信託から、あなたの診断結果に基づいて投資先が選ばれます。

資産形成に興味があるが、投資信託を選ぶのは難しい場合に使えるサービスです。

なお、楽ラップには投資信託資産形成ポイントが付与されないので、ポイントを欲しい場合には利用できません。

ただ、良い方法があるので、別のページで紹介します。

楽天証券の投資信託をオススメできる人

  • 楽天のサービスをよく利用していて、楽天スーパーポイントを保有している
  • 投資信託の残高に応じて楽天スーパーポイントをもらえたら嬉しい
  • 100円で投資信託を買ってみたい

ご覧の通り、楽天のサービスをよく利用しているほど、メリットは大きくなります

100円投資信託自体はSBI証券あたりでもできますので、楽天スーパーポイントの連携をどう思うかが決め手です。

繰り返す通り、楽天スーパーポイントだけでも投資信託を購入できます(「楽天証券 + 楽天スーパーポイント」で0円投資を始めよう!)。

そのためだけに証券口座を保有しておいて損は無いと思います。

まとめ

  • 楽天証券で投資信託を買うデメリットは、投資信託が多すぎて選ぶのが大変
  • 楽天証券で投資信託を買うメリットは、楽天スーパーポイントを利用した、楽天関連サービスとの連携
  • まずは100円、もしくは楽天スーパーポイントで投資信託を買ってみよう

楽天証券はお試しで投資信託を買いやすい環境が整っている証券会社です。

まずは100円、もしくは楽天スーパーポイントで投資信託を買ってみることをオススメします。

ポイントで買えると良いですよね!

もし購入後に値下がりしたとしても、その投資信託は現金ではなくポイントで買ったものですから。



楽天証券のウェブサイトを見る

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

楽天証券

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット