ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

【2018年11月】SBI証券で「NEXT FUNDS」シリーズ(国内ETF)の売買手数料キャッシュバックキャンペーン中!

\シェアしてください!/

NEXT FUNDS ETF手数料キャッシュバックキャンペーン!

SBI証券で野村アセットマネジメントのETF「NEXT FUNDS」シリーズを購入すると、手数料全額キャッシュバックキャンペーンが始まりました。

これを機会にETFを利用した投資・資産運用を試してみませんか?

ETFはその大半が1口数千円~5万円程度までで購入できる金融商品。投資未経験者への知名度が低い点が難点ですが、投資経験者はETFを買ってる人も多いんですよ(もちろん筆者も買ってる)。

年に1回か数回、分配金ももらえます!

ちなみにETFの買い方は株式と同じですよ!すなわち、株式市場が開いている9時~15時の間に取引を行います。注文自体は前日夜などに出しておいても大丈夫です!

夜21時から始める投資。サラリーマンに贈る「夜間投資家のススメ」
サラリーマンの帰宅時間アンケートで最も多い夜21時に株や投資信託の売買注文を行ったとき、その注文がいつ決済されるのか、その流れを紹介。21時からの夜間投資家を始めませんか。

以下、一緒にキャンペーン情報や注意点などを見ていきましょう。

スポンサーリンク

キャンペーンの概要

NEXT FUNDSシリーズ51銘柄が対象

  • 対象期間:2018年11月1日~2019年1月31日
  • SBI証券で野村アセットマネジメントの「NEXT FUNDS」シリーズ(国内ETF)を取引すると、その取引手数料を全額キャッシュバック(キャッシュバックなので、一度は手数料を支払う)
  • レバレッジ・インバース6銘柄は対象外
  • キャッシュバック上限はなし。対象額は翌月中旬頃に証券口座に返金

これは結構お得な手数料キャッシュバックキャンペーンです。「NEXT FUNDS」シリーズと言えば、ETFの中でも特に流通量の多い、

  • TOPIX連動型上場投資信託(証券コード:1306)
  • 日経225連動型上場投資信託(証券コード:1321)

などが含まれています。

東証株価指数「TOPIX」を買う方法
東証株価指数TOPIXを買う方法をご紹介。TOPIXは日経平均株価よりもローリスクの運用を見込めます。NISAを利用した長期投資にもオススメです。
「日経平均株価を買いたい」を叶える株価指数を買う方法
日経平均株価を買う方法をご紹介。テレビで報道される日経平均株価に投資をしたいならば知っておきたい指数連動ETFのお話。
ETFなら、野村のNEXT FUNDS
ETFなら、野村のNEXT FUNDS。NEXT FUNDS「株価指数連動型(Exchange ...

これらETFを利用した資産形成・資産運用はもちろん有効ですので、手数料負担なしにこれらを買うチャンスということですね。

ETFと投資信託のインデックスファンドは良く似ていますが、分配金を内部に溜め込むインデックスファンドに対し、年1回以上の分配を行なうETFは、分配金・配当金目的の投資に向いています。ETFについて詳しく知りたい場合には、シンプレクス・アセット・マネジメントの漫画が役立つはずです。

注意:以下の6本は対象外(レバレッジ・インバースシリーズ)

以下の6本は今回のキャンペーンの対象外です。

  • NEXT FUNDS JPX日経400レバレッジ・インデックス連動型上場投信(1470)
  • NEXT FUNDS 日経平均レバレッジ・インデックス連動型上場投信(1570)
  • NEXT FUNDS 日経平均ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1357)
  • NEXT FUNDS JPX日経400インバース・インデックス連動型上場投信(1471)
  • NEXT FUNDS JPX日経400ダブルインバース・インデックス連動型上場投信(1472)
  • NEXT FUNDS 日経平均インバース・インデックス連動型上場投信(1571)

これらは、株価が下落する局面で利益を上げたり、もしくは特定の株価指数の2倍の値動きをする特殊なものばかりです。今回のキャンペーンはおそらくETFの長期保有などを目的としていると思われ、長期保有には向かない、これらのETFは外された可能性があります。

だって、キャンペーンページで「高配当50」「高配当70」のような高配当ETFが紹介されているではないですか。

こんな買い方にキャッシュバックを役立てよう

指数連動ETFで短期トレード

例えば、

  • TOPIX連動型上場投資信託(証券コード:1306)
  • 日経225連動型上場投資信託(証券コード:1321)

はそれぞれ、TOPIX(東証株価指数)、日経平均株価と同じように値動きするよう作られています。そこで、株価が安いと思ったタイミングでこれらのETFを仕込み、十分に値上がりしたタイミングでこれらのETFを手放し、その差益で利益を取ろう、という話です。

上級者編:信用取引口座を開設しているなら

今回のキャッシュバックは信用取引(買い建て・売り建て)も対象です。あなたが信用取引口座を開設しているなら、上述のETFを売り建てから入ることで、下落相場でも利益を狙えるようになります。

高配当ETFで分配金をたくさん貰ってみよう

例えば、

  • 日経平均高配当株50指数連動型上場投信(証券コード:1489)
  • 野村日本株高配当70連動型上場投信(証券コード:1577)
  • 東証REIT指数連動型上場投信(証券コード:1343)

といったETFは、利回りが高く、分配頻度も年4回あります。これらETFをお得に購入し、長期保有するのも1つの手です。

筆者は東証REIT指数連動型上場投信を数年来保有しており、1回につき2,000円程度の分配金を受け取っています。ちょっとしたお小遣いにもなりますよ!

分配型ETFで夢の分配金生活を目指す
分配型ETFで夢の分配金生活をめざしてみませんか。

キャンペーン利用時の注意点

取引量の少ないETFには注意

国内ETFは安定的に人気のある商品とそうでない商品の差が激しく、誰も注文を出さないような人気のないETFも結構混じっています

例えば、NEXT FUNDS 外国株式・MSCI-KOKUSAI指数(為替ヘッジあり)連動型上場投信(証券コード:2514)は、商品性そのものはよくあるETFですが、2018年11月1日の取引量はわずか60口と、ほぼ誰も買っていません。

このような商品は、

  • 現在の価格が妥当かわかりにくい
  • 一度買ってしまうと、買い手がつかないかも

といった流動性リスクを抱えます。

せめて、1日の取引口数が1,000は超えていてほしいところ。それよりも少ないものは、キャンペーンとはいえ、買うのはちょっと考えたほうが良いと思います。

まとめ

  • SBI証券で野村アセットマネジメントの「NEXT FUNDS」シリーズを手数料全額キャッシュバックにて購入可能。インバース・レバレッジタイプのみキャンペーン対象外
  • 日経平均株価やTOPIXに連動するETFをデイトレしたり、高配当ETFを分配金目的で買ってみよう
  • 一部の「NEXT FUNDS」シリーズは不人気で取引量が少ないので注意。取引量が1日1000口未満の商品は買わないほうが良いかも

これはお得なキャンペーンなので、筆者も(お金があれば)何か買いたいですね!

キャンペーン期間が2019年1月31日までとちょっと長めになっています。冬のボーナスなど使って購入してみては?

当然ですが、SBI証券への証券口座開設をお忘れなく!

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

SBI証券国内ETF(上場投資信託)

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット