ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

SMBC日興証券のおすすめポイント

\シェアしてください!/

三井住友系列であるSMBC日興証券は店頭で投資相談できる証券会社ですが、一方でオンライントレードにも強みを持っています。

同社は2つの取引コースを持ちます。

  • 総合コース
  • ダイレクトコース

前者は店頭で投資相談しながら取引できるコースで、投資に自信のないあなたにオススメです。後者はオンライン取引用のコースで、SBI証券に代表されるネット証券並の手数料体系(例えば株式は最低135円から)を実現しています。

両コースは相互に変更可能なため、最初ダイレクトコースを申し込んで、相談が必要だと思ったら総合コースに切り替えるという使い方も可能です(詳しくはSMBC日興証券にお問い合わせください)。

取扱商品では特に債券IPO(新規上場株)投資で強みを持っています。10万円程度から国内社債や米国債への直接投資が可能です。

2017年3月までに口座開設を行うと、手数料がキャッシュバックされるキャンペーンを行っています。同社を利用するきっかけにしてはいかがでしょうか。


ネットで口座開設キャンペーン!SMBC日興証券(2017年3月31日まで)

実際に口座開設を行ったので、スクリーンショットなども紹介しています。

日興イージートレードログイン後の画面

図1. 日興イージートレードログイン後の画面

スポンサーリンク

SMBC日興証券の取り扱い商品

主要商品一覧

表1. SMBC日興証券の主な取り扱い商品とその特徴

手数料特徴1万円での
購入可否
国内株式最低135円
ミニ株は約定代金×2.484%
投資相談可能なコースに切り替え可能
上場銘柄は全て売買可能
ミニ株は1単元の10分の1の株数を取引可能
定額での積みたて可能(株式累積投資・キンカブ)

銘柄に依存
海外株式取引店にて要確認国内上場の海外銘柄(JDR銘柄)
一部の海外ETF
不明
投資信託最低0円
手数料は商品に依存
約850本
毎月1,000円からの投信積立もOK
外貨建てMMF0円(+ 為替スプレッド)米ドルや豪ドルなど4通貨4本
個人向け国債0円3年/5年/10年選択可能
その他債券0円国内社債・既発の外債多め×
最低十万円

※手数料体系や投資信託取り扱い本数は2016年7月29日現在。
詳しくはSMBC日興証券のサイトや支店に確認のこと。

商品取扱に基づくと、SMBC日興証券は長期的な資産形成に適した証券会社です。他のネット証券に比べ、極めて安価な商品(単元未満株など)に弱く、IPO(新規上場株)や債券投資に強い特徴があります。

なお、店頭ではファンドラップ(富裕層向けの資産運用のオーダーメイドサービスを簡略化したもの)や終身保険、年金保険(確定拠出年金ではない)の相談も可能です。

債券投資に強み

ネット証券では取り扱いが少ない国内社債を選択できるため、為替リスクを取らない債券投資には最適です。

また、米国債やオーストラリア国債の既発債も多数販売しています。米国債は10万円程度から投資できます。

米国債の買い方。1万円から取引できる大人気商品を動画付きで詳しく解説
米国債(アメリカ国債)の購入方法・投資方法に関心がありますか? 2018年9月現在、米国債(アメリカ国債)は利回りが約1~3%と、日本債券に比べて高い利回りが魅力的。しかも発行体がアメリカという、安心感もありますよね。 ...

IPO投資(新規上場株投資)

SMBC日興証券はIPO(新規上場株)の取り扱いが多い証券会社の一社です。IPOは上場後に公募価格を上回る値が付くことも多いため、それを目的に同社を利用する個人投資家もたくさんいらっしゃいます。

総合コースとダイレクトコース

SMBC日興証券に2つの取引コースがあります

  • 総合コース(支店窓口で投資相談できるコース)
  • ダイレクトコース(スマホやパソコンを利用したオンライントレード専門コース)

例えば、あなたが総合コースを通じて株式を買おうとした場合、

  • 支店窓口で買う
  • 電話(オペレータとの対話)で買う
  • ウェブサイトで買う
  • 電話(自動音声)で買う

の4つの方法から選べます。一番の魅力は、高額な手数料がデメリットになるものの、支店窓口で投資相談しながら買えることです。

一方、ネット取引のみ利用できるダイレクトコースは投資相談はできない代わりに、手数料は主要ネット証券と同クラスまで安価になります

対面営業を伴う証券会社において、コースの違いでこれほどの手数料差を設けている証券会社は珍しいです。下記表に掲載した対面営業を伴う総合証券会社の中で最も安価にオンライントレードが可能です。

表2. SMBC日興証券の株取引手数料体系

コース10万円までの売買手数料(1約定あたり)投資相談の有無
SMBC日興証券
総合コース
5,400円~(支店)
1,890円~(インターネット取引)
2,295円~(オペレータとの対話)
支店窓口にて対応
SMBC日興証券
ダイレクトコース
135円~(インターネット取引)
2,295円~(オペレータとの対話)
×
SBI証券(参考)103円~(オンライントレード/アクティブプラン)×
大和証券(参考)1,080円~(ダイワダイレクト・インターネット取引)支店窓口にて対応
みずほ証券(参考)1,026円~(ダイレクトコース・インターネット取引)支店窓口にて対応
野村證券(参考)150円~(そのつどプラン・インターネット取引)支店窓口にて対応

※手数料体系は税込み。2016年7月29日現在。

※約定とは1回の買い注文/売り注文が決まり、売買が成立すること。

また、先に述べた総合コースとダイレクトコースは相互に変更できます。ダイレクトコースにて口座を開設したが、やはり投資相談をしたい場合にはダイレクトコースから総合コースへ変更して投資相談を受けられます

逆に、投資に慣れて独り立ちしたくなったら、総合コースからダイレクトコースへ変更するというのも良いですよね。

コース変更にはいくつか条件があります。

  • コース変更後3ヶ月経っていない場合
  • ファンドラップなど、総合コース専用の商品を持っている場合

あなたが初めての取引で不安を感じているなら、このぜひ知っておいてほしいです。

取引画面あれこれ

というわけで、筆者も口座を開設してしまったので、画面のスクリーンショットなどを簡単に紹介します。

スマホアプリの残高確認画面

図2. スマホアプリの残高確認画面

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

SMBC日興証券

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット