ポイント・マイル

友だち追加

LINE@運用方針はユーザーサポートに掲載。

SMBC日興証券の「投信つみたてプラン」で貰える「dポイント」のことを知りたいあなたへ

\シェアしてください!/

投信つみたてプランを利用するとdポイントをもらえるぞ

SMBC日興証券の「投信つみたてプラン」を利用すると「dポイント」を貰えます。dポイントとはNTTドコモが提供するポイントサービスで、主にドコモユーザーが利用しています。

今回、筆者は「投信つみたてプラン」のdポイントを貰うために、いろいろ調べてみることに。

  • ドコモユーザーでなくともdポイント貯められるの?
  • 「投信つみたてプラン」の還元率は?他のサービスよりお得?
  • 貯めたdポイントはどうすればいい?

結論から述べると、dポイントは他ポイントサービスとの交換は微妙ですが、ローソンやファミリーマートなどのコンビニのほか、Amazonなど一部のネットサービスでも利用できることがわかりました。

というわけで、「貰えるものは貰っておこう」精神で利用すると、ちょっぴりお得な思いをできるかも。以下、dポイントを貯める下準備から、ポイント利用までざっと解説します。

スポンサーリンク

dポイントを貯めて使うまでの流れ

筆者はドコモユーザーではない!

dポイントの話を書こうにも、そもそも筆者はドコモユーザーではありません。しかし、dポイントのアカウント開設およびポイントの利用はドコモユーザーでなくとも大丈夫なので、アカウントを開設してみることにしました。

聞いたところによれば、ドコモユーザーはスマホ契約時にdポイントのアカウントも取ってる要です。

★dポイントを貯めるまでの流れ

  1. dポイントカードを配布しているお店でカードを入手
  2. dポイントを使うための利用者登録(dアカウント開設)
  3. 完了!

より効率的にポイントを貯めるには、dカード(クレジットカード)を利用するとお得です。しかし、筆者は別に今はクレジットカードを求めていないし、本命は楽天カードなので、今回はdポイントカードを貰ってくることにしました。

dポイントカードを配布しているお店

dポイントカードの配布場所dポイントカードは、dポイントがつかえるお店とドコモショップにて配布しております。

街のお店でつかう|d POINT CLUB
コンビニやネットショッピングなどのお買い物でdポイントがつかえる♪さらに、毎月の携帯料金のお支払いにもつかえて、つかい方いろいろ!

★主な配布店舗

  • ローソン
  • マクドナルド
  • クスリのアオキ
  • マツモトキヨシ
  • 薬王堂
  • ライフ
  • メガネスーパー
  • 東急ハンズ
  • やまや
  • ジョーシン
  • 高島屋
  • アニメイト

今回はローソンに行くことにしました。

ローソンでdポイントカードを貰ってみた

dポイントカードとSMBC日興カード

店内にカードを置いています。カードは無料ですので、そのまま貰ってしまいましょう。さすがにそのまま店内から持ち出すのが気が引ける場合には、「dポイントカードはどこにありますか」と店員さんに聞いてもらってくるのが良いと思います。

dポイントカードの利用登録をする

以下のページからdポイントカードの利用登録を始めます。非ドコモユーザーの場合、利用登録にはdアカウントが必要です。

dポイントカードとは|d POINT CLUB
dポイントクラブは会員の方なら、街のお店でdポイントがどんどんたまる!使える!また、おトクなクーポンや特別なプレゼントももらえちゃう♪相互交換も出来て、誰でも会員になれるとっても便利なサービスです。

アカウントの発行には、

  • メールアドレスを入力
  • Yahoo!アカウントから情報取得
  • Google+アカウントから情報取得(これは今後なくなるのでは)

の3つを選択できます。今回はメールアドレスから登録してみました。メールアドレスを登録すると、そのメールアドレスに6桁のワンタイムキーが送信されますので、それを表示されている入力フォームに入力します。次に

  • アカウントID(メールアドレスでも可)
  • パスワード(最大20文字以内)

を入力します。パスワードは半角英数と記号を使えますので、記号を含めて入力すると「強い」パスワードになります。

その他、必要な情報として、

  • 氏名
  • 性別
  • 電話番号
  • 誕生日
  • 住所
  • 職業(任意)
  • 配偶者(任意)
  • ダイレクトメールの送付(不要ならチェックを外す)
  • 会員サービスメールの送付(不要ならチェックを外す)

をそれぞれ入力します。結構細かいですね。なお、dポイントカードの利用履歴はドコモおよびドコモ関連会社のマーケティング目的に利用されます。ただし、「氏名・電話番号・メールアドレス・誕生日のうち日付」は利用されず、情報提供もされません。このあたりに納得できるなら、dポイントカードを利用できます。

正直なところ、現在は個人が特定されない形でいろいろ情報が利用されていますので、こういった話に不安を感じる必要はありません(すでに他社も似たようなことをやっており、正直「いまさら」な話です)

これらの入力を終えるとdアカウントの登録は完了です。

お金に関心があるあなた向け!dポイントのこんな貯め方・使い方

SMBC日興証券の「投信つみたてプラン」でポイントを貯める

SMBC日興証券の「投信つみたてプラン」を利用すると、

  • 初回(お一人様1回かぎり):500pt
  • 以後、積み立てごとに3pt

を貰えます。

「投信つみたてプラン」は最低1,000円から利用できますので、1回あたりの還元率は0.3%です。2019年現在でもっとも還元率の高い楽天証券にはかないませんが、貰えないよりはお得ですよね。

利回りを確実に0.3%増やす」って結構嬉しい話だと思いますが、いかがでしょうか。

あ、現金預金の金利は0.001%しかないことを忘れずに。それに比べたら0.3%は大きいと思います。

チャージ式の「dカードプリペイド」※要dアカウント

チャージ式の「dカードプリペイド」を使えば、ローソンでの買い物が3%オフになったり、貯めたポイントをチャージしたりできます。

dカード |dカード プリペイド
dカード プリペイドは審査がなく、年会費・発行手数料無料でdポイントがたまるプリペイドカードです。ローソンなら3%OFFになり、おトクにお買い物ができます。プリペイドカードならdカード プリペイド!

マスターカード加盟店で利用できるため、クレジットカード払いのつもりで使うこともできますね。

dカードプリペイドの発行にはdアカウントが必要です。dアカウントの発行方法は上述しています。

貯めたポイントは「dポイント投資」で

貯めたポイントは「dポイント投資」でさらに増やしましょう。

トップページ

楽天証券の楽天スーパーポイントで投資信託を買えるサービスとは異なり、「dポイント投資」はポイントのまま運用し、リターンも全てポイントで戻ってくる投資です。実際の投資とは異なりますので、その点は初心者向きですよね。

Amazonなどのサービスで使う

貯めて増やしたdポイントはAmazonなどのサービスで利用できます。

dポイントがたまる・つかえるお店 | dポイントクラブ
dポイントクラブは会員の方なら、街のお店でdポイントがどんどんたまる!使える!また、おトクなクーポンや特別なプレゼントももらえちゃう♪相互交換も出来て、誰でも会員になれるとっても便利なサービスです。
Amazon - dポイントがたまる、使えるお店 |d払い / ドコモ払い
Amazonのお支払いでも「d払い」をご利用いただけます。ドコモのキャリア決済を活用して、おトクにdポイントがたまる、使える!

また、ローソンやファミリーマートなどのコンビニでも利用できますので、どうしてもコンビニで何か買いたい時などに利用できます(ローソンで使うなら、dカードプリペイドのほうがお得ですね)。

まとめ

  • dポイントはドコモユーザーのポイントサービス。ドコモユーザーでなくともdポイントカードを入手し、アカウントを開設すれば利用可能
  • 貯めたポイントはdカードプリペイドにチャージしたり、Amazonなどのネットで使うのが良さそう。他のポイントへの交換はあまりサービスが良くない
  • SMBC日興証券の「投信つみたてプラン」を利用すれば、最大0.3%の還元率でdポイントを貯めることができる

楽天スーパーポイントの汎用性には欠けますが、「貰えないよりは貰っておこう」と思えるポイントです。個人的にはAmazonで使うのが良さそうと思いました。

この話は、実際にポイントを貯めて、使うときが来たらまた追記します。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

ポイント・マイル

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット

タイトルとURLをコピーしました