ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

SMBC日興証券のオススメの投資信託「eMAXIS slim」シリーズと資産形成の方法

\シェアしてください!/

SMBC日興証券で購入できるeMAXISslimシリーズ

SMBC日興証券は、つみたてNISAこそやってないものの、eMAXIS slimシリーズの取り扱いを始めたり、dポイントの付与キャンペーンを行なっているなど、他のネット証券に劣らないサービスを提供しています。

同社の強みは株取引にありますから、個人的には、以下のサービスを使って資産形成を試みると、全世界への分散投資に取り組め、誰でもうまく資産形成に取り組めると思います。

  • 国内株→IPO・キンカブ・FROGGY
  • 先進国株・新興国株→eMAXIS slim 先進国株式インデックスなど
  • 債券→個人向け債券・外貨建て債券など

この記事では、

  • SMBC日興証券で扱っている「eMAXIS slim」シリーズ
  • SMBC日興証券で利用できる投資信託の積み立てサービスの特徴

などのお話を紹介します。

以下、パソコンやスマホで取引を行うダイレクトコース前提で話を進めます。

スポンサーリンク

SMBC日興証券ならeMAXIS slimシリーズが買える!

2019年現在、SMBC日興証券では「eMAXIS slim」シリーズを扱っています。

とことんコストを追求するファンドシリーズ、eMAXIS Slim(イーマクシス・スリム)
業界最低水準の運用コストを将来にわたって...

「eMAXIS slim」シリーズの詳しい解説は東北投信のほうに書きました。

「eMAXIS slim」シリーズで資産形成を始めよう。11の商品の特徴と比較をまとめて紹介 – 東北投信
eMAXIS slimシリーズを構成する11の商品の投資先、信託報酬、ライバル商品との比較をまとめて紹介。業界最低水準の運用コストで効率のよい資産形成を始めよう

「eMAXIS slim」シリーズは、「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2018」にも多くノミネートしており、これから特に積立投資を始めたい人にとっては最適な商品シリーズと言えるものです。

投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018

SMBC日興証券で扱っているeMAXIS slimシリーズの内訳は以下の通り。

  • 国内株式(TOPIX)インデックス
  • 国内株式(日経平均)インデックス
  • 先進国株式インデックス
  • 全米株式(S&P500)
  • 新興国株式インデックス
  • 全世界株式(除く日本)
  • 全世界株式(3地域均等型)
  • バランス(8資産均等型)

2018年11月に発売開始された「オールカントリー」はまだ含まれていません。が、そう遠くないうちに追加されるかもしれませんね。

実は「つみたてNISA」をやってないSMBC日興証券

「つみたてNISAを中心に資産形成する」というプランは使えない

実はSMBC日興証券はつみたてNISAは扱っていません

「投信つみたてプラン」という、いわゆる積立投信サービスは提供しますが、これは特定口座(課税口座) or 一般NISA(2013年からはじまったもの)向けです。dポイントを貰えるなどの特典はありますが、つみたてNISAの非課税メリットに比べたら遠く及びません

SMBC日興証券の「投信つみたてプラン」で投資信託を積み立ててみた!dポイントも貰えるよ!
このページをご覧ということは、SMBC日興証券の「投信つみたてプラン」に関心をお持ちですね。 今回は筆者が実際に「投信つみたてプラン」を利用してみたので、その流れや積み立てるべき投資信託などについて紹介します。また、「投信つみたてプラ...

聞いた話によれば、つみたてNISAは三井住友銀行のものに一本化してしまったのだとか。

★三井住友銀行のつみたてNISA対象商品

  • DCつみたてNISA日本株インデックスファンド
  • DCつみたてNISA全海外株インデックスファンド
  • ブラックロックつみたてグローバルバランスファンド

つみたてNISA | 三井住友銀行

ので、SMBC信託銀行(PRESTIA)でも、つみたてNISAは扱っていません。

ここから導ける、おすすめのインデックスファンドとは

個人的には以下のインデックスファンドをおすすめとして提案します。

  • eMAXIS slim 先進国株式インデックス
  • eMAXIS slim 新興国株式インデックス
  • eMAXIS slim 全世界株式(除く日本)※先進国株式 + 新興国株式

SMBC日興証券の売りと言えば、

  • 国内株式(IPO(新規上場株)やキンカブ・FROGGYを含む)
  • 債券(個人向け国債や外貨建て債券など)

など、株式を中心としたいわゆる伝統的な金融商品です。

SMBC日興証券の「キンカブ」!500円から国内株式を購入できる魅力的なサービス
SMBC日興証券には、「キンカブ(金額・株数指定取引)」という500円から株取引できる独自サービスがあります。このサービスを使えば、あの気になる銘柄に最低500円から投資できるのです。 残念ながら、キンカブを通じて買った株式の優待を貰...
500円から株が買える!?投資メディア「FROGGY」での売買をやってみた
SMBC日興証券から「ウェブサイトの記事を読んで株を買う」という、今までありそうでなかったサービスがリリースされました。同社が運営する投資メディア「FROGGY」に株式の取引サービスをつけたもので、SMBC日興証券の口座を開設するこ...

そこで、国内株式や債券は直接購入し、残りの部分をeMAXIS slimシリーズでバランスをとる、という案を考えました。その場合には、先進国株式インデックスや新興国株式インデックス、または先進国債券インデックス等を購入することで、資産全体のバランスを取ることができます

まとめ

  • SMBC日興証券のダイレクトコースで購入できるインデックスファンドに「eMAXIS slim」シリーズがある
  • SMBC日興証券は株式や債券に強い証券会社なので、それを埋めるように「eMAXIS slim 先進国株式インデックス」などを買ってみよう
  • IPOやキンカブ・FROGGYなど国内株取引サービスが同社の強み。これらのサービスも利用してみよう

正直なところ、SMBC日興証券の投資信託に関するサービスは、楽天証券 + 楽天カードを用いたポイント還元には見劣りするとは思います。しかし、キンカブ・FROGGYのように、少額で株式を買って資産形成したい個人投資家には悪くないサービスを提供しているとも思うわけです。

あとはdポイントのプレゼントキャンペーンをやっているので、ドコモユーザー(ドコモユーザーでなくとも、dアカウントがあればOK)はちょっとお得な思いをできるかもしれませんよ!

SMBC日興証券の「投信つみたてプラン」で貰える「dポイント」のことを知りたいあなたへ
SMBC日興証券の「投信つみたてプラン」を利用すると「dポイント」を貰えます。dポイントとはNTTドコモが提供するポイントサービスで、主にドコモユーザーが利用しています。 今回、筆者は「投信つみたてプラン」のdポイントを貰うた...

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

SMBC日興証券投資信託

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット