ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

少額で株式投資できる3つのサービス + α まとめ。毎月のお小遣いで始めてみよう

\シェアしてください!/

近年は1,000円以内で投資できるサービスが様々増えてきました。最初にざっくりとまとめると、以下のようなサービスなら、1,000円以内で始めることができます。

1000円からでOK。小額で投資できる様々なサービス
サービス名種類特徴
FROGGY株式投資500円から
記事を読んで株を買える
OneTapBUY株式投資1,000円から
スマホで簡単数タップで株を買う
単元未満株株式投資数百円から
主要ネット証券(SBI証券など)の少額投資サービス
投資信託
(つみたてNISA)
投資信託100円から
個人の資産形成に適したサービス
トラノコおつり投資家計簿アプリなどと結びつけて使う
おつりは投資信託で運用する
マメタスおつり投資WealthNaviの付帯サービス
おつりはWealNaviで運用する

今回は特に株式投資に関連する3つのサービスについて、特徴を詳しく紹介していきます。

  • FROGGY・キンカブ
  • OneTapBUY
  • 単元未満株(S株・プチ株・ワン株)
スポンサーリンク

少額で投資できるサービス(株式投資限定)

以下で紹介するものは株式投資に限定します。投資信託などは扱いません。

FROGGY(フロッギー)(500円から)

SMBC日興証券のFROGGY

FROGGY(フロッギー)はSMBC日興証券の投資ウェブメディアです。SMBC日興証券の口座と連動しており、「記事を読んで気になった株をそのまま購入できる」という特徴を持っています。

500円から株が買える!?投資メディア「FROGGY」での売買をやってみた
SMBC日興証券から「ウェブサイトの記事を読んで株を買う」という、今までありそうでなかったサービスがリリースされました。同社が運営する投資メディア「FROGGY」に株式の取引サービスをつけたもので、SMBC日興証券の口座を開設するこ...

SMBC日興証券には「キンカブ」という、やはり500円から投資できるサービスもありますが、本質的にはFROGGYもキンカブと同じものです。ただし、最近登場したこともあって、パソコン・スマホのどちらにも無理なく対応しているメリットがあります。

FROGGYには有名な個人投資家のインタビューコンテンツなども提供されています。「個人投資家がよく購入している銘柄を買える(しかも記事を読んで「勉強して」)」など、他にはないサービスが特徴的です。

OneTapBUY(ワンタップバイ)(1,000円から)

OneTapBUY(ワンタップバイ)はスマホ証券の投資アプリです。「数タップで株を買える」という手軽さと、最少取引額が1,000円という少額さで人気になりました。

OneTapBUY(スマホ証券)で1,000円資産運用!
たった数タップで簡単に株が買える「OneTapBUY」は取扱商品が絞られている点がメリット。資産形成の手軽さを重視したいときに

OneTapBUYでは、運営元が選んだ国内株式と米国株式のいくつかの銘柄に投資できます。国内銘柄の場合、ソフトバンクや任天堂など、単元株では購入しがたいような値嵩株(株価が高い株式)も選べます。一方、FROGGYとは異なり、運営元が選んでいない銘柄には投資できないので、「自分自身で自由に選ぶ」ことには制限があります。

その他、米国株式などへの積み立ても可能です。こちらももちろん、毎月1000円から取り組めます。

単元未満株(たんげんみまんかぶ)(数百円から)

単元未満株(たんげんみまんかぶ)は、通常100株(1単元)で売買する株式を1株単位で取引できるようしたものです。1単元未満なので単元未満株といいます。単元未満株はそういうサービスの総称であり、特定の証券会社が提供するサービス名でありません(後述しますが別に名前があります)。

1万円で株式投資!単元未満株で100円から株主に
単元未満株制度は1万円やそれ以下の額で株式投資を行うです。株主優待を得られないものの、株主として配当金や株主レポートを受け取ることができます。

主要ネット証券で単元未満株を取り扱うのは、SBI証券、マネックス証券、カブドットコム証券の3証券会社です。

主要ネット証券の単元未満株制度の特徴(2019年2月26日現在)
SBI証券楽天証券マネックス証券カブドットコム証券松井証券
愛称S株取扱なしワン株プチ株取扱なし
手数料約定金額の0.5%
(最低54円)
約定金額の0.5%
(最低48円)
2万円までの約定金額で100円
(以降1万円ごとに+67円)
NISA口座対応
定額積み立て××
(月500円~)
※プレミアム積立

500円から投資できるカブドットコム証券のプチ株の積み立て(プレミアム積立)を除けば、必要な取引額は取引したい株の株価に依存します。例えば、SBI証券のS株を利用すると、記事執筆時点で1株175円のみずほFG株式(証券コード:8411)であれば229円(175円 + 手数料54円)で取引できます。なので、単元未満株はおおよそ数百円程度から投資できる、と考えておくと良いと思います。

まとめるとこう

3つのサービスをまとめるとこうなります。

表でざっくり3サービスの違いを説明

少額で株式投資できる3つのサービス(2019年2月26日現在)
FROGGY
キンカブ
OneTapBUY単元未満株
提供会社SMBC日興証券スマホ証券SBI証券
マネックス証券
カブドットコム証券
最低投資額500円1,000円株価依存
(数百円~)
プレミアム積立は500円
スマホ対応
(キンカブは△)
定額積み立て×S株とワン株は×
プレミアム積立は○
手数料100万円の取引まで無料
100万円以上は1.0%
スプレッド0.5%S株の場合
約定金額の0.5%(最低54円)
配当金
株主優待

配当金と株主優待は貰えるの?

いずれのサービスも配当金は保有株数に応じてもらえます。例えば、100株で1,000円配当金がもらえるとして、1株だけ保有していれば10円貰える、といった感じで、株数に応じて配当額が決まります。

一方、株主優待は単元単位(100株単位)で設定していることが多いので、どのサービスを利用しても、100株(もしくは株主優待を設定する株数)まで株を買わなければもらえません。言い換えれば、どのサービスを利用しても、100株(もしくは株主優待を設定する株数)まで株を購入すれば、株主優待を貰えます。

なお、配当金も株主優待ももともと設定していない銘柄は、どんなに株を買っても、配当金も株主優待ももらえません。配当金や株主優待を貰うためには、その企業が配当や優待を設定していることが絶対条件です。

一番儲かるのはどれか?

株式投資である以上、期待される儲けの額はどのサービスも同じです(あとは選ぶ銘柄次第)。なので、ここは手数料体系がもっともお得な「FROGGY」を挙げておきます。

500円から株が買える!?投資メディア「FROGGY」での売買をやってみた
SMBC日興証券から「ウェブサイトの記事を読んで株を買う」という、今までありそうでなかったサービスがリリースされました。同社が運営する投資メディア「FROGGY」に株式の取引サービスをつけたもので、SMBC日興証券の口座を開設するこ...

OneTapBUYと単元未満株は一般的な株式投資に比べて、手数料負担が大きめです。一方、FROGGYは100万円までの投資には手数料がかからないので、一般的な株式投資(単元株投資)と比べてもお得なんです。

基本的に、細切れにして物を買うほど手数料は高くなります。そのため、100万円まで手数料がかからないFROGGYはかなり異例のサービスです。

株式投資以外。他にもある少額投資サービス

最近は株式投資以外にも少額投資サービスが増えてるので、それらをざっくりと紹介します。

100円から購入できる投資信託

SBI証券や楽天証券を中心に、投資信託は100円から購入できるようになりました。多くの人にとっては、この投資信託と「つみたてNISA」を併用した長期投資が一番最適だと筆者は思っています。

月々500円から積み立てできる積立投信!1年間でわずか6000円の投資
積立投信は毎月500円から投資信託へ積み立てできるサービス。手軽ながら資産運用の王道とも呼べる投資手法です
資産運用のオススメはたった1つだけ!サラリーマンが知りたい資産形成術
オススメの資産運用はあなたの属性や年齢、年収を問わず開始できる積立投信。長期・分散・積立の3本柱で資産を築きます。今なら「つみたてNISA」とのあわせ技でお得に!

おつり投資

トラノコはクレジットカードや家計簿アプリなどと連携し、普段の買い物で生じた「おつり」を投資できるサービスです。「投資している」という意識なしに、毎月少額ずつ投資できる魅力があります。

おつりで投資 トラノコ | 長期分散投資アプリ
トラノコは、毎日のおつりを自動で投資に回せる「おつりで投資」アプリ。5円から1円刻みで投資でき、コツコツと意識することなく資産形成ができます。将来資産のシミュレーションや専門家による市況解説など各種機能も充実。まずはお試し、3ヶ月利用料無料。

また、WealthNavi(ロボアド)も「マメタス」というおつり投資アプリを提供しています。こちらはWealthNaviの口座を開設すると利用できるようになります。

マメタス おつりでコツコツ資産運用 by WealthNavi
話題のおつり投資アプリ、ショッピングのおつりで資産運用デビュー。投資知識ゼロでも自動で国際分散投資。

ポイント投資

2019年現在、もはや現金を必要としない投資サービスまで登場してきました。

  • 楽天の楽天スーパーポイント
  • ドコモのdポイント
  • CCCのTポイント(2019年4月以降予定)

これらのポイントサービスは、「貯めたポイントを運用する」というポイント投資サービスを提供しています。「現金の運用は怖い」と考える方にとって、とっつきやすいサービスだと思います。

まとめ

  • 少額で株式投資できるサービスに「FROGGY(キンカブ)」、「OneTapBUY」、「単元未満株(S株・プチ株・ワン株)」など
  • いずれのサービスも配当金は貰える。株主優待は必要な株数まで株を買えば貰える。ただし、配当金や株主優待を提供しない企業もあるので注意
  • 他にも投資信託やポイント投資など、少額投資サービスはいろいろ増えてきた

本題から外れますが、個人的な一番のオススメは投資信託と「つみたてNISA」を併用した長期投資です。株式投資はどうしても「銘柄を選ぶ」必要があり、今選んだ企業が10年後に存続しているかは分からない部分もあるからです。

とはいえ、FROGGYのように、様々な分析情報をメディアで提供し、かつ、株も買えるサービスもあります。OneTapBUYに有名な大企業だけ選んで買えるサービスもありますので、ぜひ興味関心に応じて選んでみてください。

500円から株が買える!?投資メディア「FROGGY」での売買をやってみた
SMBC日興証券から「ウェブサイトの記事を読んで株を買う」という、今までありそうでなかったサービスがリリースされました。同社が運営する投資メディア「FROGGY」に株式の取引サービスをつけたもので、SMBC日興証券の口座を開設するこ...

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

株式投資

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット