ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

「つみたてNISA」はなぜ20年?資産形成に役立つ長期分散投資の魅力

\シェアしてください!/

2018年から始める「つみたてNISA(積立NISA)」について、「なぜ最長20年間の税制優遇制度なのか」を中心に魅力を紹介します。

  • 資産形成は必要だと思っている
  • でも、資産形成の方法がわからない
  • 将来のお金のことを考えると不安がある
  • でも、投資は損をするから怖くて踏み出せない

といったモヤモヤを感じているあなたに読んで欲しいな、と思います。

「つみたてNISA」を利用すると、あなたはお得に資産形成を開始できます。しかも、金融庁が今まで試算してきた様々なメリットを享受できるかもしれないんです!

筆者はさっそく「つみたてNISA」の利用申し込みを行いました。

あなたも始めてみませんか?

記事のポイント

  • 「つみたてNISA」を使って最長20年間の長期分散投資を始めてみよう
  • 最少投資額は100円から。積み立てた投資信託はいつでも売却して換金できます
  • 投資信託選びに困ったら「世界経済インデックスファンド」「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」「Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型」もチェック!

スポンサーリンク

「つみたてNISA」で資産形成を始めよう

「つみたてNISA」とはどんな制度?

概要だけまとめます。

  • 最大で20年間投資信託の積み立てができる制度
  • 積み立てを行って得た利益には税金がかからない
  • 1年間で積み立てられる最大の額は40万円(一ヶ月あたり約3万円)
  • 途中でやめてもいい

確定拠出年金(iDeCo)と似ていますが、途中でやめてもいい点で「つみたてNISA」は少し気楽な制度です。

  • 確定拠出年金(iDeCo)を通じて積み立てたお金は原則60歳まで引き出せません
  • 「つみたてNISA」ならいつでも投資信託を換金できます

投資信託の場合は、売却指示から1週間程度で手元にお金が戻ります。

関連記事:確定拠出年金(iDeCo)を利用した初めての少額資産運用

「つみたてNISA」では何ができるのか?

投資信託を用いた資産形成に取り組めます

例えば、あなたが

  1. 老後のことが不安だ。できればお金を貯めたいし、資産運用も必要だと思っている
  2. でも、今資産運用できるだけのお金を持っていないし、運用も何をすればいいのかわからない
  3. でも、毎月1万円ずつなら銀行口座に積み立てることができる

と考えているなら、「つみたてNISA」は最適の制度です。

「つみたてNISA」の大きなメリットの1つは毎月の積み立てであること。

あなたが現在大金を持っている必要はありません。銀行口座に毎月積み立てようとした、その1万円を、投資信託に積み立てるだけでいいんです。

  • 銀行口座に積み立てても利息は微々たるものですね?
  • でも、投資信託なら結構儲かるかもしれませんよ?

「投資は損をしたら怖いじゃん?」というあなたに知って欲しい長期分散投資の魅力

投資信託への投資と聞いて、あなたが「損をするかもしれないから怖い」と感じるなら、この事実を知って欲しいです。

金融庁はなぜ、20年という超長期に渡る積み立ての優遇制度を用意したのか

長期投資による投資収益の安定性(平成27年金融レポートより)

長期投資による投資収益の安定性(平成27年金融レポートより)

このツイートで掲載している画像は、金融庁の平成27年金融レポートから引用したもので、長期投資による投資収益の安定性を試算結果を示します。過去の国内外の株式・債券の相場を元に、世界中の株式と債券に分散積立投資したと仮定し、運用開始から5年後と20年後の成績を比較したものです。

  • 左:保有期間5年後の成績は年利-8%から年利14%まで大きくばらついています(マイナスリターンもあります)
  • 右:保有期間20年後の成績は年利2%から年利8%とばらつきが小さくなっています(マイナスリターンがありません)

平成27年 金融レポート(pdf)

要するに、この試算では保有期間5年の場合には損する人もいるのに対し、保有期間20年の人は誰も損をしなかった、ということを示します(あくまで過去の実績であり、将来の保証ではない点に留意)。

実際に、保有期間20年だった場合のリターンの推移が下記の図です。

長期・積立・分散投資の効果(平成27年金融レポートより)

長期・積立・分散投資の効果(平成27年金融レポートより)

この図では赤いラインが国内・先進国・新興国の株式・債券にそれぞれ6分の1ずつ投資した場合の結果を示します。この結果には日本の平成不況もリーマンショックによる世界不況の影響ももちろん考慮されていますそれでも、20年後の成績はプラスだったのです。

この結果に対し、金融庁のレポートでは以下のように述べられています。

リターンの安定した投資を行うには、投資対象のグローバルな分散、投資時期の分散、長期的な保有の3つを組み合わせて活用することが有効である。

過去の実績データに照らしても、20年間にわたり、国内・先進国・新興国の株式・債券にそれぞれ6分の1ずつ長期・積立・分散投資を行っていた場合には、定期預金だけで積立を行った場合や、国内外の株式・債券だけに積立・分散投資を行った場合と比べて、パフォーマンスに大きな違いが見受けられる。

こうした長期・積立・分散投資の効果等については、我が国では必ずしも広く一般に認識されている訳ではないと考えられる。

平成27年 金融レポート

要するに、

  • 投資対象のグローバルな分散
  • 投資時期の分散
  • 長期的な保有

の3つを組み合わせて運用すると良い運用成績を得やすい、と述べられています。投資先も、投資のタイミングも全て分散し、しかも長期間運用し続けるのです。

このような、「長期分散投資」の有用性を説くのは金融庁に限りません。

例えば、ハーバード大学のMBAなどを保有する投資コンサルタントで、書籍「敗者のゲーム」の著者であるチャールズ・エリス氏も、インデックスファンドと呼ばれる投資信託を用いた長期分散投資の有用性を説いています。

「何がいつ上がるか」を当てるのが投資ではなく、「それはわからないからこそ低コストのインデックス投信(編注:インデックスファンドのこと)で世界中に幅広く分散することが大事」(中略)

エリス氏の言葉に反発を覚える人が頭に浮かべるのは、長期で市場に勝ち続けたといえる米著名投資家、ウォーレン・バフェット氏の存在だろう。しかしそのバフェット氏自身が「(特別の能力を持たない)普通の人にとっての最善の方法は、手数料の低いインデックス・ファンドに投資することだ」と何度も指摘していることは知っておきたい。エリス氏の主張が少なくとも「普通の人」にとっては正しいことの裏付けといえるかもしれない。

インデックス投資の古典 「敗者のゲーム」 | NIKKEI STYLE

今回、金融庁が「つみたてNISA」の対象商品としてラインナップした投資信託は、その大半がインデックスファンドと呼ばれるタイプの投資信託です。この投資信託は低コストで世界中への分散投資を実現します。

「つみたてNISA」を始めたくなったらチェックしたい投資信託

このように長期分散積立投資は資産形成に有利なものなのですが、「つみたてNISA」で選べる投資信託は本数が多く、

  • どれを選べばよいのかわからない
  • 選べないからやらない

という意見もあるのではないか、と筆者は感じます。

そこで以下では、筆者の独断と偏見で3つの投資信託(インデックスファンド)を紹介します。いずれも、わずか1つの投資信託で先に挙げた「投資対象のグローバルな分散」を実現できるものです。

世界経済インデックスファンド

世界経済インデックスファンド(目論見書より)

世界経済インデックスファンド(目論見書より)

「世界経済インデックスファンド」は個人投資家の資産形成によく利用されている投資信託の1つです。投資信託の売れ筋ランキングにも顔を出します。

この投資信託は世界中の株式と債券に分散投資を実現します。投資配分は株式50%、債券50%と分割した上で、先進国と新興国のGDP比によって決められています。

「世界各国の経済成長を丸ごと利益にしたい」

ちょっと貪欲とも言える、野望をかなえる投資信託です。

 

日本先進国新興国
債券5%30%15%
株式5%30%15%
不動産投資信託0%0%0%
10%60%30%

情報は2017年10月02日現在。

関連記事:【つみたてNISA】「世界経済インデックスファンド」に毎月1万円積み立てたら20年後いくらになる?

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)(目論見書より)

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)(目論見書より)

「MAXIS Slim バランス(8資産均等型)」もまた個人投資家の資産形成によく利用されているインデックスファンドの1つです。「世界経済インデックスファンド」のライバルとも言える投資信託です。

この投資信託は世界中の株式と債券に分散投資を実現します。「世界経済インデックスファンド」と異なり、不動産投資信託も投資対象になっています。

 

日本先進国新興国
債券12.5%12.5%12.5%
株式12.5%12.5%12.5%
不動産投資信託12.5%12.5%0%
37.5%37.5%25%

情報は2017年10月02日現在。

過去の運用成績に基づく限り、世界経済インデックスファンドよりも「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」のほうが値動きが緩やかになりやすく、安定的な運用を見込めます。

類似する投資信託に「たわらノーロードバランス(8資産均等型)」と「iFree 8資産バランス」があります。ただ、2017年10月5日時点では、eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)を選ぶのが良いと思います(資金流入量が大きいため、今後の投資信託の安定運用を期待しやすい)。

関連記事:【つみたてNISA】「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」に毎月1万円積み立てたら20年後いくらになる?

Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型

Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型

Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型(目論見書より)

グローバルな分散投資では、円とドルに代表される為替変動もあなたの損益を左右します。もしあなたが、そのような影響を排したいと考えるなら、「Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型」があります。「Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型」ももちろんインデックスファンドの1つです。

「Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型」は、為替ヘッジと呼ばれる手法を使って、円とドルの為替変動の影響を緩やかにします(影響をゼロにはできません)。そのため、値動きが緩やかになりやすく、「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」よりも安定的な運用を見込みやすいのが特徴です。

 

日本先進国新興国
債券11.2%11.2%11.3%
株式16.6%16.6%0%
不動産投資信託16.5%16.5%0%
44.3%44.3%11.3%

情報は2017年10月02日現在。2017年8月末のマンスリーレポートに基づくもので、合算で100%にはなりません。

関連記事:【つみたてNISA】「Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型」に毎月1万円積み立てたら20年後いくらになる?

「つみたてNISA」このように使ってみよう!

  1. まず投資信託を1つ選んでみる(上記の3つから選んでもOK)
  2. 毎月100円や500円から積み立ててみる
  3. 気に入ったなら投資額を増やす。気に入らないならやめる

「つみたてNISA」は確定拠出年金(iDeCo)ほど縛りの厳しい制度ではありません。

  • 最低投資額は100円からです(SBI証券の場合。厳密には証券会社に依存します)
  • いつでも売却して解約できます
  • 解約したお金は1週間ほどで、あなたの口座に戻ってきます

毎月1万円といわず、あなたが始めやすい金額で開始できるのが「つみたてNISA」の魅力です。

まとめ

  • 「つみたてNISA」を使って最長20年間の長期分散投資を始めてみよう
  • 最少投資額は100円から。積み立てた投資信託はいつでも売却して換金できます
  • 投資信託選びに困ったら「世界経済インデックスファンド」「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」「Funds-i 内外7資産バランス・為替ヘッジ型」もチェック!

やるかどうかはともかく、まず「つみたてNISA」という制度のことを知ってほしいです。

できれば試してみてね!

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

つみたてNISA

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット