ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

「つみたてNISA(積立NISA)」は楽天証券とSBI証券のどちらがいいの?

\シェアしてください!/

2018年から始まる「つみたてNISA」。あなたはどの証券会社を利用するか、もう決めましたか?

「つみたてNISA」においても、利用すべき金融機関として有力なのがSBI証券と楽天証券です。

本記事では、楽天証券で「つみたてNSIA」を利用するメリットを紹介します。

関連記事:SBI証券で「つみたてNISA(積立NISA)」を始める3つのメリット

楽天証券と言えば、楽天スーパーポイントとの連携が大変魅力的。

ポイント還元を通じて、投資信託の利回りを高められるメリットがあるのです。

記事のポイント

  • 「つみたてNISA」を利用して投資信託を購入するなら、ポイント還元制度のある楽天証券やSBI証券を利用しよう
  • 楽天証券を利用して投資信託を購入すると、楽天スーパーポイントの付与が行われる。このポイントを利用して投資信託を購入してみよう
  • 楽天証券やSBI証券を選ぶポイントは、あなたがスマホで投資信託を買いたいか、や「つみたてNISA」で買った商品を売却して出金する可能性はあるか、など

スポンサーリンク

楽天証券で「つみたてNISA」を始める2つのメリット

ウェブサイトがスマホ対応されている

2017年12月現在で、楽天証券のウェブサイトはスマホに最適化されています(同月時点でSBI証券は対応していません)。

そのため、特にパソコンを持たないスマホユーザーにとっては、SBI証券よりも楽天証券のほうが本命になるはずです。

参考までに、SBI証券をスマホから投資信託買いたい場合の手順は下記の通り。

SBI証券の投資信託取引ページはスマホ対応していないので、ちょっと使いづらさを感じるかもしれません。

楽天スーパーポイントが付与される

楽天証券では投資信託の保有残高に応じて、毎月楽天スーパーポイントが付与されます

現在のポイント付与率は下表の通りです。

保有残高付加pt
50~200万円未満50
200~400万円未満100
400~600万円未満150
600~800万円未満200
800~1000万円未満300
1000~2000万円未満500
2000万円以上1,000

ご覧の通り、楽天証券をたくさん利用し、投資信託をいっぱい購入するほど、毎月付与される楽天スーパーポイントは多くなります。

投資信託の利回りは、同一のファンドで、かつ手数料が同一ならば、どの金融機関を通じて購入しても同じになります。

そのため、ポイント還元制度のある楽天証券を利用すると、他の金融機関を通じて投資信託を購入するよりも、少しだけ利回りが高くなります

楽天スーパーポイントの使い道は?

ポイントはそれ自体が買い物の支払いにも利用できますし、金券を買うことで現金化することも可能です。

が、資産形成に取り組みたいあなたは、楽天スーパーポイントを利用して投資信託を買ってみてはいかがでしょうか。

2017年8月以降、楽天証券では1回あたり3万ポイントで、毎月10万ポイントまでの楽天スーパーポイントで、投資信託の購入ができるようになっています。

選択できる商品は、楽天証券で扱う投資信託のほぼ全てですので、ネット上で有名なファンドを購入することも可能です。

残念ながら、現時点ではポイントを使って「つみたてNISA」に投資することはできません(2018年春開始予定)。

ので、

  1. つみたてNISAを使って投資信託を買う
  2. 投資信託に楽天スーパーポイントが付与される
  3. 付与された楽天スーパーポイントを使って、特定口座(課税口座)にて投資信託を買う

といった手順で運用するのが良いと思います。

SBI証券を利用するか?楽天証券を利用するか?

冒頭でも述べたように、「つみたてNISA」においても、利用すべき金融機関として有力なのがSBI証券と楽天証券です。

というのも、

  • 投資信託の選択肢が豊富に用意されている(特に欲しい商品がある場合には強い)
  • 両証券会社ともポイント還元制度があるため、他の金融機関よりも多少利回りが高くなる
  • 大手の証券会社である(マイナーな金融機関を使うと、サービスの継続性が怪しまれる)

といった理由があるからです。

そこで、SBI証券と楽天証券をどういった観点で選ぶかについても紹介します。

取引はスマホから?パソコンから?

上記、動画をご覧いただければ分かるように、あなたが

  • スマホから投資信託を買いたいのか
  • パソコンから投資信託を買いたいのか

を考慮したほうが良いと思います。

SBI証券はたしかにサービスはオススメしたいと思いますが、スマホから投資信託を買う利便性は高いとは言いがたい状況です。

将来的には改善される可能性もあるでしょうが、2017年12月17日現在では、まだその見込みはありません。

「つみたてNISA」を途中で解約して出金する可能性はある?

「つみたてNISA」は確定拠出年金(iDeCo)と異なり、途中で投資信託を売却して出金することができるサービスです。

関連記事:「つみたてNISA」って途中で投資信託を売却できる?本当にお金戻ってくる?

SBI証券と楽天証券のサービスを見比べたときに、よりすみやかに、かつより手数料をかけずにお金を出金できるのはSBI証券です。

楽天証券の場合、

  • 楽天証券から出金依頼すると、出金までに最短1営業日~かかります
  • 楽天銀行を利用して出金すると、出金までの時間が短縮される代わりに、ATM手数料が発生します

と、少し出金に難があると言えます。

つまり、いざという時に速やかに出金しやすいのはSBI証券だ、ということです。

筆者個人としては、お金を出したいときにできるだけ早く(しかも、手数料無く)出金できる、というのは大切なんじゃないか、と思っています。

たしかに「つみたてNISA」は20年運用するのが理想的なのですが、とはいえ誰しもが20年まるまる運用できるとも限らないので。

将来的に、楽天スーパーポイントを積み立てたいと思う?

2018年春以降に、楽天スーパーポイントによる積み立てにも対応予定と公表されています。ので、あなたがこのサービスに魅力を感じるならば、選ぶべきは楽天証券です。

この点はSBI証券も楽天証券も同じ!

楽天証券とSBI証券はサービスの類似している部分も多いので、例えば

  • 投資信託の取り扱い本数
  • 最低投資金額
  • 投資信託の毎日積み立ての対応の是非

での比較にはほとんど意味がありません。

両証券会社とも100本を越える「つみたてNISA」対応商品を提供予定ですし、その最低投資金額もいずれも100円からです。

さらに、楽天証券も投資信託の「毎日積立」に対応しましたので、その点もSBI証券と同じになりました。

まとめ

  • 「つみたてNISA」を利用して投資信託を購入するなら、ポイント還元制度のある楽天証券やSBI証券を利用しよう
  • 楽天証券を利用して投資信託を購入すると、楽天スーパーポイントの付与が行われる。このポイントを利用して投資信託を購入してみよう
  • 楽天証券やSBI証券を選ぶポイントは、あなたがスマホで投資信託を買いたいか、や「つみたてNISA」で買った商品を売却して出金する可能性はあるか、など

動画をご覧いただければわかるように、あなたがスマホのみで「つみたてNISA」を始めたいなら、楽天証券のほうが親切な気もします。

もし、「つみたてNISA」をきっかけに証券会社を選ぶのであれば、楽天証券をチェックしてみてはいかがでしょうか。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

つみたてNISA

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット