ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

スマホで始める1000円株式投資。毎月の積み立てもOK!

\シェアしてください!/

スマホでできる1000円からの投資に興味がありますね?

最近はいろいろな少額投資サービスが出てきましたが、スマホから1000円でできる株取引と言えば、以下のサービスが有名です。

  • OneTapBUY:個別アメリカ株
  • OneTapBUY:個別日本株式
  • OneTapBUY:日本株丸ごと
  • OneTapBUY:積み株
  • SBI証券:S株

少額の株取引サービスでは、OneTapBuy(スマホ証券)がちょっとリードしている感じですね。

ただ、SBI証券に代表されるネット証券も負けてはいません。

独断と偏見で、両者のグレードを比較すると、

  • OneTapBUY:超初心者向け~初心者向け(中級者以上には向かない)
  • SBI証券:初心者向け~上級者もOK(でも初心者には難しいと思われがち)

な感じです。

あなたはどちらを選びますか?

スポンサーリンク

1000円で株を買う方法

いくつかサービスがありますが、スマホからの取引利便性で言えばOneTapBuy(スマホ証券)がちょっとリードしている感じですね。

米国株 + 日本株 – 少額から株が買えるアプリ(OneTapBUY)

OneTapBuy(スマホ証券)を利用すれば、毎月最低1000円から

  • 個別アメリカ株
  • 個別日本株式
  • 日本株丸ごと

にそれぞれ投資可能です。

関連記事:OneTapBUY(スマホ証券)で1000円資産運用!

個別アメリカ株の構成銘柄としてAmazonやMicrosoftなど、私たちにもなじみの深い30企業、また個別日本株の構成銘柄も、トヨタ自動車や任天堂など、こちらもなじみの深い企業30社が並びます。

本来の株式投資は、1株や100株単位で購入するため、1000円、2000円とキリのいい数字での投資はできません。ただ、それを可能にしたのがOneTapBUYの素晴らしいところ。

購入する株数とか現在の株価とかを気にすることなく、あなたの好みの金額で投資出来る点が魅力です。

積み株 – 少額から株をカンタン積立投資(OneTapBUY)

引き続きOneTapBuy(スマホ証券)を利用した、毎月最低1000円からの積立投資サービスです。

あなたが「いつ投資をすれば儲かるのか」とお悩みなら、実は積み立てのほうが簡単です。あるタイミングで1万円をポンと投資するよりも、毎月1000円ずつ分割投資したほうが、損失が出たときの損失額が少なくなります。

これはデモ版なので、あなたも積み株アプリを利用して実際に試すことが可能です。

OneTapBUYの公式サイトだと、過去に積み立てた場合の計算値とか出ていますね。将来もまったく同じ成績になるとは限りませんが、とても夢を感じます。

S株 – 1株からの投資(SBI証券)

SBI証券を利用すれば、単元未満株(S株)を取引できます。こちらはきっちり1000円でなく、各企業の株価に依存しますので、1000円未満で株を買えることも多いです。

関連記事:1万円で株式投資!単元未満株で100円から株主に

S株で購入できる株式は、日本市場に上場する全ての株式が対象です。先に挙げたトヨタ自動車や任天堂などはもちろん、OneTapBuyでは取り扱っていない株式も取引対象になります。

1000円から投資を始めるにはどんなアプリを使う?

1000円から投資を始めるには、OneTapBuyやSBI証券など、証券会社が提供するアプリを利用すれば取引開始できます

  • OneTapBuy:米国株
  • OneTapBuy:日本株
  • OneTapBuy:積み株
  • SBI証券:SBI証券 株アプリ

あなたのお使いのスマホがiPhoneならApp Store、AndroidならGoogle Playでそれぞれ探すことで見つかります。

アプリの利用料はもちろん無料です。

いずれのアプリも、機能をフルで使うためには証券口座開設が必要です。

機能をフルで使うためには証券口座開設が必要ですが、OneTapBuyは、口座開設前にもある程度デモ操作を体験できますので、一度インストールしてみれば良いと思います。

どれがオススメ?

それぞれの特徴をまとめてみましょう。

日本株
米国株
積み株S株
サービス提供者OneTapBuyOneTapBuySBI証券
メリット簡単操作
ポップな見た目
簡単操作
ポップな見た目
1000円未満の投資もOK
本格的な投資もOK
デメリット購入できる株は限られる個別株への投資なのでリスクが高い銘柄選びが難しい
デイトレ適性×××
長期投資適性
株価チャート表示××

情報は2017年10月02日現在。

「日本株 + 米国株」も「積み株」も、購入できる株は限られますが、簡単操作でポップな見た目なのが特徴です。とても手軽なんですよね。

注意点として、純粋な投資としてみた場合、投資先が日本やアメリカの個別企業の株式になりますから、投資額が大きくなるほど、日々の値動きも大きくなります。

「S株」は、SBI証券の一サービスです。SBI証券は様々な金融商品を提供していますので、「S株」を卒業して本格的な投資に移行することもできます。

ちなみ、日常的に「どちらが資産運用していて楽しいか」と言われたら、OneTapBUYだと思います

筆者の独断と偏見でオススメしたい商品

ここは筆者のホンネコーナーです。

基本的に、ここに挙げたサービスはいずれも長期的に資産を形成するためのサービスですよね。

もしあなたが、老後までの資産形成目的でOneTapBUY等を検討しているなら、SBI証券のS株を利用して上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)除く日本(証券コード:1554)を買うのが一番良いと思います。

上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)は日本を除く先進国と新興国の株式に投資を行う商品で、OneTapBuyの各種サービスよりも投資先の分散性が高い点で資産運用向きです。

個人的にはOneTapBUYの投資先が1企業、または限られた複数の企業と狭い点でネックを感じます。

  • もし、あなたの投資していた企業の株価が暴落したら?
  • もし、あなたの投資した企業が潰れたら?

たしかに、「あのAmazonに数タップで!」「あのTwitterに数タップで!」というのはわかるのですが、資産運用としてみると「本当にそれでいいのか」と悩みます。

そう考えると、資産運用の王道である世界分散投資として上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)などを選びたくなります。

OneTapBUYのような手軽さとかポップさは無いんですけどね。「もっとキラキラするように頑張れ」と言いたくなりますが笑

ホンネおしまい。

よくある質問

操作の簡単なアプリはどれですか?

OneTapBUYの各アプリです。

デモ操作が大変充実しており、画面のガイドに従って操作するだけで、簡単に取引できるようになります。

資産形成向きのアプリはどれですか?

SBI証券のアプリです。

SBI証券アプリから上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)という金融商品を探してください。

1000円投資で株主優待はもらえますか?

株主優待はあなたの投資額ではなく、あなたが保有する株数で権利の有無が決まります。

そのため、OneTapBUYもS株も、株主優待を貰える株数まで投資を行えば貰えます。しかし、たった1000円ぽっきりの投資ではもらえません。

あなたの投資目的が株主優待なら、SBI証券や楽天証券を利用したほうが良いと思います。OneTapBUYは1000円、2000円、という現金の単位での取引に特化しているため、逆に株数から考えるのがわかりにくいです。

関連記事:スマホで株を始める方法。取引アプリの動画も掲載!

なお、米国株にはそもそも株主優待制度がありませんので、いくら投資してももらえません。

まとめ

  • 1000円で株式が買える代表的なサービスはOneTapBUYの各サービスとSBI証券のS株など
  • OneTapBUYはわかりやすいデモとポップなアプリが特徴。株式投資をやっている雰囲気を感じさせない
  • SBI証券ならそのまま本格的な資産形成に移行可能。優待投資に興味があるなら、こちらがおすすめ

グレードで言えば、

  • OneTapBUY:超初心者向け~初心者向け(中級者以上には向かない)
  • SBI証券:初心者向け~上級者もOK(でも初心者には難しいと思われがち)

な感じです。

ぜひあなたのライフスタイルに合わせて選んでみてください。

でも、個人的にオススメしたいのはS株で購入できる上場インデックスファンド世界株式(MSCI ACWI)という、投資経験者じゃないと知らないような商品です笑

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

スマホ

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット