資産運用を始めるときにはどのような本が役立つ?

\シェアしてください!/

最近はウェブサイト上の情報も充実しているため、わざわざ本を買う必要は無いのですが、それでも深い内容を得たい場合には書籍を購入したほうが良い場合も多いです。
特に、その分野の専門家が書いている本は、ネット上では手に入らないような濃い内容が含まれていることもあります。

一方、資産運用を始めるにあたって幅広く情報を得たいならば、いわゆる「ムック本」と呼ばれるA4サイズの雑誌が役立つ場合があります。
ムック本は実用書に比べると内容は薄いものの、内容が幅広く、カラフルにまとめられているため、読みやすいのが特徴です。

時期によっては、適切なムック本が出ていない場合もありますが、投資ネタの本は割と途切れることは無い(はず)です。

本を読んでから始めるのも良いのですが、先に投資や資産運用を実践してから本を読むのもオススメです。
「あなたにとってどのような情報が必要なのか」を把握できる為、漠然と書籍を選ぶよりも、有意義な書籍を選びやすくなるからです。

スポンサーリンク

はじめに

ここでは、資産運用を始めるときに役立つ(かもしれない)本についてご紹介しています。

最初に述べておくと、投資や資産運用を始めるにあたって、必ずしも関連本を買う必要はありません。
投資を始めるには、少額資産運用のために準備するもので示したように、証券口座を開いてお金を入れるだけですから、この手順においては書籍の力など必要ないのです。

ただ、たとえばあなたが特定の金融商品に興味を持ったり、もっと利益を出したいと考えた場合には、関連書籍が役立ちます。

一般に書籍は出版時の情報を元に発行されるため、具体的過ぎる情報は必ず時代遅れになります。
例えば、今すぐ儲かる具体的なファンドを探すのには適していません

一方で、いつの時代も変わらない基礎的な情報がまとめられた書籍は、金融商品を選ぶために必要な実力を身につけることに役立ちます
筆者も特に投信や積立、コモディティネタの書籍はよく買う傾向にあります。

以下では、筆者が購入した書籍も参考にしつつ、資産運用を始める際に役立ちそうな書籍の選び方を考えてみたいと思います。

最初はムック本を?

マイナス金利時代の資産運用と金持ち老後超入門

マイナス金利時代の資産運用と金持ち老後超入門

冒頭で述べたとおり、投資や資産運用を始めるにあたって、必ずしも関連本を買う必要はありません。
が、どのような商品があるか、と全体を俯瞰するときに役立つ本があります。

筆者がオススメしたいのは、いわゆる「ムック本」と呼ばれるA4サイズの書籍です。
ムック本は、一般的な書籍に比べてページ数が少ないのですが、内容がカラフルで、導入的な内容を浅く広く扱っているので読みやすいのが特徴です。

例えば、筆者が最近資産運用ポートフォリオ例を書くために購入した、「マイナス金利時代の資産運用(日経MOOK)」は、マイナス金利政策導入後の世の中の変化と、それを受けてどのような資産運用をするかがまとめられたムック本です。

資産運用の話題については株式や投資信託などの一般的な内容をまとめるにとどまっていますが、金融商品の種類を幅広く紹介しているほか、私たちの生活に直結しやすい銀行の預金金利や住宅ローン金利にまつわるテーマも扱うなど、資産運用全体を俯瞰するにはちょうど良い中身だと思います。

また、別の例として、プレジデントムックの「金持ち老後超入門」では、いわゆる下流老人や老後破綻を気にされる方を対象に、家計の見直しや資産運用ポートフォリオ、定年までに資産を築く為のプランを提示するなど、やはり広く浅く内容をまとめています。

「金持ち老後超入門」の資産運用ネタは、ある程度投資の話題を知ってる人向けにまとめられています。
お金全般を扱う書籍であるため、投資に限らずお金の話が好きな人向けと言えそうです。

ムック本の欠点は、個々のテーマに関する情報は、専門書に比べて内容の濃さでは適わないことです。
幅広い情報をさくっと集めたいときにオススメしたいと思います。

個別の商品ジャンルについては実用書を

筆者の保有する書籍の一部

筆者の保有する書籍の一部

株式や投資信託(積立投信含む)、FXはそのテーマだけで何冊も本が書けるほどの奥深いものです。
これらはムック本のような書籍では、その内容の全てをカバーすることはできません。

もしあなたがムック本よりももっと深い内容を探すならば、その手の実用書を一冊か二冊購入することをオススメします。

例えば、筆者はインストックネットを作成するために、以下のような書籍を利用しています。

  • 投資信託・・・[入門]投資信託の仕組み
  • 積立投信・・・ものぐさ投資術
  • REIT・・・はじめての人のJ-REIT
  • 債券・・・なぜ金利が上がると債券は下がるのか
  • 純金・・・金投資の教科書
  • その他お金持ちの考え方など・・・お金持ちの教科書
  • 税金対策関連など・・・いますぐプライベートカンパニーをつくりなさい
  • etc

例えば、「[入門]投資信託の仕組み」は、投資信託の歴史、ジャンル、コスト、分配金など、投資信託にまつわる多くの事柄を読みやすくまとめています。
今すぐ儲かる具体的なファンド名は出てきませんが、投資信託を自分の力で選ぶための基本的な力をつけることに役立つと思います。

あなたも実際資産運用を始めて、何かお気に召す金融商品があれば、それに関する実用本を一冊選んでみてはいかがでしょうか。

お金持ち本や税金対策関連本もおすすめ

資産運用にまつわる書籍ではありませんが、いわゆる「お金持ち本」もオススメです。
お金持ち本は、いわゆる富裕層の行動哲学や投資哲学をまとめた書籍で、いろいろとワクワクさせてくれる本も多いです。

資産運用と言うと、投資でお金を増やすことばかりに注目が行きますが、一方で日々の生活から無駄な出費を省くこともお金を残すための方法の一つです。
そんな時に一つの指針を与えてくれるのがお金持ち本だと筆者は考えています。

税金対策関連本は、私たちが合法的に税金を安くするための手法を説く書籍です。
例えば、究極的な方法ですが、個人でプライベートカンパニーを構築し、自身の資産を全てその会社の持ち物にすると、それを経費に計上できるために税金を低減できる、という方法もあります。

最近では、ふるさと納税をつかった節税も人気です。
もし興味があれば、その手の本も一冊読んでみると、手元にお金を残すことに役立つと思います。

投資関連の月刊誌・季刊誌もあるよ

投資関連の月刊誌は、実用書に比べると比較的新しい情報を扱うので、その界隈のネタをざっくり把握するのに役立ちます
内容は実用書より薄くなりますが、逆に具体的な情報が多く記載されています。

  • ダイヤモンドZAi
  • 日経マネー
  • BIG tomorrow
  • etc

筆者は投資を始めて数ヶ月はダイヤモンドZAiを良く読んでいました。
ダイヤモンドZAiは、編集部が選ぶ割安株(これから値上がりする株)、投資信託の分配金や株主優待関連の記事が多く組まれる傾向にあります。
投資を始めたばかりで右も左もわからない状態なら、本屋やコンビニで立ち読みしてみるのはいかがでしょうか。

その他のマネー雑誌は、例えばネットビジネスやせどり・転売など副業ネタなど、投資以外の話題も扱う傾向にあります。
読み手に一攫千金を夢見させるような内容も多いので、冷静に読む必要があります。

なお、これらの書籍には現役の個人投資家が、場合によっては顔出しでインタビューに応じているケースがあります。
ツイッターのアカウントやブログのURLなどを公開している場合もありますので、もし個人投資家とつながりたいと思うのでしたら、役立つと思います。

ネットにも情報はあるよ

最後に、インストックネットのような各ウェブサイトにも様々な情報があることを忘れないようになさってください。

ネットを利用する利点は、書籍で情報を得る以上に最新の情報を得やすいことです。
例えば個人投資家のブログや掲示板サイトのまとめサイトには、最新の投資情報が記載されていることも多いです。

これら具体的な情報は、すぐに時代遅れになってしまいがちです。
最新の情報を追うとともに、これからも変わらない基本的な情報も知っておくことをオススメします。

まとめ

以上です。
あとは書店などで実際に本をご覧頂くなどして、ご自身に最適な本を選んでいただければと思います。

ちなみに、本記事執筆時点(2016年6月5日現在)で、筆者が手持ちの書籍の中で一番オススメしたい書籍は[入門]投資信託の仕組みです。
本書は、独立系の投信販売会社として名前を知られている、セゾン投信の中野晴啓氏が執筆した投資信託の入門本です。
入門本と言いつつも、偏りなく情報をまとめているため、投信への投資を始めるときに大変役立つと思います。

少し難しく感じる部分もあると思いますので、実際には先に一万円のお試し投資をしてから本書を読むことをオススメします。
そのときには、投資信託の始め方。そもそも投資信託って何?がお役に立てば幸いです。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

資産運用(初心者向けガイド)

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット