ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

株式投資と投資信託は何が違うのか。どちらを選べば良いか

\シェアしてください!/

株式投資を始めるか、投資信託への投資を始めるか。
特に、初めて投資や資産運用を志す方には難しい質問かもしれません。

株式投資と投資信託は、それぞれ商品性の違いから、売買ルールや値動きの違いなど、多くの違いがあります。
それらをチェックすることで、あなたがどちらの投資に親和性があるか判断することが出来ます。

あなたがもし、運用資金が10万円を割るような少額だったり、昼間の株価の値動きが気になったりするのであれば投資信託がオススメです。
一方、短期間に大きな利益を出したかったり、株主優待を利用したかったりするならば、株式投資がオススメです。

もちろん、株式投資と投資信託への投資は同時に行うことが出来ます
予算が許すなら、是非とも両方に投資を始めてみてください。

もちろん一つの証券口座で株式投資も投資信託も保有できますよ。

株式投資と債券投資は何が違うのか。どちらを選べば良いかも併せてどうぞ!

スポンサーリンク

はじめに

初めて投資や資産運用を志す場合、株式投資をやるべきか、投資信託への投資をするべきか悩むことがあります。
特にお互いの商品特性がわからないうちは、どちらに投資をすべきかという基準さえ無いため、投資に踏み切ることができないこともあるはずです。

個別銘柄に対する株式投資と投資信託への投資は、それぞれ一長一短があります。
絶対的にどちらが良い、というものではなく、あなたの予算や日常生活を省みて選択していくのが良いです。

もちろん、株式投資と投資信託への投資は同時に行うことが出来ます
両方利用するという選択もありですので、それも踏まえて下記をご覧いただければと思います。

株式投資と投資信託は何が違う?

株式投資を始めるか、投資信託を始めるかは、それぞれがどのような特徴を持っているかを把握することで選択しやすくなります。
ここでは両者の特徴を見てみましょう。

株式投資の特徴

一般に株式投資といえば、イオン株はどこで買うの?株主優待と購入方法を徹底紹介!マックスバリュの株主優待を取得するにはで示したように、東証に上場する個別企業への投資をイメージされると思います。

厳密には、株式と投資信託のいいとこ取りをしたETFで資産運用!で示したETF(上場投資信託)のように、株と同じように買える投資信託もあるのですが、ここでは個別株式への投資を考えてみましょう。

各企業への投資に必要なお金は、初めての株式購入。株を買うにはいくらお金が必要なの?で示した株価と単元という考え方で決まります。
例えばイオン株はどこで買うの?株主優待と購入方法を徹底紹介!のイオン株は15万円程度必要ですが、株式取引の練習ってできる? -少額取引に適したみずほ銀行株を買う-で示したみずほ銀行株は2万円程度で売買できます。

株式は株式市場(東証)を通じて売買します。
東証は会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?で示したように、9時~11時半と12時半~15時までが取引時間です。
実際には売買予約ができるため24時間注文が出せるのですが、この取引時間中は仕事をしている方も多いため、サラリーマンは株を買えない(買う暇がない)と感じている方も多いようです。

あなたもそう思ってました?

その他、個別企業の株価は、企業業績に加え日経平均株価の推移などの外的要因やマネーゲーム的要因によって動きます。
例えば、日経平均株価は上がり続けているのに、投資した企業の株価は下がり続けるといったこともよくある話です。

投資信託の特徴

投資信託は「プロに投資をお願いする」「毎月分配金が手に入る」という点が強調されがちですが、その本質は株式市場では投資できない全世界の多様な金融商品に、少額で投資できる点にあると思います。

その代わり、株式よりも直感的にわかりにくい商品も多く、適当に商品を選んだら「アメリカの投資不適格債に投資しながら、ブラジルレアルで「FX」をやっていた」みたいなハイリスク商品に投資をしてしまう失敗をしがちです(投資信託で失敗してしまう3つのポイント)。

投資信託の始め方。そもそも投資信託って何?で示したように、投資信託は株式と異なり1万口当たりの基準価額はいくら、という考え方があります。
通常、1万口1万円からスタートするため、投資に必要な金銭的ハードルが低く、株式よりも投資しやすいのが特徴です。

投資信託は、毎日1回基準価額が更新されるため、株式に比べると忙しく値動きを追う必要はありません。
また、注文も原則証券会社の毎営業日受け付けているため、特にネット証券を利用していればいつでも売買できます。

その他、値動きの要因は投資信託が何に投資を行っているか(種類とリスクから見る投資信託の選び方)によって決まります。
「何に投資を行っているか」を把握するのが最重要です。

表にまとめると・・・

表1. 株式投資と投資信託の比較

 

株式投資(ETFを除く)投資信託
費用単元株を買う場合には10万~数百万
単元未満株は1万未満でもOK
数万円以内
売買時間9時~11時半と12時半~15時
(売買予約は24時間)
月~金曜日
(休日注文は月曜日に処理)
投資範囲東証上場企業(国内)全世界
価格変動要因企業業績や日本の景気動向など投資国の景気動向など
価格変動の大きさ大きい個別株式より小さいものも多い

株式投資と投資信託のどちらを選ぶか

投資金額はいくらか

株式投資は、投資したい企業の株価次第で投資に必要なお金が変わります
例えば「5万円しか持っていないが、株式投資を堪能したい」といった要望をかなえるのは難しいです。

一つの目安として、単元株(初めての株式購入。株を買うにはいくらお金が必要なの?)を売買したいなら100万円近いお金はあったほうが良いと思います。
50万円程度でもなんとかなりますが、さすがに20万円やそれを割ってくると、イオン株のような優待銘柄を一つ抑えるだけで、お金の大半がそこに拘束されてしまうという状況になりがちです。

もし、あなたの手持ちのお金が少ない(特に10万円を割ってくる)のであれば、投資信託(が上場投資信託(ETF))の運用を検討することをオススメします。
投資信託はその大半が2万円かその程度以内で購入できるからです。

ちなみに投資信託には、配当金に相当する分配金(分配金が出ると基準価額が減る点で、配当金とは異なる)がありますが、株主優待の類はありません。
あなたが株主優待が欲しいならば、多少金額がきつくても株式投資を始めたほうが良いです。

日中の値動きが気になるかどうか

次に、売買時間について考えてみます。

株式は日中売買を行うため、銘柄によっては昼間細かく価格が変動することになります。
昼間働いてる方は絶対覚えておきたい逆指値の使い方で示したように、大きな損失を防ぐ為の手法もありますが、日中株価が気になりすぎて仕事に集中できないのはよろしくないと筆者は考えます。

一方、投資信託の基準価額が変更されるのは1日一回です。
そのため、株式と違って日中時価を気にする必要がありません。

もし、あなたが株価が気になって日中仕事が手につかなくなる可能性があるなら、株式よりも投資信託を選んだほうが良いです。

一方、日中値動きする株式投資は、言い換えれば1日の中で利益を出せるチャンスが複数あることを示しています。
それに対して投資信託は、投資信託は儲かる?やめたほうがよい?で示したように、利益を狙うまでの時間が長期的になります。

ゆえに、あなたが短期的に利益を狙いたいならば、投資信託よりも株式投資のほうが良いです。

どこに投資をしたいか

3つ目として投資範囲についてみてみます。

ETFを除けば、株式投資で投資できるのは国内の上場銘柄に限られます。
海外個別株式への投資は別途手続きの上で投資できますが、どの範囲まで投資できるかは証券会社のサービス次第です。

それに比べ、投資信託は、商品の種類が少ない証券会社や銀行の商品ラインナップでさえも、国内外の債券や株式への投資を実現できるのが特徴です。
さらに、例えばASEANやブラジルなどの新興国、中東やアフリカなどの地域に気軽に投資できるのも投資信託の利点です。

特に国外に少額での投資を始めたければ、投資信託はかかせません

ただ、国外への投資は対象国への「理解」が必要になるため、実はちょっと難しい面もあります。
それに比べると、日本国内への投資は日々のニュースを見ているだけでも情報を収集できますから、投資のハードルは低めです(その代わり、企業の財務などを分析し投資を行うなら、相応の知識は求められます)。

なお、国内に投資をする投資信託もありますから、こちらはお金の面が判断に関わってくると思います。

どの程度値動きを享受できるか

個別株式は値動きが大きい銘柄も多く、総じて価格変動リスクは高めです。
特に新興系の銘柄に投資を行っていれば、10万円の投資額に対して、わずか1日で2万円程度値が動くような銘柄もあります

特にこれまで銀行預金を第一としていたあなたにとっては、恐怖を感じる値動きかもしれません。

一方で、投資信託のうち、特に国内債券などに投資を行うファンドはその値動きは緩めです。
1日の価格変動率は0.1%に達しないこともあります。

投資信託はそもそも様々な個別株式や債券に分散投資を行っているため、個別株式に比べると値動きはマイルドになります。
あなたが大きな利益を狙いたいなら株式、緩やかな資産成長を願うなら投資信託のほうが良いです。

まとめると・・・

あなたの投資額が少なかったり、日中の値動きに囚われる可能性があるなら、投資信託をオススメします。
一方、潤沢な投資額があったり、株主優待に興味があるのでしたら、株式投資をオススメします。

冒頭でも述べましたが、株式投資と投資信託は同時に利用可能です。
例えば、イオン株のような個別株式に投資を行いつつ、投資信託を通じて日経平均を買う方法で紹介した日経225関連の投資信託に投資を行うことも出来ます。

もちろん1つの証券会社の1つの証券口座で利用できますから、悩む必要はありませんね。

個別株式や上場投資信託を利用すれば、国内の多くのものに投資をすることが出来ます。
例えば、NISA(NISAとはどんな制度?メリットとデメリットは?)を通じて国内に投資を行い、確定拠出年金のような制度も利用しつつ、海外の投資信託に投資を行うのも一つの方法です。

まとめ

以上です。

まとめると・・・

表2. 株式投資と投資信託のどちらが良いか

 

選ぶ商品
投資金額で決めたいより少額で投資できるのは投資信託
日中の値動きが気になるか気になるなら投資信託
気にならないなら株式投資
どこに投資したいか国内投資なら株式投資(投資信託でもOK)
海外(特にアメリカやASEAN各国を除く)なら投資信託
どの程度値動きを享受できるかよりハイリスクハイリターンなら株式投資
リスクを抑えるなら投資信託

繰り返しになりますが、株式投資と投資信託は同時に利用可能です。
そのため、どちらもお試しで投資を行ってみて、より自身に適しているものを選ぶのも良いと思います。

お試しでの投資を行うならば、株式取引の練習ってできる? -少額取引に適したみずほ銀行株を買う-投資信託を通じて日経平均を買う方法あたりが参考になると思います。

また、本記事をご覧になっても決めかねる場合には資産運用のオススメはたった1つだけ!サラリーマンが知りたい資産形成術がオススメ。
この記事では投資信託への投資を紹介しています。

他の比較記事も是非併せてご覧くださいませ!

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

投資信託株式投資

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット