50万円から始める少額資産運用。どんな投資する?

\シェアしてください!/

例えば、当面使うあてのない50万円が手元にある場合、「投資を始めてみようかな」と思ったりしますよね。

しかし、様々な金融商品がありますので、「いったい何にどう投資すれば」と迷ってしまうと思います。

実は、最初の投資金額が大きいほど、商品選びって難しいんです!

そこで、以下では50万円で選択できる金融商品の種類と、実際に投資経験のある筆者があなたにオススメのできる金融商品をいくつか紹介します。

この記事をご覧になることで、あなたが50万円の運用方法を決定できると信じています。

記事のポイント

  • 50万円の元手を用意できれば、株式や投資信託など、多くの金融商品に投資できる
  • 資産運用の王道は現在も株式や投資信託、国債など、伝統的な金融資産を使うこと。仕事が忙しい場合にはロボアドも悪くない
  • FXやビットコインは資産運用とは性格が異なるので、資産としては考えないほうが良い。もし関心がある場合は、お金を全損しても泣かないこと

スポンサーリンク

50万円の投資でできること

多くの金融商品が投資対象になる

50万円用意できれば、多くの金融商品を購入可能です。

  • 株式投資(株主優待投資)
  • 海外株式への投資(特にアメリカなど)
  • 投資信託(つみたてNISA含む)
  • 個人向け国債
  • 米国債投資
  • 不動産投資(現物の不動産ではなく、REIT(不動産投資信託)を購入する)
  • 現物の金や銀など
  • ロボアド(ロボットアドバイザー)
  • ビットコインや仮想通貨(これは投資と呼べるか怪しい)
  • FX(これも投資と呼べるか怪しい)
  • ソーシャルレンディング

なので、あなたがやってみたいこと、買ってみたい金融商品を選択するだけです。

  • 株式を購入して株主優待を貰ってみたい
  • 分配金収入を得て生活の足しにしてみたい
  • 短期間で大きくお金を増やしてみたい

などなど。

逆に50万円ではできないこと

以下の投資は、50万円ではできないことがほとんどです。

  • 現物不動産投資:全額ローン(フルローン)という選択もありますが、上手くいかない場合の危険性が非常に高いです
  • 投資一任契約(ラップ口座):資産運用を金融機関に任せる商品です。ロボットが介在するものを除けば、最低200~300万円必要です
  • その他、表には出てこない富裕層向けサービス

このように、たしかに50万円ではすべての金融商品を選択できないものの、資産運用のエッセンスを味わうには十分な商品を選択できるんです。

50万円の運用で引退することはできる?

もちろんできません

50万円では様々な金融商品を選べますが、会社を辞めて引退できる金額としては少なすぎます。

ドラクエで言えば、まだ「どうのつるぎ」を買ったぐらいのレベルです。

50万円の資産運用。初心者はどのような投資をすべき?

ここでは、

  • これから運用する金額を増やしていく
  • 50万円の投資は勉強である

という前提のもとで、「これはチェックしておこう」と筆者が考える金融商品をいくつか紹介します。

配分として、

  • 株式:30万円
  • 投資信託:10万円
  • 個人向け国債:10万円

で考えます。

関連記事:初めての10万円資産運用。どのような投資をすればいい?

株式を買って株主優待や配当金を貰ってみよう

国内企業の株式のうち、約8割は50万円以内の投資で取引することができます。

そこで、資産運用の王道である株式投資を行い、株主優待や配当金を貰ってみてはいかがでしょうか

関連記事:初めての株式購入。株を買うにはいくらお金が必要なの?

例えば、筆者が実際に投資している銘柄で言えば、

  • イオン(8267):約18万円で投資可能。特にイオンやマックスバリュで使える株主優待が充実
  • 日産自動車(7201):約11万円で投資可能。配当金利回りが4.5%を超える、高配当銘柄

などがあります。

両社を併せても約30万円の投資ですから、20万円残りますね。

投資信託を購入し「つみたてNISA」や「iDeCo」に慣れてみよう

「つみたてNISA」や「iDeCo」は投資信託を積み立てる商品である

現在、金融庁は「「長期・分散・積立」の3つをキーワードに、各個人が資産形成に取り組もう」と推奨しています。

その中で生まれた税制優遇制度である「つみたてNISA」や「iDeCo」は、まさに「長期・分散・積立」をフル活用できます。

ところで、「つみたてNISA」も「iDeCo」も、投資信託の積み立てをベースに資産形成を行います

そのため、投資信託の仕組みに慣れることで、「つみたてNISA」や「iDeCo」を上手く活用できるようになるのです。

2018年現在、特に人気の投資信託は、

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
  • eMAXIS slim 先進国株式インデックス

などがあります。

もしあなたが、

  • 株主優待銘柄や高配当銘柄に関心がない:楽天・全世界株式インデックス・ファンドに10万円(この商品は日本を投資先に含む)
  • 株主優待銘柄や高配当銘柄に関心がある:eMAXIS slim 先進国株式インデックスに10万円(この商品は日本を投資先に含まない)

と選ぶと良いと思います。

関連記事:10万円で投資信託を買うと儲けはどのくらい出るか?

投資信託は100円から買っても良い

株式に比べて、投資信託は聞きなれない商品が多いです。

そこで、初めての投資ならば、投資額を抑えて100円から買ってみるのもOKです。

例えば、ネット証券のSBI証券や楽天証券は、投資信託の最低売買代金が100円に設定されています。

他の金融機関も1,000円~10,000円に設定されていることが多いので、最初から無理に10万円や20万円といった額で買う必要はありません。

個人向け国債を購入し、ローリスクな運用も覚えよう

お金を増やすことばかりに意識が向いてしまい、リスクの高い商品ばかり買い集めてしまうと、リーマンショックのような世界恐慌が起こった際に多くの資産を失ってしまいます

そこで、個人向け国債のように、ほぼ元本保証で、銀行預金よりも利率の良い商品にもお金を投資することをオススメします。

個人向け国債は、一度投資したら、半年に1回利金を受け取るだけの商品です。

あとは満期まで何もやることがないので、定期預金のつもりで運用なさってみてください。

こんな運用方法もある

不動産投資信託(REIT)に投資して分配金を受け取る

例えば50万円を投資して、

  • 配当・分配金収入をたくさん受け取りたい
  • 将来は不動産投資を始めたい

と考えるなら、不動産投資信託(REIT)を利用する手があります。

関連記事:少額で不動産投資できるREITで資産運用!

REITは株式同様に証券口座を開設して投資できます。

現物の不動産投資と違いは下記の通りです。

  • 現物の不動産投資:物件探しや管理、売買をすべてあなたが行う
  • REIT:物件探しや管理、売買をすべてプロが行う。あなたはお金を出すだけ

国内のREIT銘柄は最低10万円程度から投資できるため、利回りの高いREITなどを購入し、そこから分配金を受け取るのです。

ロボアドに投資して50万円を増やしてもらう

あなたが、

  • 株式とか投資信託とかいっぱいあって選べない
  • 仕事が忙しいから運用の時間などない

と考えるなら、THEOやWealthNaviといったロボアドに投資し、50万円を運用してもらう方法もあります。

ロボアドの運用は投資信託の運用と似ており、長い時間をかけて着実に資産を増やすことを目指しています。

運用・管理はすべてロボット(AI)が行いますので、あなたは定期的に、スマホやパソコンから現在の資産をチェックするだけです。

50万円の運用を始める前の注意点

運用期限のある50万円は運用してはいけない

例えば、

  1. 今、50万円ある
  2. この50万円は1年後に使うお金である

といった状況の場合、この50万円は運用してはいけません

というのも、1年後に相場がどうなっているかは、1年後にならないとわからないので、50万円が40万円に減っていればあとあと困ってしまうからです。

投資で確実に利益が欲しいと思うなら、最低でも10年か20年は運用できるお金を使ってください

どうしても運用期限のあるお金を投資するなら、定期預金か個人向け国債3年がいいところです。

関連記事:短期の資産運用ってどう? -3年以内を目処として-

この商品は選ばないほうがいい

以下の商品を、資産運用の中核に据えるのはオススメできません。

関心があるなら、あくまで「50万円のうち5万円だけ投資してみる」など、本当に無くしてもよいお金で始めることをオススメします。

  • 現物の金や銀など:一度購入すると換金が難しく、また大幅に買い叩かれるので、だいたいマイナスになる
  • 現物の不動産投資:フルローンで始めると、失敗時に人生が狂う。不動産は事業として始めること
  • ソーシャルレンディング:一度お金を貸し出すと換金できない。また、運用業者の信用リスクが高いのでオマケ程度に
  • ビットコインなどの仮想通貨:値動きが大きいのと、既に相場が崩れているので、2017年ほどの利益は見込めない

余談:50万円を短期で増やせる運用は?

  • FX
  • 先物取引
  • ビットコインなどの仮想通貨(これは2017年まで)

短期でお金を増やす、ということは、短期でお金を失う可能性もある、ことを意味します

これらは資産運用ではなく投機なので、「着実にお金を増やす」という観点ではやらないように注意なさってください。

頭の良い投資家は、株式や投資信託で資産を形成しており、「FXやビットコインなどはお遊び」である方も多いのです。

まとめ

  • 50万円の元手を用意できれば、株式や投資信託など、多くの金融商品に投資できる
  • 資産運用の王道は現在も株式や投資信託、国債など、伝統的な金融資産を使うこと。仕事が忙しい場合にはロボアドも悪くない
  • FXやビットコインは資産運用とは性格が異なるので、資産としては考えないほうが良い。もし関心がある場合は、お金を全損しても泣かないこと

正直なところ、50万円の運用ならば、適当に好きな金融商品を買っても良いです。

こんな記事をご覧になるより、あれこれ模索していただくほうが勉強になることも多いからです。

しかし、「それじゃなに買えばいいか分からないよ!」って場合には、

  • 株式:30万円
  • 投資信託:10万円
  • 個人向け国債:10万円

といった配分で始めてみてはいかがでしょうか。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

資産運用(初心者向けガイド)

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット