ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

資産運用で失敗する3つの原因とその対策

\シェアしてください!/

あなたが資産運用に関心があるなら、「絶対に失敗したくない」と思っているはずです。

それとも「自分だけは成功できるはず」と絶対の自信をお持ちですか?笑

ただ、現実には誰しも、「儲かる」「儲けたい」と思って、投資を始めています。

ですが、不本意にも大損し、「投資で失敗した」と退場していく個人投資家もたくさんいらっしゃるんです。

この記事をご覧になることで、あなたは資産運用でのよくある失敗談の原因と対策方法を学ぶことができます

彼らから学ぼうではありませんか。

失敗の原因とその対策方法を。

スポンサーリンク

資産運用で失敗する理由

自分がどの程度リスクを取っているか認識できずに失敗する

投資未経験なのに突然大金を投資してしまう

お金を持っている中高年に多い失敗事例です。

運用で失敗する人は、なぜか1000万円を超えるような大金を、恐れを感じることもなく、株式投資や投資信託に投じてしまいます

例えば、株式投資では1日で投資額の2~3%値動きすることは良くある話です。

それだけでも大きい金額が動くのに、リーマンショックや東日本大震災、海外発の暴落相場といったイベントでは、1日で5~10%以上の値下がりを経験することもありえます。

苦労して稼いだお金を全て市場に投じる勇気には感嘆しますが、なぜ「失敗するかもしれない」と事前に考えないのか不思議です。

ルポ・資産運用で失敗した人たちは何が間違いだったのか | AERA dot.

新興国、毎月の分配金・・・儲かりそうな商品に飛びついて失敗する

例えば、投資信託の人気ジャンルである「新興国」や「毎月分配型」は失敗しやすい商品のキーワードです。

  • 新興国はハイリスクハイリターンな市場である
  • 毎月分配型は高い分配金を出すために、リスクの高い商品に投資している

など、やはりリスクの高い投資を選んでしまっているからです。

特に毎月分配型の投資信託は、毎月分配金が出るせいで「運用成績が良い」と誤解する個人投資家は多いです。

そのため、元本部分が大きく失われてしまってから、ようやく失敗に気づくのです。

関連記事:投資信託で失敗する7つの理由と成功するための秘策

急いで儲けようとして失敗する

「儲けたい」願望は、必然的に資産運用ではなくリスクの高い投機(ギャンブル)に関心を向かわせます

  • 今もっているお金を1年間で2倍にしたい
  • 今すぐ大金を欲しい
  • お金で人生を変えたい

2017年にビットコインが大流行したのは、わずか数日で大儲けできたからで、その裏側ではお金を失った個人もたくさんいます。

20代で一発逆転しようとして失敗するのは問題ありませんが、50代や60代になってから投資に失敗するのは大問題です。

どうか、あなたの年齢や環境、将来を振り返り、投資でどの程度リスクを取って良いのか考えるようになさってください。

株式の信用取引やFXなど証拠金取引で失敗する

  • 株式の信用取引
  • FX
  • 先物取引・オプション取引
  • ビットコインFXやビットコイン先物

これらは証拠金取引と呼ばれ、借金の可能性がある取引です。

相場の急変時に投資額以上の損失を被る可能性もあります。

「FXなら簡単に取引できますよ」と謳う人や業者はたくさんいますが、その仕組みを理解した上で取引しなければ、失敗する可能性があります。

銀行員・お金の専門家・専門業者・・・「権威」に惑わされて失敗する

「お金の専門家」のアドバイスを信じて失敗する

肩書きなどの「権威性」を意識する方は多いです。

そこでよくある失敗として、銀行員やファイナンシャルプランナーなど、「お金の専門家」に投資の相談をし、アドバイスを鵜呑みにして失敗するケースです。

  • 金融機関の窓口でオススメの商品を聞いてしまう
  • ファイナンシャルプランナーに資産運用の方法を相談する

確かに投資に詳しい銀行員もいますが、一方で投資には詳しくない方も多くいらっしゃいます。

誰かに資産運用の相談をしたい場合、「誰に相談するか」をきちんと考えなければ失敗するのです。

退職金が半分に!?…「老後破産」の現実 | YOMIURI ONLINE

契約内容を鵜呑みにしすぎて失敗する

不動産投資でよくある失敗談に「サブリース契約」があります。

サブリース契約は入居者がいなくとも、不動産業者が「家賃保証」を謳い、家賃に相当する金額を払い続ける契約のことです。

ですが、契約から数年後に突然支払額を引き下げられ、トラブルが相次いでいます。

全日本不動産協会では、サブリース契約で以下の事柄に注意するよう述べています。

  1. 賃料収入の減少
  2. 賃料減額、中途解約の可能性
  3. 契約終了後のリスク

出典:サブリースを依頼する | 全日本不動産協会

このような契約を鵜呑みし、「本当に正しいか」「本当に大丈夫か」の確認を怠ると失敗します。

「あなただけ」「絶対儲かる」・・・怪しい話を信じて失敗する

  • 将来確実に値上がりする株式の情報をあなたに
  • 1年後10倍になる仮想通貨を今だけ限定販売
  • FXで成功するプログラムを特別に

このような触れ込みの元で、あなたの金融資産を狙う詐欺師はたくさんいます。

当然、このような怪しい話に投資しても、お金は増えずに失敗します

それどころか警察沙汰になったり、最悪あなたも加害者の仲間のように言われたりと、踏んだり蹴ったりな話になるはずです。

資産運用で成功するための方法

上記の内容で失敗するならば、その逆を行うようにすれば良いです。

すなわち、

  • リスクを取り過ぎない・自分の取っているリスクを確認する
  • 権威性に騙されない・正しい専門家を探す
  • 怪しい儲け話は必ず疑う

です。

リスクを取り過ぎない・自分の取っているリスクを確認して失敗を防ぐ

投資額を少なくして、小さく失敗する

たとえ、1000万円以上のお金を投資するにしても、最初は少額ではじめ、最初のうちに「小さく失敗する」ことをオススメします。

株式投資も投資信託も、ある程度経験を積めば、商品の特徴やどの程度の損失が出るかを理解できるようになるからです。

個人的には、「1000万円貯めてから資産運用」よりも「毎月コツコツ積立投資していたら、いつの間にか1000万円」のほうが失敗は少ないと思います。

投資額が少ないと、投資できる商品も限られますし、経験とともに投資額を増やせるメリットもあるからです。

分散投資でリスクを抑える

資産運用の鉄則は「分散投資」です。

投資先を分散することで、1つの金融商品が値動きしても、資産全体への影響を小さく抑えます。

例えば、インデックスファンドと呼ばれる投資信託は分散投資に最適な商品の1つです。

毎月分配型のような落とし穴も無いため、失敗する可能性を低く抑えます。

他にも株式と個人向け国債を保有するなど、リスクの異なる商品に分散投資することで、あなたの資産は守られます。

証拠金取引と不動産投資はほどほどに

証拠金取引(FXや先物、ビットコインFXなど)と、不動産投資はいずれも借金と関連性の高い投資手法です。

いずれもリスクが高いため、失敗した後の処理が大変です。

そのため、

  • 証拠金取引も不動産投資も正しい知識を学んでから
  • 特に不動産投資は安易な気持ちでローン組まない

といった自衛が必要です。

不動産投資を始めると生命保険の代わりになるとか、年金を補填するとか謳う業者がいますが、彼らがなぜそこまでして不動産投資を進めるのかを考えてみてください

マイホーム買うつもりで不動産投資を始めると確実に失敗しますから、ご注意を。

権威性に騙されない・正しい専門家を探して失敗を防ぐ

失敗したくなければ、金融機関にお金の相談をしてはいけない

まず、基本的に金融機関に投資の相談をしてはいけません

彼らはあなたからお金を取りたい(手数料を稼ぎたい)ので、株式や投資信託(しかも新興国や毎月分配型のような)の売買を進めてきます。

「床屋に髪を切るべきか相談するな」というのは、かのウォーレン・バフェットの名言である。床屋は髪を切るのが商売であり、髪を切るべきか相談すれば、切った方がよいといわれるに決まっている。髪を切るか切らないかは自分で決めなければならないという意味である。
出典:床屋に髪を切るべきか相談するな | お金持ちの教科書

お金の相談をしたい場合には、できるだけ中立的な専門家を選ぶべきです。

頼りになるファイナンシャルプランナーを探す方法

日本FP協会のウェブサイトの検索サービスを利用し、株式や投資信託の商品選定に強みを持つFPを探すことができます。

CFP®認定者検索システム | 日本FP協会

また、弊サイトでは日本FP協会に所属する「戸田 薫」さんにFPに相談する方法などを教えていただきましたので、併せてご覧ください。

関連記事:ファイナンシャルプランナーに相談する方法を教えてください!元・機関投資家でFPの戸田薫さんにインタビュー!

資産運用のアセットトラバース|元機関投資家FPが大阪・京都・滋賀でサポート

怪しい儲け話は必ず疑って失敗を防ぐ

あなたに「美味しい話」を進めるのはなぜ?

身近やネットに関係なく、怪しい話は必ず疑ってください。

なぜ、その「美味しい」情報をあなたに教えたいのか」を考えてみてください。

株式だってFXだって、儲かるんだったら他人に教えず、自分で儲ければ良いじゃないか、と。

それでも投資したければ、「失敗したら投資したお金は戻らないけど大丈夫か」を自分自身に確認すべきでしょうね。

不安な点は「消費生活センター」に相談を

なお、怪しいなと思った点は、「全国の消費生活センター」にご相談ください。

全国の消費生活センター等 | 国民生活センター

銀行などの金融機関を通じて、不本意に投資信託などの金融商品を買ってしまった場合にも、力になってくれるはずです。

まとめ

  • 株式投資や投資信託で大きなリスクを取ると失敗する。「今すぐ儲けたい」「大儲けしたい」という感情は失敗を導きやすいので注意
  • お金の専門家を妄信すると失敗する。彼らは必ずしも株式や投資信託に明るいとは限らないので、正しく相談できる相手を見つけよう
  • 怪しい儲け話に投資すると失敗する。なぜ「美味しい話をあなたに教えてくれるのか」を考えよう。彼らは親切な隣人ではないのだから

日経ヴェリタスの特集によると、資産運用に成功した資産家は、約20年の時間をかけて運用を行っています

「今すぐ楽に大儲けしたい」との感情は理解できますが、そこにさまざまな罠があることも忘れずにお考えください。

様々なリスクを検討することが、あなたの運用を成功に導くための、1つの秘訣なのですから。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

資産運用(初心者向けガイド)

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット