株主優待ってどんなものを貰えるの?

株主優待は自社の商品、サービス、店舗利用を優遇する目的のものが多いです。
優れた優待を導入することで、「自社のことを知ってほしい」、「末永く自社へ投資し続けて欲しい」という企業の考えが現れています。

本記事では、株主優待でどんな物を頂くことができるのか、その一例をまとめました。
すべてを網羅することは出来ませんが、そのさわりだけでもお伝えできればと思います。

スポンサーリンク

はじめに

配当金や株主優待内容を元に投資先を決める個人投資家は多くいらっしゃいます。
筆者も、優待内容を元に、イオン株に投資を始めた経緯を持っています。

あなたも投資に興味を持っているなら、きっと優待内容もみて投資先を選びたいとお考えのはずです。

でも、「株主優待が欲しい!」とは思うものの、実際どのような物が優待で扱われているかはよく知らなかったりしますよね
夢の優待生活にはあこがれるものの、思いません?「じゃあ具体的にはどんな優待が貰えるの?」って。

そこで「株主優待ってどんなものを貰えるの?」では、株主優待でよく扱われている商品例をいくつか紹介してみます。
あくまで一例であり、その全てを網羅することはできませんので、詳しくは是非ご自身で探してみてください。

なお、株主優待のもらい方については、株主優待と配当金が欲しい!どうやってもらうの?をご覧になってください。
優待を貰う為には、まず証券口座を開いて株を買う。これが鉄則です。

株主優待の例あれこれ

自社商品割引券(株主優待券)

株主優待の定番の1つは、自社商品割引券(株主優待券)です。
商品に限らず、自社のサービスを割引もしくは1回無償といった形で体験できるものもあります。
自社の商品やサービスを知ってもらって、それを利用して欲しいという意図で設定されています。

このような優待は、企業が私たち消費者向けにサービスを展開していることが多いです。
例えばインストックネットで紹介している、マックスバリュの株主優待ハニーズの株主優待などもそれに含まれます。

もし、あなたが普段行きつけのスーパーやショップなどあるのでしたら、そのお店の大元が優待制度を設けていないか、調べてみると良いと思います。

ホテル・交通機関の優待利用券なども

特に交通機関や宿泊業関係に多い優待が、優待利用券です。
1枚につき数%以上の割引が適用されます。

筆者がとても欲しいと思うのが、JR東日本(証券コード:9020)の株主優待。
同社の優待は100株につき、1枚(20%引き)の運賃割引券です。

残念ながら、同社の最低投資額が100万円近く、しかも100株保有では1枚しか貰えないため、少額の資産運用という観点では投資ハードルが高い一方で、利回りはとても低いです。
ただ、よく新幹線に乗る身としてはいつかは押さえておきたいと考えている優待の1つです。

併せて首都圏や観光地などのホテル宿泊券なども取得しておけば、割安での出張・旅行も可能になりますね。

自社商品詰め合わせ

自社商品詰め合わせも株主優待の定番の1つです。
上述の自社商品割引券同様に、自社の商品やサービスを知ってもらって、それを利用して欲しいという意図で設定されています。

例えば、明治ミルクチョコレートの販売元で有名な明治ホールディングス(証券コード:2269)は所有株式100株以上(1単元以上)で2000円相当の自社商品詰め合わせを配布しています。
お菓子などが含まれているため、口がさみしい時に食べたり、家族にあげたりすると良いですよね。

2016年1月末時点で1株あたりの株価が約1万円(最低投資額100万円程度)と高額なため、弊サイトのテーマである少額資産運用という観点ではちょっと敷居が高いです。

他にも自社商品詰め合わせを設定している企業の例を下記に挙げます。

  • 2282 日本ハム株式会社
  • 2501 サッポロホールディングス株式会社
  • 2593 株式会社伊藤園
  • 2897 日清食品ホールディングス株式会社

著名な食品・飲料品の製造メーカーなどからは自社商品詰め合わせが期待できそうです。

自社商品詰め合わせ(女性向け)

化粧品メーカーなど、主に女性向けの商品販売に力を入れているメーカーの場合、女性向けの優待が設定される場合があります。

例えば、雪肌精で知られる株式会社コーセーの株主優待は、ヘアケア商品(スティーブンノル)が設定されています。
同様に全国にフェイシャリストサロンを展開している株式会社シーボンは、自社製品に併せて、希望者に無償でのサロンケア招待(20歳以上の女性限定)という優待が設けられています。

  • 4922 株式会社コーセー
  • 4926 株式会社シーボン

クオカード

株式会社クオカードが発行するクオカードもまた、定番の株主優待の1つです。
クオカードはギフト券(プリペイドカード)の1つで、全国のコンビニやファミレス、主要書店などを中心に5万店以上のお店で利用できます。

表1. クオカードが使える店舗の例

コンビニ ファミレス 書店 ガソリンスタンド ドラッグストア
店舗例
セブンイレブン
ローソン
ファミリーマート
ガスト
バーミヤン
デニーズ
ジュンク堂
ブックファースト
三省堂書店
エネオス
マツモトキヨシ

2016年01月31日現在。詳しくは加盟店情報 | QUOカードを。

例えば、6月末に権利確定を迎えるTHE グローバル社(証券コード:3271)は、一戸建てやマンションの分譲、管理を行う不動産業の企業です。
優待内容に1,000円相当のクオカードを設定しています。

同社は1株当たり15円(2015年)の配当金も設定しているため、配当金とクオカードを併せれば2500円相当です。
2016年1月末現在の株価は450円程度(最低投資額は約4.5万円)ですから、配当と優待を併せた利回りは5%を超える計算になります。

  • 3271 THE グローバル社

お米券

全国米穀販売事業共済協同組合が発行するお米券を優待内容に設ける企業も多いです。
1枚につき、お米1kgとの引換券(440円相当の金券)として利用できます。
少なくともイオンやマックスバリュでは、なんらかの商品とともにお米を購入した際に利用できます。

例えば、FA(ファクトリーオートメーション)システム分野の卸売など、三菱系列の技術商社として活動する株式会社カナデンは、100株の保有でお米券2枚(もしくはクオカード1000円分)の株主優待を設けています。
2016年1月末現在で約900円(最低投資額は約9万円)ですから、優待利回りは約1%程度です。
加えて配当金も設定されているため、配当と優待を併せた利回りは4%程度になります。

  • 8081 カナデン

お米そのものが貰える場合も

お米券を優待に設定する企業がある一方で、お米そのものを株主優待に設定する企業もあります。
例えば、マックスバリュの株主優待を取得するにはで触れたマックスバリュ東北(証券コード:2655)は、株主優待券の代わりにお米と切り餅のセットを選択することが可能です。

金利上乗せサービス

最後に、安全かつ積極的にお金を増やしたい方向けに、銀行の預金金利上乗せサービスについても紹介しておきます。
株主優待として、スーパー定期1年物の店頭表示利率に0.2~0.5%程度の金利上乗せを設けている銀行があります。

  • 8331 千葉銀行
  • 8346 東邦銀行
  • 8361 大垣共立銀行
  • 8379 広島銀行
  • 8383 鳥取銀行
  • 8399 琉球銀行

現行のスーパー定期は0.026%(2016年1月31日現在)ですから、その10倍の金利が付与されることになります。
仮に0.2%の金利が適用された場合でも、現在販売されている個人向け国債のうち10年変動に匹敵します。
しかも元本保証ですから嬉しいですね。

インストックネットで詳しく紹介中のもの

以下のページでは、各社の株主優待を詳しくご紹介しています。

例えばイオンやマックスバリュなどの小売店は自社の商品を安く購入できる制度を設けています。
同様に、ANAやスターフライヤー、JR東日本では乗車運賃の割引サービスを設けています。

あおぞら銀行のように、投資信託の売買を促す株主優待なんていうのもあります。

まとめ

以上のように、株主優待は自社の商品、サービス、店舗利用を優遇する目的のものが多いです。
消費者が直接その企業と取引しない場合(B to Bのケース)には、クオカードやお米券、ギフトセットなどが設定されています。

本頁の内容は、将来的に変更される恐れがあります。
また、これまで優待を導入していなかった企業が魅力的な優待を導入することもありますので、そのような変更があった場合には改めて紹介していきたいと思います。

繰り返しになりますが、株主優待のもらい方がわからなければ、株主優待と配当金が欲しい!どうやってもらうの?をご覧になってください。

株主優待であなたの生活がより潤うことを願っています。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

株主優待

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット