ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

「VALU」について紹介!ビットコインを利用した個人への投げ銭サービス

\シェアしてください!/

最初に断っておきますが、この記事は資産運用の話ではありません。ビットコインの使い道の1つに関する話題です。

個人が「VALU」と呼ばれる「株式に似たようなもの(法的な株式とは異なる)」を発行し、ビットコインで購入できるオンラインサービス「VALU」が、一部のインフルエンサーを中心に人気になっています。

VALU

発行主の個人はVALUを通じて資金調達を行える一方で、発行主の活動によって発行したVALUが値上がりし、VALUの購入者は恩恵を受けられるかも?といったサービスです(要は発行主を支援する、投げ銭サービスのようなものです)。

あなたが、

  • 誰か有名人の活動を支援したい(願わくば、それで対価を受け取りたい)
  • むしろ、自分の活動を支援して欲しい

とお考えなら、VALUのことをチェックしてみてはいかがでしょうか。

記事のポイント

  • VALUは個人を支援する投げ銭制度。新興のフィンテック企業が運営しており、個人のブランディング化が進むとともに、サービスも成長する可能性あり
  • あなたがVALUを発行し、支援を受けることもできる。その場合には、運営会社の所定の審査を受ける必要がある
  • 2017年現在のVALUは発行主の性格に強く依存してサービス運営が行われているので、玉石混合な状態であるとも言える

スポンサーリンク

ビットコインで個人の「株式」が買えるVALU

VALUとは、株式会社VALUが運営するフィンテックサービスです。

VALU

あなたがVALUをつかってできる2つのこと

あなたがVALUを使ってできることは主に2つです。

  • あなたが発行主となり、「VALU」と呼ばれる、個人の株式に似たようなものを発行できる
  • 既に誰かが発行した「VALU」を購入することで、発行主に「投げ銭」できる

あなたがVALUの発行主になる

あなたが株式会社VALUの審査を受け、通過したい場合に、だいたい1000VA(VAはVALUの単位)を発行できます。

このVALUを売りに出すことで、誰かがそのVALUを購入する事が可能になります。

誰かがあなたの発行したVALUを購入した場合、その対価としてあなたにビットコインが支払われます

VALUは時価で値動きしますので、VALUが高騰すれば、あなたの時価総額もあがりますし、値下がりすれば時価総額も下がります。

あなたがどうやって、あなたのVALUの購入者に恩恵を与えるか、が問われる使い方です。

誰かが発行したVALUを購入する(VALUERになる)

一方、あなたがVALUを発行せずとも、誰かが発行したVALUを購入することで、その発行主の活動を応援することができます。

これをVALUERといいます。

VALUERになるためには、あなたが対価となるビットコインを支払う必要があるものの、その後購入したVALUが値上がりしたら、あなたもその恩恵を受けられる仕組みです。

あなたが、元ライブドアの堀江貴文氏や、コンサルタントの永江一石氏など、ちまたで有名な方の活動を支援し、その恩恵を受けたい場合に利用できます

魅力的(かもしれない)な「VALU優待」

VALUの発行者は、発行者のスキルに応じた優待を自由に設定することができます

株主優待と似ていますが、必ずしも実施するかは発行者に委ねられているため、株主優待ほどにきっちりした制度ではありません。

例えばLINEに勤める田端氏は優待内容として、VALU購入者限定のオンラインサロンへの招待を提示しています。

田端信太郎 | VALU

また、筆者が弊サイトでインタビューを行ったファイナンシャルプランナーの戸田薫さんは、VALU購入者限定で、お金に関する簡易的な相談を提供する優待を提示されています。

Kaoru Toda(元機関投資家ファイナンシャルプランナー) | VALU

このように、VALU発行者が発行者自身の活動によって、購入者に様々なメリットを提示できるのがVALUの優れたところです。

VALUを利用する際の注意点

新興のサービスですので、取引上の注意点もあります。

取引次第で損失を被る可能性があること

VALUの支払いは全てビットコインにて行われます。

当然ですが、円とビットコインは変動相場ですので、ビットコインの価格が安くなるとあなたは損失を被る可能性があります

また、VALUそのものも時価で取引されていますから、株式同様に購入後の価格が安くなると、やはり損失を被る可能性があります

ので、株式投資のような対価を得ることを期待して利用できるサービスとは言いがたい現状があります。

筆者個人としては、損が出たとしても、誰かを支援したい「投げ銭」サービスだと思っています。

VALU発行主の義務は個人に任せられていること

株式と似たサービスではあるものの、厳密な株式投資とは異なります。

そのため、相場の値のつき方も、VALU優待の実施の可能性も、その内容もすべてVALU発行主である個人に任せられています

ここを悪用したのが、人気YoutuberによるVALU騒動です。

この騒動では、事前にVALUの値を吊り上げた状態で、発行主が多数の売りを出したため、多くのVALUERが損失を被りました。

また、VALU優待に関しても、実際に実施されるかどうかは個人の判断に任せられています。

よく「VALUERさん、一緒に飲みに行きましょう」といった優待内容も見かけるのですが、こういった優待がどこまであなたのメリットになるかはわかりません。

VALUを利用する際に必要なもの

  • Facebookのアカウント
  • VALUERとして活動したいときはビットコイン

Facebookアカウント

VALUはFacebookと連携して利用しますので、あなたがVALU発行主になりたい場合も、VALUERとして誰かの活動を支援したい場合も、Facebookアカウントが必要です。

ビットコイン

また、VALUERとして活動する場合には、VALUを購入するためのビットコインを購入する必要があります

このビットコインは、ビットフライヤーやコインチェックなど、外部のサービスで購入した後に、VALUのあなたのアカウントに送金する必要があります。

弊サイトではビットフライヤーの口座開設方法を紹介していますので、合わせてご覧ください。

関連記事:1万円で仮想通貨「ビットコイン」に投資する方法

VALUに関する世間の判断

2017年8月に、麻生金融相がVALUに対して「消費者保護と新しいものを育てることの両方を考える必要がある」との見解を述べています。

麻生金融相、VALUでの資金調達「保護と育成の両方を考える必要」 | 日本経済新聞

今のところは人気Youtuberによる事件の印象が強すぎて、ちょっと「そういうもの」として悪い印象が強い感じがありますね。

でも、個人が自分自身をブランディングしたいときに、VALUは便利なサービスの1つなのではないか、と筆者は感じます。

まとめ

  • VALUは個人を支援する投げ銭制度。新興のフィンテック企業が運営しており、個人のブランディング化が進むとともに、サービスも成長する可能性あり
  • あなたがVALUを発行し、支援を受けることもできる。その場合には、運営会社の所定の審査を受ける必要がある
  • 2017年現在のVALUは発行主の性格に強く依存してサービス運営が行われているので、玉石混合な状態であるとも言える

あなたが誰かを支援したいときに、もしくは支援を受けたいときに利用してみてはいかがでしょうか。

株式と似ていますが、株式ほどきっちり制度化・ルール化された仕組みではありませんので、ご利用の際は自己責任でお願いいたします。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

仮想通貨

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット