ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

教えてください!「3000円投資生活」のデメリットはなんですか?

\シェアしてください!/

書店で見つけた「はじめての人のための3000円投資生活」を読んで、投資に興味を持ったけど、まだ不安を抱いているあなたへ。

ここでは、「3000円投資生活」のデメリットを紹介したく思います。

「3000円投資」は良くも悪くも堅実な投資ですので、大儲けすることはない代わりに、大損することもまずありません。

最終的な成績は、ほとんどあなたが毎月いくら投資したか、にかかっています。

その他、よく投資の悪いイメージとして持たれていることが多い「自己破産」や「過度な営業活動」についても紹介します。

記事のポイント

  • 3000円投資生活は非常に堅実な資産形成に取り組めるので、ビットコインやFXのように毎日大きな値動きを経験することはない
  • 書籍「はじめての人のための3000円投資生活」で紹介されている投資信託は「バランスファンド」と呼ばれ、賛否両論ある商品である
  • かつての先物取引などから定着した、投資の悪いイメージとは無縁である。借金もないし、営業員の押し売りとも無縁

スポンサーリンク

デメリットあれこれ

3000円の積み立ては「しょせん3000円」である

他の記事でも書きましたが、3000円の積み立ては、結局のところ「3000円」という少額さがデメリットになります。

例えば、「つみたてNISA」を利用して3000円の少額投資を20年間継続したとすると、総積立額は72万円になります。

もし、運用に成功して、72万円が2倍になったとしても144万円です。

144万円というと結構な大金のように聞こえますが、それでも老後に必要とされるお金(現在の物価や統計によると2000万円前後)には遠く及びません

そのため、もしあなたが、3000円投資を通じて老後や将来のお金に備えたいと考えるならば、

  • 家計を見直して、毎月の余剰資金を増やす
  • 余剰資金の一部を投資にまわすなど、毎月の投資額を3000円からもっと増やす

などの対応が必要です。

3000円投資生活は「リターンが少ない」

書籍「はじめての人のための3000円投資生活」で行う投資は、「インデックス投資」と呼ばれる投資手法です。

インデックス投資は、市場の平均的な成績を享受する代わりに、市場平均を大幅に超える、好成績を狙うことはできません(その代わり、市場平均を大幅に下回る悪い成績になることもありません)。

どういうことか、というと、例えば2017年に日本を湧かせたビットコインや仮想通貨のように、1年間で何十倍にも値上がりすることはまずないとお考えください。

3000円投資生活は「超」がつくほどの堅実な投資なのです。

  • 1年か2年でぼろ儲けすることはありません
  • その代わり、バブルが終わったビットコインのように、毎日10%単位で値下がりするようなこともありません

人生の起死回生には使えない

たまに、人生の起死回生をかけて投資を始める方がいらっしゃいますが、そういった投資を始めたければ、3000円投資ではなく、FXやビットコインを始めてください(ただし、そういう目的での投資はオススメしない)。

繰り返しますが、3000円投資生活は堅実な投資であり、人生の逆転をかけるものではありません

その代わり、継続していれば、ある程度の成果が約束されやすい点が、他の投資に対する優位点になります。

とにかく、大儲けしにくい代わりに、大損もしにくいのです。

バランスファンドは賛否両論

書籍「はじめての人のための3000円投資生活」では、

  • 世界経済インデックスファンド
  • eMAXIS 8資産均等型

の2つの投資信託を候補としてあげていますが、この2つはいずれも「バランスファンド」と呼ばれるカテゴリの商品です。

このバランスファンドというカテゴリは、初心者向きと推される一方で、初心者は選ぶべきではない、との意見もあります

ここから少し難しい話を書きます。

上級者向け:バランスファンドが賛否両論な理由

初心者向きな理由として、

  • 初めての投資家にとって考えるのが難しいアセットアロケーション(資産配分)を考える手間が省ける
  • たった1つの投資信託を買うだけでOK、という利便性のよさ

一方、反対意見として、

  • アセットアロケーション(資産配分)が直感的に分かりにくいので、自分がとっているリスクがわからない
  • 一般に、バランスファンドは信託報酬(運用期間中に生じるコスト)が高いものが多い

という点が挙げられています。

正直なところ、このあたりは個人の価値観や日々の生活に依存するものであり、「どちらが絶対的に良い」と言いきれるものでもありません

ここだけは誤解しないで欲しい点として、「バランスファンドに投資すると大損をする」みたいな話ではありませんので、人によって好き嫌いがあるものだ、と解釈していただければと思います

対案:バランスファンドがダメなら別のファンドを選べば良い

  • ニッセイ外国株式インデックスファンド
  • 野村つみたて外国株
  • 楽天全世界株式インデックスファンド

など、バランスファンド以外でも優れた商品もあります

バランスファンドの賛否両論を気にするなら、ここにあげた3つの商品などに3000円投資を行う手もあります。

書籍中で提案されている、「世界経済インデックスファンド」や「eMAXIS 8資産均等型」だけが3000円投資出来る商品、というわけではないので、バランスファンドが気に食わないなら別の商品を選べば良いのです(これらの違いを調べることが、投資信託を熟知する道に繋がります)。

配当金・株主優待といったイベントはありません

配当金や株主優待は、株式投資にはつきもののイベントです。

これらを楽しみに、投資を始める方もたくさんいらっしゃいます。

ですが、3000円投資で選択する商品は投資信託であり、企業の株式ではありません。

そのため、3000円投資生活において、配当金や株主優待といったイベントは無縁です。

表現を変えれば、「つまらない」ということですかね。

3000円投資を始めても、あなたの日常は大して変わらず、ただ「将来にむけて、投資信託を積み立てている」という事実が増えるだけです。

「借金?破産?過度の営業行為?」こういったデメリットはありません

逆に、「投資」によく持たれている、以下のようなデメリットとは無縁です。

  • 借金をして自己破産を行った
  • 退職金を大損して家族間での大きな揉め事に繋がった
  • 金融機関とトラブルになって裁判を行った
  • 毎日営業の電話がかかってきて仕事にならない

これはかつての先物取引とか、10年前以上の悪いイメージがそのまま引き継がれてるんですよね。

  • 3000円投資生活では借金をしませんので、運用に失敗して自己破産することもありません
  • 3000円投資生活では、最初の投資額は小さく抑えられるので、投資額が増えると同時に経験も積むことができます
  • 3000円投資生活では、スマホやパソコンからネット証券を利用できますので、金融機関の担当者と話す必要はありません
  • 3000円投資生活では、スマホやパソコンからネット証券を利用できますので、金融機関の押し売りにあうことはありません

上述のとおり、3000円投資を始めても、あなたの日常はそう変わりません

ただ「将来にむけて、投資信託を積み立てている」という事実が増えるだけです。

関連記事:もしも「3000円投資生活」に失敗するとどうなる?

まとめ

  • 3000円投資生活は非常に堅実な資産形成に取り組めるので、ビットコインやFXのように毎日大きな値動きを経験することはない
  • 書籍「はじめての人のための3000円投資生活」で紹介されている投資信託は「バランスファンド」と呼ばれ、賛否両論ある商品である
  • かつての先物取引などから定着した、投資の悪いイメージとは無縁である。借金もないし、営業員の押し売りとも無縁

繰り返しますが、3000円投資生活は良くも悪くも堅実な資産形成手法の1つです。

「資産形成って何をすればいいのかなー」って考えているあなたには特にオススメです。

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

3000円投資生活

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット