ダスキンの株主優待はどんな内容?モスフードサービスとの優待内容の比較も紹介!

\シェアしてください!/

ダスキンといえば、モップやマットなど掃除用品のレンタルをイメージする人が多いのではないでしょうか。

しかし、ダスキンの事業内容のひとつに「フードグループ」があり、あのミスタードーナツを展開しているのです。

また、ダスキンはモスフードサービスとも提携しているので、株主優待でミスタードーナツやモスバーガーの店舗が利用できます。
ミスタードーナツやモスバーガーが好きな方は、ぜひ保有しておきたい株主優待です。

今回はダスキンの株主優待の内容や、モスフードサービスとの優待内容の比較を紹介します。

スポンサーリンク

ダスキン株式の概要

ダスキン株式の概要
証券コード4665
最近の株価1株2,676円
最新の株価はヤフーファイナンス
売買単位100株
最低投資額267,600円 + 証券会社固有の買付手数料
権利確定月3月・9月
2018年3月27日
2018年9月25日
株主優待(2017年実績)
配当金(2017年実績)
公式サイト株主・投資家情報|株式会社ダスキン

2018年04月12日現在。

ダスキン株主になるには

ダスキンの株主優待や配当金をもらうには、ダスキンの株主になる必要があります。株主になる手順は以下の通りです。

  1. 証券会社で口座を開設する
  2. ダスキンの株式を100株購入する
  3. 権利確定日(3月末、9月末)まで株式を保有し続ける
  4. 権利確定日の数ヶ月後に優待品、配当金を受け取る

ダスキンの株価(2018年4月12日現在)は1株2,676円なので、100株購入するために必要なお金は約27万円です。

配当金の受取は「株式数比例配分方式」を選ぶと証券口座、「登録配当金受領口座方式」なら銀行口座に入金してもらえます。

ちなみに、2018年の配当金額は1株40円と予想されており、100株保有で年間4,000円の配当がもらえる見込みです。

ダスキンの株主優待の内容

次に、ダスキンの株主優待の内容を確認していきましょう。

ダスキンの株主優待の内容
保有株数保有継続期間3年未満保有継続期間3年以上
100株以上株主優待券 年間2,000円分
(500円券×2枚を年2回)
株主優待券 年間3,000円分
(500円券×3枚を年2回)
300株以上株主優待券 年間4,000円分
(500円券×4枚を年2回)
株主優待券 年間5,000円分
(500円券×5枚を年2回)

ダスキンの株主になると、ダスキン関連サービスに利用できる株主優待券が年2回もらえます。

保有株数によってもらえる金額が変わり、保有継続期間が3年以上になると優待内容がアップする長期株主優遇もあります。

保有株数を100株から300株(3倍)に増やしても、優待内容は3倍にならないことに注意が必要です。優待利回りだけを考えると、100株保有がお得でしょう。

株主優待券の発行は、3月基準が6月下旬~7月上旬(基準日が属する年の有効期限12月31日)、9月基準が11月下旬~12月上旬(基準日が属する年の翌年の6月30日)です。

株主・投資家情報|株主優待|株式会社ダスキン(公式サイト)

株主優待券はモスバーガーやミスタードーナツなどで使える

ダスキンの株主優待券は、モスバーガーやミスタードーナツなどの店舗で使えます。

ダスキン(ミスタードーナツ事業)とモスフードサービス(モスバーガー事業)が、資本・業務提携契約を締結しているからです。

株主優待券は1枚500円分なので、会計時に1枚500円の買い物券として使えます。おつりは出ないので注意してください。

その他には清掃用品のレンタル、エアコンなどのお掃除サービス、家事代行サービス、介護用品のレンタルなどでも使用できます。

株主優待券を利用できる商品やサービスの詳細は、下記リンクをご確認ください。

ご利用いただけるサービス・店舗|株主優待|株式会社ダスキン(公式サイト)

気になる利回りは?

ダスキンの優待利回りは、約0.7%(1,000円×年2回÷267,600円)です。

株式を3年以上保有して長期株主になると、利回りは約1.1%(1,500円×年2回÷267,600円)まで上昇します。

また、配当利回りは約1.5%(2,000円×年2回÷267,600円)あるので、配当+優待利回りは約2.2%、長期株主なら約2.7%となかなかの利回りです。

モスバーガーやミスタードーナツをよく利用するなら、長期保有もありだと私は考えます。

モスフードサービスとの優待内容比較

モスバーガーを運営するモスフードサービスも優待を行っているので、ここでは、ダスキンとモスフードサービスの優待内容を比較してみましょう。

モスフードサービスの優待内容

モスフードサービス(8153)の株価は1株3,230円(2018年4月12日終値)で、売買単位は100株です。

モスフードサービスの株主になるには、100株の購入で約33万円が必要です。

モスフードサービスの株主優待の内容
保有株数優待内容
100株以上500株未満年間2,000円分(500円×2枚を年2回)
500株以上1,000株未満年間10,000円分(500円×10枚を年2回)
1,000株以上年間20,000円分(500円×20枚を年2回)

株主になると年2回株主優待券がもらえ、ダスキンと同じく、モスバーガーやミスタードーナツなどの店舗で使えます。

優待内容は100株以上で年間2,000円分、500株以上で年間10,000円分、1,000株以上で年間20,000円分の株主優待券です。

保有株数が5倍、10倍になると、もらえる優待券も5倍、10倍に増えるので、100株、500株、1,000株のいずれかで保有するのがお得です。

株主優待制度|IR情報|株式会社モスフードサービス(公式サイト)

ダスキンとモスフードサービスの優待内容の違い

ダスキンとモスフードサービスの優待内容を比較すると、100株で年間2,000円分(500円券×2枚を年2回)の株主優待券をもらえるのは同じです。

一方、内容が異なるのは以下の2点です。

  • ダスキンは保有株数を3倍にしても、もらえる株主優待券は2倍しか増えない。モスフードサービスは保有株数を5倍、10倍にすると、もらえる株主優待券も5倍、10倍に増える。
  • ダスキンは3年以上の長期保有で優待内容がアップするが、モスフードサービスには長期保有による優遇はない。

このことから、優待をお得にもらうにはダスキンは100株、モスフードサービスは100株、500株、1,000株いずれかの保有がおすすめです。

ダスキンとモスフードサービスどちらを選ぶべき?

では、ダスキンとモスフードサービスのどちらを選べばよいのでしょうか。私はダスキンを選ぶべきだと考えます。理由は以下の3つです。

  • ダスキンのほうが、株価が低くて買いやすい
  • ダスキンのほうが、利回りが高い
  • 両社ともに自己資本比率は75%超と安定しているので、利回りが高いダスキンを選ぶ

100株を購入するのに必要なお金は、ダスキンは約27万円ですが、モスフードサービスは約33万円かかります。

また、ダスキンは配当+優待利回りが約2.2%(3年以上保有なら約2.7%)ありますが、モスフードサービスは約1.4%(配当利回り約0.8%、優待利回り約0.6%)しかありません。

両社ともに自己資本比率は75%を超えており、財務は安定しているので、最低投資額が少なく、利回りが高いダスキンを選ぶべきだという考えです。

ただし、2018年4月12日現在の数字をもとに判断しているので、実際に購入する場合は、購入時点の株価や利回りを確認して判断する必要があるでしょう。

ダスキンの株主優待体験談

最後に、私のダスキン株主優待の体験談を紹介します。

私はモスバーガーが大好きなので、モスバーガーで株主優待券が利用できるダスキン株を100株購入しました。

いつも注文するセットメニューが500円以上するので、株主優待券1枚(500円分)と現金で支払います。

優待券があると「とびきりハンバーグサンド」など、いつもはちょっと贅沢かなと思うメニューも頼みやすいと感じます。

また、年1回ではなく、年2回もらえるのも個人的には気に入っています。

ダスキンはモスバーガー好きにはおすすめの優待です。長期保有で優待内容がアップするので、応援する気持ちで長期保有するのもよいのではないでしょうか。

まとめ

  • ダスキンの株主優待をもらうチャンスは年2回。3月末と9月末の権利確定日までに100株以上購入すればもらえる
  • ダスキンの株主優待券はミスタードーナツやモスバーガーなどの店舗で利用できる。清掃用品のレンタルや家事代行サービスなどでも利用可能
  • モスフードサービスも株主優待を行っているが、ダスキンがおすすめ。ダスキンのほうが、最低投資額が低くて利回りが高い

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

株主優待

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット