投資信託

スポンサーリンク
投資信託

米国債100%で運用する投資信託(米国債ファンド)を買ってはダメ!問題点と対策を紹介

米国債に投資する投資信託に関心がありますか? この記事では、米国債に投資できる投資信託の種類と特徴を紹介します。 残念ながら、現在購入できる米国債ファンドは、私たちが投資する商品としては優れていないようです。そこで、それ...
3000円投資生活

資産運用は「3000円投資生活」と「つみたてNISA(積立NISA)」だけでも結構なんとかなる

横山光昭氏が執筆された書籍「3000円投資生活」は、2016年発売ながら、2018年現在も売れ続けるベストセラーです。何より、「3000円投資生活」というキャッチーなネーミングがとても素晴らしいと思います。 本書が販売されてか...
投資信託

質問「運用成績のイマイチな投資信託への投資はやめるべきですか」

2018年5月に投資信託に関する質問を受けたのですが、これが諸事情につき返信できなかったため、後学のためにもここに紹介したいと思います。 はじめまして。いつも参考にさせていただいています。 最近投資信託をはじめた初心者です。初心者...
NO IMAGE 投資信託

投資信託のリスクリターンで運用成績はどの程度変わるのか?

リスクとリターンが違うと投資信託の運用成績はどの程度変わるのか。算数であなたの資産運用をシミュレートします
投資信託

投資信託の積み立てで失敗することってある?

「初心者向けの投資」とも言われる積立投資でも運用失敗はありえます。例えば、常に時価が下がりいく投資信託に積み立てると、損失を抱えたまま償還を迎える可能性があります。失敗しそうなファンドの種類と主に、積立投資で失敗しないための商品選びを紹介
NO IMAGE 投資信託

銀行で投資信託を購入すると失敗する5つの理由と3つの対策

銀行での投資信託失敗談が多い背景には、投資信託の商品性を理解しない「無知」な個人投資家と、そこにつけこむ銀行という関係があります。私達が投資信託に対する正しい知識や理解を身につけることで、銀行での運用失敗談は回避できるのです
NO IMAGE 投資信託

ボーナスで投資信託を買おう。何かオススメある?

2018年現在で有名な投資信託を、リスクの低いものから高いものまで、ボーナスでの投資に適した具体的な商品名を挙げて紹介します!
NO IMAGE 3000円投資生活

SBI証券で3000円投資生活を始めよう。ポイントもついてちょっぴりお得

SBI証券を利用して「3000円投資生活」を始める方法を紹介。ネット証券最大手ならではの大規模なキャンペーンや、SBIポイントなどお得なポイント制度を活用し、「8年間で1000万円」目指して投資を始めてみよう
NO IMAGE 投資信託

ローリスクローリターンな3つの投資信託を選ぼう!

ローリスクローリターンな投資信託を購入したいなら、債券で運用する商品を選ぼう。この記事では、債券で運用されるローリスクな投資信託を3つ紹介し、どの程度ローリスクローリターンなのか、シミュレーション結果とともに紹介します
NO IMAGE 3000円投資生活

スマホでもOK!「3000円投資生活」を楽天証券で始める方法

楽天証券を利用して「3000円投資生活」を始める方法を紹介。特に楽天グループで使われている楽天スーパーポイントを上手く活用すると、資産形成のスピードは加速するんです
3000円投資生活

「はじめての人のための3000円投資生活」に基づく少額投資の始め方

2016年にベストセラーになった「3000円投資生活」を利用して、あなたの資産形成を始めよう!毎月投資信託を買うだけなので簡単。今なら「つみたてNISA」を利用した非課税制度も利用できます
NO IMAGE 3000円投資生活

教えてください!「3000円投資生活」のデメリットはなんですか?

2016年にベストセラーになった「3000円投資生活」。書籍中では語られていないデメリットや、あなたが心配しているであろう投資に悪いイメージについて、「本当のところ」を紹介します
NO IMAGE 3000円投資生活

もしも「3000円投資生活」に失敗するとどうなる?

投資初心者向けの「3000円投資生活」。でも、投資って借金とか自己破産とか怖い話ってあるじゃん?と思ったら。あなたの考える投資の不安について回答します
NO IMAGE 3000円投資生活

eMAXIS 8資産均等型を利用した「3000円投資生活」の始め方

横山光昭氏のはじめての人のための3000円投資生活を参考に、同書で紹介されていたeMAXIS 8資産均等型の積立投資を考えます。
NO IMAGE 投資信託

投資信託で失敗はイヤだ!成功したいなら知るべきただ1つの事柄

失敗したくなければもっと長く運用しよう!多くの個人投資家が投資信託で上手くいかないのは平均保有年数2~3年という短さゆえ。運用期間は長いほうが有利です
スポンサーリンク