一般NISA

スポンサーリンク
NO IMAGE 一般NISA

NISAを使った初めての資産運用方法。利益が非課税になっておトクだよ

資産運用を始めるなら、税金がおトクになるNISAのことはチェックしておこう。2018年現在、一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの3つの制度があります。特につみたてNISA(積立NISA)はサラリーマンと相性がよく、これから資産形成を始めるときに最適な制度なんです。類似のiDeCoとともに紹介します
NO IMAGE 一般NISA

NISAで株の取引手数料無料ってどういうこと!?

SBI証券、楽天証券、マネックス証券、松井証券のネット証券4社は現行のNISA制度下で株式取引手数料を無料に設定しています。ローコストに取引したい私たちにとってはありがたいキャンペーンです
NO IMAGE 一般NISA

NISAで借金を背負うことはある?

NISAを利用した運用で借金を背負うことはあるか、という疑問に回答します。制度上借金を背負うことはありませんが、自発的な借金には注意を要します。
NO IMAGE 一般NISA

NISAってどう?1年ぐらい使ってみて

1年間以上NISAを使ってみましたので、その使い勝手や感じたことをまとめたいと思います。難点に感じる部分はありますが、筆者はおおむねNISAの使い心地には満足しています。
NO IMAGE 一般NISA

NISAっていくらから始めることができるの?

いくらからNISAを始めるかは、あなたがいくら投資をしたいか、にかかっています。制度的な縛りは、上限が120万円ということだけです。
NO IMAGE 一般NISA

NISAとはどんな制度?メリットとデメリットは?

10万円資産運用のような少額投資では、NISA(少額投資非課税制度)は有効な制度です。課税されない分だけ利幅を大きくすることができるからです。
スポンサーリンク