ロボアド(ロボットアドバイザー)

ロボアド(ロボットアドバイザー) ロボアド(ロボットアドバイザー)

ロボアド(ロボットアドバイザー)とは、IT技術を利用して投資信託やETF(上場投資信託)の売買やメンテナンス(リバランス)を自動化したツールです。サービスにもよりますが、最低1万円~10万円ほどから始めることができます。

ロボアドのメリットはすべてが自動化され、かつ運用の手間がかからないこと。その代わり、手数料が高く、運用の融通が利かない(いくつかのポートフォリオを選ぶしかない)といったデメリットもあります。

2019年8月現在、すべてのロボアドがNISAやiDeCoに未対応です。非課税制度を利用できない、という理由も考慮すると、筆者個人は積極的に選ぶ必要は無いと考えます。

スポンサーリンク
ロボアド(ロボットアドバイザー)

【ウェルスナビ】資産が増えないとき。そもそも「すぐに増えていくものではない」点を知っておこう

この記事では「ウェルスナビに投資したお金ってすぐに増えないの?」と思っているあなたに、ウェルスナビの根本的な仕組みや運用の方針を解説します。ウェルスナビは、 あなたの投資損益は、ウェルスナビが投資している海外ETFの価...
つみたてNISA

【ウェルスナビ】つみたてNISAとの違い。併用はOK?NG?どちらを優先すべき?

結論から述べると、つみたてNISAとウェルスナビの運用で迷ったら、つみたてNISAを優先して考えることをオススメします。 非課税制度の有無 手数料の高低 の2つの条件でつみたてNISAは有利だからです。 ...
ロボアド(ロボットアドバイザー)

【ウェルスナビ】運用を検討している人に知ってほしい、商品の特徴や注意点など

この記事では、ウェルスナビでの運用に関心を持っているあなたに、ウェルスナビの基本的な事柄やメリット・デメリットを紹介したく思います。 ネットでも言われているように、ウェルスナビは手数料が高額な一方で、運用そのものは極めて簡単(...
ロボアド(ロボットアドバイザー)

【ウェルスナビ】バランスファンドとの比較。本当にロボアドの運用が必要?

ウェルスナビは複数の資産に一括で投資している点で、投資信託の「バランスファンド」と呼ばれる商品に近い特徴を持っています。 バランスファンドとは、1つのファンドの中で複数の資産に分散投資をすることです。 値動きの異なる複数の資産を...
ロボアド(ロボットアドバイザー)

【ウェルスナビ】おすすめのリスク許容度はどれか?過去実績から考えてみた

結論から述べると、ウェルスナビのオススメリスク許容度は「3」です。「1」でも良いのですが、ウェルスナビの高額な手数料の影響も無視できません。 この記事では、リスク許容度3(もしくは1)を提案する理由を紹介します。過去の実績に基...
ロボアド(ロボットアドバイザー)

【ウェルスナビ】リスク許容度5の特徴。損失覚悟で利益を取りに行くポートフォリオ

この記事では、ロボアド「ウェルスナビ(WealthNavi)」のリスク許容度5について語ります。結論から述べると、以下のような話をします。 リスク許容度5は価格変動(リスク)の大きいポートフォリオ。個人的には価格変動の...
ロボアド(ロボットアドバイザー)

【ウェルスナビ】リスク許容度4の特徴。個人的にはややバランスが悪い配分と感じる

この記事では、ロボアド「ウェルスナビ(WealthNavi)」のリスク許容度4について語ります。結論から述べると、以下のような話をします。 リスク許容度4はいわゆるハイリスクハイリターン。個人的にはややバランスが悪いポ...
ロボアド(ロボットアドバイザー)

【ウェルスナビ】リスク許容度3の特徴。老後資産の形成にはバランスのよい組み合わせ

この記事では、ロボアド「ウェルスナビ(WealthNavi)」のリスク許容度3について語ります。結論から述べると、以下のような話をします。 リスク許容度3はリスクを抑えた株式ファンド相当。5段階中の3なので「中間的」で...
ロボアド(ロボットアドバイザー)

【ウェルスナビ】リスク許容度2の特徴。投資初心者が選ぶならせいぜい「2」ぐらいまで

この記事では、ロボアド「ウェルスナビ(WealthNavi)」のリスク許容度2について語ります。結論から述べると、以下のような話をします。 リスク許容度2は超長期の米国債(20年超)相当の運用。株式ほどではないが、ミド...
ロボアド(ロボットアドバイザー)

【ウェルスナビ】最大のデメリットは手数料の高さ。今後のサービスの強化に期待したい

この記事では、ロボアド「ウェルスナビ(WealthNavi)」の手数料について語ります。結論から述べると、以下のような話をします。 ウェルスナビの手数料「年1%」は高い部類。投資では手数料にこだわることが成功の秘訣であ...
ロボアド(ロボットアドバイザー)

【ウェルスナビ】リスク許容度1はあまりお金が増えない?いやいや大損するよりマシでしょ??

この記事では、ロボアド「ウェルスナビ(WealthNavi)」のリスク許容度1について語ります。結論から述べると、以下のような話をします。 リスク許容度1は米国債(7~10年)相当の運用。様々な金融商品と比較しても、損...
ロボアド(ロボットアドバイザー)

【キャンペーン】THEOに10万円以上入金すると現金プレゼント(2018年8月31日まで)

ボーナスの運用先をドコにしようかな?と迷っているなら、ロボアドはいかがでしょうか? ロボアドの二大サービスのうちの1つである「THEO」では、10万円以上入金で現金プレゼントのキャンペーンを実施中!2018年8月31日までなの...
ロボアド(ロボットアドバイザー)

資産運用に「ロボアド」が必要ない3つの理由

WealthNaviにTHEO、楽ラップやマネックスアドバイザーなど、近年は様々な「ロボアド(ロボアドバイザー)」が登場してきました。私たち個人投資家にとっては、「どのロボアドが良いのか」が悩みの種になっている気もしますが、それ以前...
ロボアド(ロボットアドバイザー)

マネックス証券のMSV LIFEを利用したお手軽資産運用

MSV LIFEとはマネックス証券が運営するロボアドバイザー(ロボアド)とファンドラップを組み合わせた投資一任サービス。毎月1万円から誰でも手軽に資産運用を開始できます。
ロボアド(ロボットアドバイザー)

マネックス証券「MSV LIFE」を利用したコアサテライト戦略

コアサテライト戦略を参考にMSV LIFE(マネラップ)と株式や配当金を狙う運用例を考えます。確定拠出年金との併用も有効ですが、資金の割り振りには注意を要します
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました