米国株投資

スポンサーリンク
米国株投資

【海外ETF】「HDV(iシェアーズ・コア 米国高配当株 ETF)」の実際を語っていきます【4年保有実績あり】

インデックス投資を始めると、いろいろなサイトで「海外ETF」という言葉をみるようになります。 そんな中で異彩を放つ高配当ETFという商品をご存知でしょうか。私は2014年10月に買付したHDV(iシェアーズ・コア 米国...
米国株投資

海外ETFの特徴と魅力。全世界に投資してみたいあなたへ

投資を始めると、いろいろな個人ブログなどで「海外ETF」という聞きなれない言葉を見るようになります。「海外ETFで儲けている個人がいる」と聞くと、なんだか関心を持ちませんか? 例えば、つみたてNISAで人気の投資信託は「楽天・全世界株...
米国株投資

【2018年11月】SBI証券で米国株式・ETFの定期買付手数料キャッシュバックキャンペーン中!

SBI証券では、2018年11月1日から2018年12月31日まで米国株式・米国ETFの取引手数料キャンペーンを実施中!米国株式・米国ETFをお得に購入するチャンスです。 今回は「定期買付」のみキャンペーンが適用されます。要す...
米国株投資

【海外ETF】VT(バンガード・トータル・ワールド・ストック)を用いた究極のインデックス投資

VT(バンガード・トータル・ワールド・ストック)はおそらく、日本で特に有名な海外ETFの1つです。「47カ国の約8000銘柄に投資する」という分散性の高さは、「インデックス投資の究極」と述べても良いと思います。 VTを選ぶメリットは、...
米国株投資

【海外ETF】iシェアーズ MSCI ACWI ETFを利用して全世界分散投資で資産を築く方法

米国市場に上場するiシェアーズ MSCI ACWI ETF(ティッカー:ACWI)は先進国23か国と新興国23か国が投資対象。たった1つでアメリカや日本、中国などへの世界分散投資を実現します。複利を利用した長期投資に適した銘柄の1つです。
米国株投資

グーグル(Alphabet)の株式を購入する2つの方法

グーグルに投資するには、現在上場するAlphabetという持ち株会社の株式を買います。議決権の有無で異なる2つの株式があり、日本から購入するならば、議決権のないAlphabet クラスC(ティッカー:GOOG)が相対的に安価でオススメです。
米国株投資

アメリカを通じてEUや新興国に投資する方法 -ADRを利用した株式売買-

米国市場にはADR(American Depositary Receipt:米国預託証券)を利用して上場する海外企業が存在します。日本企業、ヨーロッパの有名企業、新興国の成長著しい企業などが上場しており、この仕組みを知ることで世界への投資の幅が広がります。
米国株投資

アメリカ株(米国株)投資の始め方

10万円資産運用において、実は有力な投資対象が米国株式だったりします。単元制度で投資単価が高い日本株式と異なり、1株から投資できる米国株式は数十ドルや数百ドルといった価格で買い付け可能です。
株式投資

米国債ETF(東証上場 + 海外ETF)の比較と実際に買うまでの流れ

1万円以内というリーズナブルな価格で米国債(+米国社債)に投資を行うならば、日本市場に上場するETFや投資信託へ投資するのが良いです。よりリスクを抑えるならば、為替ヘッジが行われているファンドを選択します。
米国株投資

海外ETFの取引は少額の1万円から。手数料負けしなくなったよ!

結論から述べると、海外ETFの多くは1口1万円以内で購入できます。今なら手数料も最低無料(購入金額の0.45%)とかなり低コストですので、わざわざ大金を用意する必要はなくなりました。 毎月、お小遣いを利用して1口ずつ買...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました