VOO

スポンサーリンク
米国株投資

【海外ETF】SPYD(SPDRポートフォリオS&P500高配当株式ETF)の分配金で副収入作り始めました

言いたいことは表題で全てです。ここ数年の筆者はいわゆる「インデックス投資」を志向してきましたが、最近になって思うことは「やっぱり分配金って欲しい!!」ということでした。そんなとき、筆者友人であるななしさんの氷河期ブログを見て、「SP...
米国株投資

海外ETFを使った資産運用の始め方。個人投資家に人気の有名銘柄や体験談など一挙に解説

主に米国市場に上場するETF(海外ETF)は、商品の種類の多さと取引量の多さが魅力。2019年7月にマネックス証券、SBI証券、楽天証券が相次いで最低取引手数料を0円に引き下げたため、少額の投資でも気軽に購入できるようになりました。...
米国株投資

【海外ETF】VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)の特徴。アメリカ株を全てカバーする優良銘柄!

結論から述べると、VTI(バンガード・トータル・ストック・マーケットETF)はVOO同様に米国株の成長に賭けたい投資家にとって便利な銘柄の1つです。過去の株価を比較する限りは、VTIとVOOは相関性が極めて高いので、どちらを選んでも...
米国株投資

【海外ETF】VOO(バンガードS&P500 ETF)の特徴。驚愕の経費率でアメリカ株に投資できる優良銘柄!

結論から述べると、VOO(バンガードS&P500 ETF)は米国株の成長に賭けたい投資家にとって便利な銘柄の1つです。2019年以前は海外ETFの取引手数料はまだ高額でしたが、2019年に入りSBI証券、楽天証券、マネックス...
米国株投資

【海外ETF】VT(バンガード・トータル・ワールド・ストック)を用いた究極のインデックス投資

VT(バンガード・トータル・ワールド・ストック)はおそらく、日本で特に有名な海外ETFの1つです。「47カ国の約8000銘柄に投資する」という分散性の高さは、「インデックス投資の究極」と述べても良いと思います。 VTを選ぶメリットは、...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました