10万円から始める少額資産運用サイト In Stock

MMF(マネーマネージドファンド)で行う少額資産運用

円預金や外貨預金に似た性質を持つ金融商品がMMFです。 投資未経験者にはなかなかなじみの薄い商品ですが、安全性が高く、実は利便性の高い商品でもあります。

MMFには日本円MMFと外貨建てのMMFがあります。 前者はマイナス金利の影響で募集が止まってしまいましたが、一方で後者は低リスク商品として選択可能です。

外貨建てのMMFのリスクは為替変動による元本割れリスクです。 詳しくは各記事にて紹介します。

公開:2016年05月28日 最終更新:2016年05月28日

[広告]

コンテンツリスト

外貨建てMMFで資産運用!外貨預金に似た低リスクが魅力!

外貨建てMMFで資産運用!外貨預金に似た低リスクが魅力!

[MMFで行う少額資産運用編]

外貨建てMMFで資産運用!外貨預金に似た低リスクが魅力!

MMFは初めて資産運用される方には馴染みが無い商品ですが、CPやCDと呼ばれる短期の債券で運用される投資信託の一種です。 海外ETFへの投資を視野に、米ドルMMFでの運用なんかはオススメです。

外貨建てMMFの積立投資でお手軽資産運用

外貨建てMMFの積立投資でお手軽資産運用

[MMFで行う少額資産運用編]

外貨建てMMFの積立投資でお手軽資産運用

SBI証券で2016年6月4日以降に開始予定の外貨建てMMFの積立投資サービスについて紹介します。 5,000円から投資できる、低リスクで気軽に投資できる商品です。

上に戻る

MMFのおすすめポイント

投資未経験者にはなかなか知られていないMMF(マネーマネジメントファンド、Money Management Fund)は、外貨預金と似た低リスクの金融商品です。 特に2016年のマイナス金利政策の影響で、外貨MMFは日本円の定期預金や国債に代わる運用商品の1つになりました。

MMFは、その実態は投資信託です。 安全性の高い短期債券で運用されるために、特に日本円MMFは元本が割れにくいのが特徴です。

一方、外貨MMFは外国為替の変動に伴うリスクがあります。 こちらは比較的簡単に元本が割れます。

筆者は、少なくとも米ドルMMFへの投資はオススメしたいと考えています。 最悪、円が極端な円安に進んでも、米ドルを持っていることでリスクヘッジできるからです。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

インタビュー記事

SBI証券インタビュー

SBI証券に株主優待からロボアド、ビットコインまで徹底インタビュー!

岡三オンライン証券インタビュー

岡三オンライン証券に株主優待から「#カブトレンド」、100円投信まで徹底インタビュー!

取材記事

国内ETFの魅力と未来

マネックス、東証、ブラックロック・ジャパンが考える国内ETFの魅力と未来

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うようお願いいたします。