10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

その他資産運用関連コラムなど

投資に関わる周辺知識的なものをまとめました。

公開:2015年02月01日 最終更新:2017年03月03日

[広告]

コンテンツリスト

株式や投資信託などの取引で借金するのはなぜ?

株式や投資信託などの取引で借金するのはなぜ?

[その他資産運用関連コラムなど]

株式や投資信託などの取引で借金するのはなぜ?

投資で怖いのが借金をしたり、最悪破産に追い込まれたりすることだと思います。ここでは、どのような商品への投資がリスクが高いかをご紹介します。

退職後にお金が無い?資産運用だ!と言う前に考えて欲しいこと

退職後にお金が無い?資産運用だ!と言う前に考えて欲しいこと

[その他資産運用関連コラムなど]

退職後にお金が無い?資産運用だ!と言う前に考えて欲しいこと

退職後にお金が無いからと安易に投資を始めるのは危険です。もし投資を始めたいのであれば、最初は少額での運用がお勧めです。

複利と単利でよりお金がたまるのはどっち?

複利と単利でよりお金がたまるのはどっち?

[その他資産運用関連コラムなど]

複利と単利でよりお金がたまるのはどっち?

単利と複利という考え方があります。お金を増やすならば複利での運用がおすすめです。

筆者が年齢別資産運用例を考えるなら

筆者が年齢別資産運用例を考えるなら

[その他資産運用関連コラムなど]

筆者が年齢別資産運用例を考えるなら

筆者は生活費の6か月分か資産の50%を預金で保有し、残りを株式や投資信託に投じるのが良いと考えています。

投資って儲かるの?

投資って儲かるの?

[その他資産運用関連コラムなど]

投資って儲かるの?

様々なアンケート結果や、筆者の運用状況も考えると投資はお金を増やす良い手段の1つだと考えています。 ただし、必ず儲かると言って近づいてくる人には注意が必要です。

株やFXで失敗したら自己破産できるの?

株やFXで失敗したら自己破産できるの?

[その他資産運用関連コラムなど]

株やFXで失敗したら自己破産できるの?

株式やFXでの借金は自己破産の対象にならないと考えられていますが、事情を考慮し認められる場合もあります。 困ったら、まずは弁護士に相談するのが最良です。

投資を経験して変わったこと

投資を経験して変わったこと

[その他資産運用関連コラムなど]

投資を経験して変わったこと

預貯金の残高の絶対値ばかりに目がいきがちですが、是非10万円程度の資金を動かしてみることをオススメしたいです。 また、あなたが将来起業や経営者を目指すにしても投資を体験することをオススメします。 資産運用は良い勉強になります。

投資や資産運用に興味があるけどお金が無い!どうすれば?

投資や資産運用に興味があるけどお金が無い!どうすれば?

[その他資産運用関連コラムなど]

投資や資産運用に興味があるけどお金が無い!どうすれば?

お金が無いのは、収入が少なすぎるか支出が多すぎるかのどちらかです。 あなたが貯金も何も無いのであれば、今の収入と支出を見直すことをお勧めいたします。

投資や資産運用を始めるときは誰に相談すればいいの?

投資や資産運用を始めるときは誰に相談すればいいの?

[その他資産運用関連コラムなど]

投資や資産運用を始めるときは誰に相談すればいいの?

投資や資産運用を始めるにあたって、誰かに相談したいという考えは良くわかります。 ただ、相談相手は慎重に選ぶべきです。 特に相談相手があなたと利害関係にある場合は注意が必要です。

広告

広告

上に戻る

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インタビュー記事

SBI証券インタビュー

SBI証券に株主優待からロボアド、ビットコインまで徹底インタビュー!

岡三オンライン証券インタビュー

岡三オンライン証券に株主優待から「#カブトレンド」、100円投信まで徹底インタビュー!

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。