10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

公開:2018年01月06日 最終更新:2018年01月06日

クイズで覚える「つみたてNISA」類似制度との違いをチェック!

クイズで覚える「つみたてNISA」

2018年から始まった「つみたてNISA」。あなたはもう利用していますか?

このページでは「つみたてNISA」に関するクイズを計7問紹介。あなたの勉強にお役立てください!

クイズの採点結果はぜひあなたのお友達にもシェアしてね!資産運用やつみたてNISAに興味がある人と繋がって、楽しい投資を始めよう!

クイズの答え合わせはページ後半にて

本クイズの間違いやご意見、お問い合わせなど、お気づきの点がありまたら、「web-support■instock-ex.net (■を@へ)」もしくはツイッターアカウントへお知らせください。

クイズ(全7問)

「つみたてNISA」口座を複数保有することはできる?

「つみたてNISA」と確定拠出年金(iDeCo)。両方使っていい?

「つみたてNISA」と「一般NISA(2014~)」。両方使っていい?

「つみたてNISA」と「変額年金保険」。両方使っていい?

2017年に特定口座で購入した投資信託。「つみたてNISA」預かりに変更できる?

2017年に「一般NISA」口座で購入した投資信託。「つみたてNISA」預かりに変更できる?

「つみたてNISA」と「積立定期預金」。両方使っていい?

あなたの正解率は・・・

図形を表示するには、canvasタグをサポートしたブラウザが必要です。

クイズの答えと解説

クイズで覚える「つみたてNISA」答え合わせ

「つみたてNISA」口座を複数保有することはできる?

  • できない
  • できる
  • 手数料を支払えばできる

正解は1番の「できない」。「つみたてNISA口座」は、日本全国を通じて、たった1つの金融機関のみに開設できる口座です。

「あちこちに開設して、好みのところを使っていく」といった使い方はできませんので、ご注意ください。

ただし、開設後に口座を他の金融機関に移管することは可能です。その場合には、移管手続きが必要になりますので、ちょっと面倒です。

「つみたてNISA」と確定拠出年金(iDeCo)。両方使っていい?

  • 条件を満たした人だけ両方使うことができる
  • 誰でも両方使うことはできない
  • 誰でも両方使うことができる

正解は3番の「誰でも両方使うことができる」。「つみたてNISA」と確定拠出年金(iDeCo)は別の制度ですので、同時利用可能です。

「つみたてNISA」と「一般NISA(2014~)」。両方使っていい?

  • 条件を満たした人だけ両方使うことができる
  • 誰でも両方使うことはできない
  • 誰でも両方使うことができる

正解は2番の「誰でも両方使うことはできない」。「つみたてNISA」と「一般NISA(2014~)」は選択制であり、両方同時に利用することはできません。

ただし、2017年までは「一般NISA」を利用し、2018年からは「つみたてNISA」を利用するといった使い方は可能です。その場合、「一般NISA」で購入していた株式や投資信託などを売却する必要はありません。

「つみたてNISA」と「変額年金保険」。両方使っていい?

  • 条件を満たした人だけ両方使うことができる
  • 誰でも両方使うことはできない
  • 誰でも両方使うことができる

正解は3番の「誰でも両方使うことはできる」。「つみたてNISA」と変額年金保険は別の商品ですので、同時利用可能です。

資産形成という観点では「つみたてNISA」のほうがオススメです。

2017年に特定口座で購入した投資信託。「つみたてNISA」預かりに変更できる?

  • 40万円分までできる
  • 800万円分までできる
  • 一切できない

正解は3番の「一切できない」。特定口座や一般口座などの「課税口座」から「つみたてNISA」口座への変更(移管)は一切できません。

逆に、「つみたてNISA」から「課税口座」への移管も一切できません。

2017年に「一般NISA」口座で購入した投資信託。「つみたてNISA」預かりに変更できる?

  • 40万円分までできる
  • 800万円分までできる
  • 一切できない

正解は3番の「一切できない」。特定口座や一般口座などの「課税口座」から「つみたてNISA」口座への変更(移管)は一切できません。

逆に、「つみたてNISA」から「課税口座」への移管も一切できません。

「つみたてNISA」と「積立定期預金」。両方使っていい?

  • 条件を満たした人だけ両方使うことができる
  • 誰でも両方使うことはできない
  • 誰でも両方使うことができる

正解は3番の「誰でも両方使うことはできる」。「つみたてNISA」と積立定期預金は別の商品ですので、同時利用可能です。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

株や投資信託の取引方法を解説する、投資初心者向けの動画を配信中!チャンネル登録もよろしくお願いします!

更新状況配信しています

更新状況やちょっとした小ネタを配信していますので、是非フォローをお願いします!

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

カテゴリーリンク

インタビュー記事

SBI証券インタビュー

SBI証券に株主優待からロボアド、ビットコインまで徹底インタビュー!

岡三オンライン証券インタビュー

岡三オンライン証券に株主優待から「#カブトレンド」、100円投信まで徹底インタビュー!

機関投資家の仕事内容を教えてください!FPの戸田薫さんにインタビュー!

機関投資家の仕事内容を教えてください!FPの戸田薫さんにインタビュー!

ファイナンシャルプランナーに相談する方法を教えてください!元・機関投資家でFPの戸田薫さんにインタビュー!

ファイナンシャルプランナーに相談する方法を教えてください!元・機関投資家でFPの戸田薫さんにインタビュー!

取材記事

国内ETFの魅力と未来

マネックス、東証、ブラックロック・ジャパンが考える国内ETFの魅力と未来

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。

ご意見・お問い合わせは「web-support■instock-ex.net ■を@へ」へお知らせください。