• トップページ
  • つみたてNISA
  • SBI証券の現金があたる「つみたてNISA」口座開設キャンペーンに参加しよう!(2017年12月29日まで)

公開:2017年10月15日 最終更新:2017年10月15日

SBI証券の現金があたる「つみたてNISA」口座開設キャンペーンに参加しよう!(2017年12月29日まで)

SBI証券の現金があたる「つみたてNISA」口座開設キャンペーン

2018年1月から始まる「つみたてNISA」を利用すると、

  • 最長20年の投資信託の積み立てで得た利益が非課税(通常約2割の税金がゼロ円)になります
  • 積立額は1年あたり最大40万円で、20年間で800万円まで運用できます
  • 最低100円から積み立てできます

といった、様々なメリットを受けられます。

確定拠出年金(iDeCo)同様に、私たち現役世代が資産形成を行うための税制優遇制度、と考えていただいてOKです。

さて、筆者も利用しているSBI証券で「つみたてNISA」の口座を開設すると、抽選で2,000人に2,000円のプレゼント

エントリーのために投資信託を買う必要もありません。NISA or つみたてNISA口座を開設すれば良いだけ。

この期に、SBI証券で「つみたてNISA」を利用してみませんか。


No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券(公式サイト)

関連記事:SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

[広告]

SBI証券のキャンペーン概要

  • 最大2,000人の2,000円の現金プレゼント(総額400万円)
  • 口座開設期間は2017年10月2日から2017年12月29日まで
  • 「つみたてNISA」でなくとも、従来のNISAやジュニアNISAもOK
  • すでにSBI証券にNISAを申し込んでいる人が、つみたてNISAに乗り換える(勘定変更)のもOK
  • SBI証券で「つみたてNISA」の口座を開設するだけ。エントリーのために投資信託を買う必要はありません

「つみたてNISA」自体は2018年1月から始まる制度です。「つみたてNISA」を利用して投資信託を購入すると、その運用で得た利益に税金がかからないのは冒頭で述べたとおりです。

ちなみに筆者は、2017年9月30日に申し込みをしてしまったおバカさんです・・・(とりあえず、「つみたてNISA」自体は使います)。

残念無念。

すでにSBI証券にNISA口座を開設していてもキャンペーン対象になるよ

今回のキャンペーンは対象者が広いのが特徴です。

あなたが、

  • すでにSBI証券を利用していても、NISAからつみたてNISAに切り替えるとキャンペーンの対象
  • すでに他の金融機関でNISA口座を開設していたとしても、SBI証券に乗り換えを行うとキャンペーンの対象

と、すでにSBI証券を利用していたとしても、「NISA」から「つみたてNISA」に変更するとキャンペーンの対象になります。

すでにNISAで株式を買っていたとしても、それを売却したりする必要はありません。2018年から「NISA」を使うか「つみたてNISA」を使うか、を選ぶだけ。後者を選ぶとキャンペーンの対象者になる、ということです。

長期投資に有利な「つみたてNISA」

先にも述べたとおり、つみたてNISAはこれから資産を形成したいと考える現役世代には強力な武器になります

この話は「「つみたてNISA」はなぜ20年?資産形成に役立つ長期分散投資の魅力」で詳細を述べています。

この図は金融庁の独自試算なのですが、

  • 投資信託で過去5年間運用した人の運用損益は大きくばらついた(損した人もいる)
  • 投資信託で過去20年間運用した人は年利4~6%のピークに収束した(ストレートに言えば、計算上は誰も損をしなかった)

という話があります。これは金融庁に限らず、様々な研究者らも指摘しています。

このような結果になる理由は、特に株式は強いインフレ耐性があり、過去の期間、インフレの進行とともに値を上げてきたのが原因です。

インフレが進むと、お金の価値が下がり、物価が上がりますので、株価も上昇します。日本ではなかなかインフレと縁がありませんが、先進国は引き続き2%前後のインフレが続いています。

「つみたてNISA」を利用する際のオススメ商品

オススメ商品は「「つみたてNISA」のオススメ商品を教えてください」にまとめました。

筆者個人はバランスファンドを選ぶのが良いと思います。

例え、株式にインフレ耐性があるからと、株式に投資を行う投資信託に投資してしまうと、いろいろ不安に感じる方もいらっしゃいます。

  • 毎日の値動きが大きくて落ち着かない!
  • ああ、元本が割れた。。。どうしよう・・・

って、20年後に儲かっていたとしても、明日の仕事に集中できない状態になったら困りますよね

株式へ投資する投資信託は、どうしても値動きが大きくなるので、特に初めてだと辛いと思うんです。

そこで、バランスファンドの登場です。

  • バランスファンドならミドルリスクミドルリターンを実現できます
  • ミドルリスクミドルリターンなら値動きも緩やかになります
  • (計算上)リターンとリスクのバランスが良くなりやすいため、20年後に元本割れが生じている可能性も低くなると思います

SBI証券が2017年10月15日現在で公表しているラインナップならば、

とかを選ぶのが良いと思っています。

まとめ

  • つみたてNISAは投資信託の長期投資に有利な制度。非課税を利用して、大きな利益を上げよう
  • 投資信託の長期投資の優位性は、金融庁はじめ、さまざまな研究者が発表している
  • SBI証券ならつみたてNISAの申し込みを行った方のうち、2,000人に現金プレゼント

SBI証券では他にもキャッシュバックキャンペーンなどを行っていますので、そちらを狙ってみるのも有りです。

ただ、今回の「つみたてNISA」のキャンペーンは投資信託を買わなくてもキャンペーンの対象になりますので、「資産形成には興味があるけど、まだ運用は怖いな」と考えるあなたにも利用して欲しいなと思います。

ぜひチェックしてみて!


No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券(公式サイト)

関連記事:SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

株や投資信託の取引方法を解説する、投資初心者向けの動画を配信中!チャンネル登録もよろしくお願いします!

カテゴリーリンク

インタビュー記事

SBI証券インタビュー

SBI証券に株主優待からロボアド、ビットコインまで徹底インタビュー!

岡三オンライン証券インタビュー

岡三オンライン証券に株主優待から「#カブトレンド」、100円投信まで徹底インタビュー!

機関投資家の仕事内容を教えてください!FPの戸田薫さんにインタビュー!

機関投資家の仕事内容を教えてください!FPの戸田薫さんにインタビュー!

ファイナンシャルプランナーに相談する方法を教えてください!元・機関投資家でFPの戸田薫さんにインタビュー!

ファイナンシャルプランナーに相談する方法を教えてください!元・機関投資家でFPの戸田薫さんにインタビュー!

取材記事

国内ETFの魅力と未来

マネックス、東証、ブラックロック・ジャパンが考える国内ETFの魅力と未来

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。