資産運用情報サイト インストックネット

公開:2014年12月10日 最終更新:2018年04月06日

執筆者:Mirai Takebe 運営者に問い合わせる

初心者向け資産運用の始め方ガイド

初心者向け資産運用ガイド

資産運用を始めるには証券会社の口座が必要です。

  • 証券口座を開設する
  • お金を入金する
  • 株や投資信託を買う

筆者がオススメする資産運用は資産運用のオススメはたった1つだけ!サラリーマンが知りたい資産形成術で紹介しています。

資産運用の始め方

少額資産運用のために準備するもの 少額資産運用のために準備するもの

株や投資信託等の金融商品を買うための現金と証券口座が必要。24時間利用可能なネット証券に口座を開設し、あなたの都合のつく時間に取引を始めよう

10万円資産運用を行うまでの流れ 10万円資産運用を行うまでの流れ

10万円で資産運用を行うまでの流れは、証券口座を開設しお金を入金です。 ネット証券を通じて開設を行えば、おおよそ1週間程度もしないうちに投資を始めることができます。

投資って何から始めた? 投資って何から始めた?

筆者の場合、特に最初はなんの予備知識もなしにいきなり株や投資信託を買い始めました。 投資上限額を決めていたため、「損をしても良いからまずは買ってみる」という考え方です。

資産運用って何から始めればいいの? -20、30代の資産形成を考える場合- 資産運用って何から始めればいいの? -20、30代の資産形成を考える場合-

何から始めれば良いかわからないなら、最終的にあなたが何歳までに何円欲しいか考えることからオススメします。 運用年数と欲しいお金の額から逆算することで、どのくらい貯金すべきなのか、どのくらい運用益を出すべきなのかを計算することが出来ます。

資産運用って何から始めればいいの? -分配金で毎月の収入源を構築する場合- 資産運用って何から始めればいいの? -分配金で毎月の収入源を構築する場合-

現在手持ちのお金が少なく、また仕事の収入が少ない場合には、投資の配当金や分配金で生活費を補填することを夢見ると思います。 投資をする人の皆が金銭的に豊かとは限らないので、筆者はこのような分配金目当ての投資にも一定の利があると考えています。

資産運用を始めるときにはどのような本が役立つ? 資産運用を始めるときにはどのような本が役立つ?

浅く幅広く情報を得たいならムック本を。狭く深く情報を得たいならば、専門家やFPが執筆した実用書。ネットの話題は書籍よりも速報性があるので書籍同様にチェックしよう

サムネイル 資産運用の考え方

資産運用の考え方について、大ルールは、万人に最適な資産運用など無いです。 あなたの年齢、収入、家族構成、仕事の先行き、現在の借金の状況等に応じて、積極的に資産を増やすべきか、それとも守るほうが良いのかが変わってきます。

資産を減らさないことも資産運用 資産を減らさないことも資産運用

資産を減らさないことも運用の1つです。ハイリスクな商品ばかり買うのではなく、ローリスクローリターンの商品やリスクオフモード時に利益を上げやすい商品を資産ポートフォリオのなかに混ぜることで、経済動向によらず資産の時価の動きを緩やかにします。

資産運用をする生活。もしもあなたが投資を始めたら 資産運用をする生活。もしもあなたが投資を始めたら

資産運用をする生活というと不労所得生活を連想しがちですが、20代や30代の平均貯蓄額では、それは困難です。 その代わり、生活の一部を分配金や配当金収入に依存することは十分可能です。たとえ100万円の運用でも、総計数万円の配当や、複数の優待は確保できるでしょう。

短期の資産運用ってどう? -3年以内を目処として- 短期の資産運用ってどう? -3年以内を目処として-

数ヶ月~3年以内に完了させる短期間の運用は難しい。相場は2年連続でマイナスになることもあるから。数ヶ月~3年後に使うお金を運用するならば、銀行預金や国内債券ファンド、個人向け国債の3年物がオススメ

資産運用はなぜ分散投資が推奨されるのか 資産運用はなぜ分散投資が推奨されるのか

分散投資は、単にたくさんの金融商品に投資を行うことではありません。例えば日本株式と日本債券のように、なるべくお互いに独立して値動きする商品を選ぶのがポイントです。

夜21時から始める投資。夜間投資家のすすめ? 夜21時から始める投資。夜間投資家のすすめ?

サラリーマンの帰宅時間アンケートで最も多い夜21時に株や投資信託の売買注文を行ったとき、その注文がいつ決済されるのか、その流れを紹介。 21時からの夜間投資家を始めませんか。

証券口座を開設するときの言い訳。家族を説得する為には? 証券口座を開設するときの言い訳。家族を説得する為には?

証券口座で売買できる安全性の高い商品3つを紹介します。全て銀行のサービスに類似し、かつそれよりも利率が良いなどの優れた特徴を持ちます。 銀行のサービスと似てるんだよ、と説得材料にお使いください。

最強の資産運用が積立投信である5つの理由 最強の資産運用が積立投信である5つの理由

年齢や年収、職種を選ばない積立投信は万人にオススメ。マイナス金利やインフレなど、社会のニュースに惑わされることなく、積み立てを継続しながら、仕事でバリバリ稼ごう

2016年話題になった新しい投資商品で始める資産運用! 2016年話題になった新しい投資商品で始める資産運用!

ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)、ビットコイン(仮想通貨)、確定拠出年金(iDeCo)の3つの新しい投資を通じて資産形成を目指す方法を紹介

資産運用を始めたら何を買えばいい? 資産運用を始めたら何を買えばいい?

個人投資家によく選ばれていて、かつ商品性も良いものをいくつか挙げました。 投資の導入的な商品として参考になれば幸いです。

貯金を元手に資産運用を始めるときに気をつけたいこと 貯金を元手に資産運用を始めるときに気をつけたいこと

「まとまったお金の運用」は実は難しい。知らぬ間にハイリスクハイリターンな取引に手を出さないように注意

投資・資産運用は恥ずかしいと感じているあなたへ 投資・資産運用は恥ずかしいと感じているあなたへ

本当は投資のことを詳しく知りたい!けれども、家族や友達に「お金に執着している人」のレッテルを貼られたくないあなたへ

資産運用で選択できる金融商品

10万円資産運用で購入できる金融商品は何がある? 10万円資産運用で購入できる金融商品は何がある?

株式や投資信託はもちろん、ETFやREITといった聞きなれない金融商品から、個人向け国債やビットコイン、ロボアド(ロボットアドバイザー)など、10万円の投資でも幅広い種類があります

株式以外で資産運用!初心者向き商品と注意点を紹介 株式以外で資産運用!初心者向き商品と注意点を紹介

株式以外の金融商品を一挙紹介。ETFや投資信託といった商品を選択すれば、株式への直接投資よりもリスクを抑えつつ、将来に向けて資産形成に取り組める。ソーシャルレンディングやビットコインといった「儲かりそうな」商品の注意点も解説

100万円資産運用はロボアドを使って始めよう! 100万円資産運用はロボアド(ロボットアドバイザー)を使って始めよう!

100万円の運用先として伝統的な手法とロボアド(ロボットアドバイザー)を利用する方法を紹介。後者を利用すれば、昼間多忙でも簡単に資産運用を開始できます

リスク別金融商品の紹介と運用例

債券投資でローリスクな資産運用を始めよう! 債券投資でローリスクな資産運用を始めよう!

国内債券(利付債券・個人向け債券)はローリスクローリターンな金融商品の代表格。現金預金と個人向け債券なら、元本割れリスクを抑えた運用ができる。MMFやMRFなどのなじみの無い金融商品や、ローリスクな運用を志す際の注意点についても紹介

株式や投資信託・・・似ている金融商品の違いを解説

株式投資と投資信託への投資。どちらを選べば良いか 株式投資と投資信託への投資。どちらを選べば良いか

株式投資と投資信託は商品性の違いから、売買ルールや値動きの違いがあります。 運用資金が少額だったり、昼間の株価の値動きが気になるなら投資信託を、短期間での大きな利益や株主優待に興味があるなら、株式投資がオススメです。

個人向け国債と投資信託は何が違うのか。どちらを選べば良いか 個人向け国債と投資信託は何が違うのか。どちらを選べば良いか

1万円程度から投資ができる個人向け国債と投資信託は違いの多い商品です。 定期預金に似ている個人向け国債に対し、投資信託は、その投資先次第でリスクリターンのバランスが大きく異なります。 投資信託を選ぶ際には、その投資先をしっかり把握することが大切です。

投資信託と債券投資は何が違うのか。どちらを選べば良いか 投資信託と債券投資は何が違うのか。どちらを選べば良いか

投資信託への投資と、債券投資への直接投資での違いや運用上注意する点、あなたがどちらへの投資が適しているかを紹介します。 特に運用資金の少ない若年層は投資信託がオススメです。

株式投資と債券投資は何が違うのか。どちらを選べば良いか 株式投資と債券投資は何が違うのか。どちらを選べば良いか

ハイリスクハイリターンとローリスクローリターンの代表として語られます株式と債券。しかし、実はある条件下でローリスクな金融商品は株式の場合もあるのです

不動産投資を利用した3つの資産運用。現物かREITかソーシャル融資か 不動産投資を利用した3つの資産運用。現物かREITかソーシャル融資か

現物不動産投資、不動産投資信託(REIT)、投資型クラウドファンディングを利用した不動産投資の3つを比較

お金はいくら必要か

資産運用っていくらから始めればいいの? 資産運用っていくらから始めればいいの?

100円から単元未満株や投資信託、1万円まで広げればETF(上場投資信託)や個人向け国債、さらに10万円まで広げれば株式やロボアドバイザーなど、多くの金融商品が候補に。「いくらから」にこだわらず、今すぐ始めてみては?

サラリーマンの資産形成術

コア・サテライト戦略で考える資産運用の方法 コア・サテライト戦略で考える資産運用の方法

初心者なら「コア・サテライト戦略」に基づき、資金の運用と投資先を考えてみよう。様々な金融商品のうち、コア部分に適した商品と、サテライト運用に適した商品を分類し、それを組み合わせて運用するための方法を紹介

資産運用のオススメはたった1つだけ!サラリーマンが知りたい資産形成術 資産運用のオススメはたった1つだけ!サラリーマンが知りたい資産形成術

「つみたてNISA × 積立投信」は資産形成に嬉しい名コンビ。金融庁も推奨する「長期・分散・積立」をキーワードに、先進国株式「MSCIコクサイインデックス」に投資して資産を築こう

一般人の資産運用!毎月の積み立てとボーナスからまとまった資産を築く! 一般人の資産運用!毎月の積み立てとボーナスからまとまった資産を築く!

毎月の給与収入と半年毎に支払われるボーナスを利用して、将来や老後に備えた資産形成に取り組もう。給与は「つみたてNISA」や「iDeCo(個人型確定拠出年金)」、ボーナスは株式などの比較的お金のかかる商品、と考えると無理もなくバッチリ

お小遣いで投資を始めよう!月1万円からでも大丈夫! お小遣いで投資を始めよう!月1万円からでも大丈夫!

少額でも運用できる商品なら、月1万円のお小遣いでも投資できる。例えば投資信託に積み立てたり、ETFを買って分配金を貰ったり。少しためて株主優待銘柄を購入する手も

サムネイル ボーナスで資産運用を始めよう!何かオススメはある?

ボーナスでの資産運用に向いている様々な金融商品を紹介。ボーナスを運用する場合、積極的にお金を増やすことを狙うか、あまりお金を減らさないことを前提に運用するかで、選ぶべき商品は変わってきます。良くわからなければ、バランス型投資信託に積み立てるのも一つの手です

年収300万円でもできる資産運用 年収300万円でもできる資産運用

さあ、生活を変えよう。年収300万円のサラリーマンでも、iDeCoやつみたてNISAなどの節税策を使って資産形成に取り組める。生活資金を全額投資すると失業した際に困るので、6ヶ月~1年程度の生活防衛資金も確保しよう

サムネイル サラリーマンの資産運用 -準備から税金まで-

サラリーマンが資産運用を始める際に気になる取引や税金のことをまとめました。 「昼間は仕事中だから」とか「毎月の給与収入が少ないから」といった悩みは不要です。

フリーランス・自営業者の資産運用 フリーランス・自営業者の資産運用

会社員に比べて、フリーランス・自営業者の公的保証制度は手薄です。 将来への備えが必要な一方で、明日あさってへの備えも必要なのがフリーランス・自営業者の大変なところです。

NISAやiDeCo・・・知っておくと便利な節税制度

NISAを使った初めての資産運用方法。利益が非課税になっておトクだよ NISAを使った初めての資産運用方法。利益が非課税になっておトクだよ

今すぐチェックしよう。税金がおトクになるNISA(少額投資非課税制度)は2018年現在、一般NISA、つみたてNISA、ジュニアNISAの3つが運用中。特にサラリーマンと相性の良いつみたてNISA(積立NISA)は、これから資産形成を始めるときに最適

知ってる人だけトクをする。5つのローリスクハイリターンな資産運用 知ってる人だけトクをする。5つのローリスクハイリターンな資産運用

ローリスクハイリターンな金融商品はありません。が、キャンペーンや節税策を使えば、保険や債券などのローリスクな商品が嬉しいハイリターンな商品に化けることも。でも、たまにローリスクハイリターンなフリをする落とし穴もあるので注意点も併せて紹介

金額別資産運用

初めての10万円資産運用。どのような投資をすればいい? 初めての10万円資産運用。どのような投資をすればいい?

2018年のトレンドである「つみたてNISA」「iDeCo」と、従来の金融商品である「株式」や「投資信託」を絡めた運用方法を紹介。金融商品の小額化が進んだ現在なら10万円からでも投資できるんです!

50万円から始める少額資産運用。どんな投資する? 50万円から始める少額資産運用。どんな投資する?

50万円あれば株式や投資信託から、近年話題になるロボアド(ロボットアドバイザー)まで多くの金融商品を選択可能。REIT(不動産投資信託)に投資し分配金を得たり、個人向け国債で安定的な運用もできる。オススメできない金融商品も含め、一通り紹介

1000万円あるけど投資を始めた方がいい?-1000万円資産運用の是非- 1000万円あるけど投資を始めた方がいい?-1000万円資産運用の是非-

例えば1000万円のような金融資産があって投資に興味をお持ちでしたら、少額で少しずつ慣れていくのがおすすめです。

インフレやマイナス金利・・・社会情勢と運用の関係

なぜ資産運用が必要なのか。将来生じうる2つの問題 なぜ資産運用が必要なのか。将来生じうる2つの問題

年金の枯渇や、インフレによるお金の目減りは、将来の私たちの生活に多大な影響を与える可能性。今から「iDeCo」や「つみたてNISA」を始めると老後には間に合うよ

インフレ対策を実現できる資産運用 インフレ対策を実現できる資産運用

インフレ対策の定番商品は純金や債券、株式など。 投資信託を通じて投資すると毎月500円からインフレ対策可能です。

マイナス金利時代の資産運用 マイナス金利時代の資産運用

マイナス金利政策によって国債やMMFといった安全性の高い資産の運用に難が出始めています。 私たちは、よりリスクをとるかたんす預金か、という2拓を迫られているのかもしれませんね。

資産運用で失敗しないために

資産運用で失敗する3つの原因とその対策 資産運用で失敗する3つの原因とその対策

失敗する主な要因は「自分に合わないリスクを取っている」「「お金の専門家」という権威性に惑わされる」「「あなただけに」という怪しい話に騙される」の3点。だからその逆を取り入れれば失敗する可能性を下げられます

投資や資産運用を始めるときは誰に相談すればいいの? 投資や資産運用を始めるときは誰に相談すればいいの?

投資や資産運用を始めるにあたって、誰かに相談したいという考えは良くわかります。ただ、相談相手は慎重に選ぶべきです。特に相談相手があなたと利害関係にある場合は注意が必要です。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

株や投資信託の取引方法を解説する、投資初心者向けの動画を配信中!チャンネル登録もよろしくお願いします!

更新状況配信しています

更新状況やちょっとした小ネタを配信していますので、是非フォローをお願いします!

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

インタビュー記事

SBI証券インタビュー

SBI証券に株主優待からロボアド、ビットコインまで徹底インタビュー!

岡三オンライン証券インタビュー

岡三オンライン証券に株主優待から「#カブトレンド」、100円投信まで徹底インタビュー!

機関投資家の仕事内容を教えてください!FPの戸田薫さんにインタビュー!

機関投資家の仕事内容を教えてください!FPの戸田薫さんにインタビュー!

ファイナンシャルプランナーに相談する方法を教えてください!元・機関投資家でFPの戸田薫さんにインタビュー!

ファイナンシャルプランナーに相談する方法を教えてください!元・機関投資家でFPの戸田薫さんにインタビュー!

取材記事

国内ETFの魅力と未来

マネックス証券、東証、ブラックロック・ジャパンが考える国内ETFの魅力と未来

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。

ご意見・お問い合わせは「web-support■instock-ex.net ■を@へ」へお知らせください。