プレナス(ほっともっと・やよい軒)の株主優待を獲得する方法

ほっともっとややよい軒をフランチャイズに持つプレナス(証券コード:9945)は、2月と8月の年2回が権利確定日です。 このタイミングで株式を保有していると、株主として優待と配当金の対象になります。

株主優待は100株保有時に、500円券5枚(2,500円相当)です。 2回の権利確定日のうち、2月の確定日に株式を保有していることで、支給対象になります。

配当は年2回でますが、優待は年1回なのでご注意なさってください。

プレナスの株式は、機関投資家らも売買しているため、権利落ちに伴う株価の下落が不明瞭です。 また、権利確定に向けて株価が上がるトレンドも無いので、日々のニュースやテクニカルなどから判断して買うのが良いです。

同社は財務健全性が高いため、長期保有に適しています。 実は配当金目当てで買うのが良いかもしれませんね。

なお、株式はほっともっとの店舗では買えません。 購入には証券口座の開設が必要です。

公開:2016年09月15日 最終更新:2016年09月15日

[広告]

はじめに

インストックネットでは、あなたが昼間オフィスで働いている身であることを前提に記事を作成しています。 そのため、株主優待関連の記事は私たちが日常的に利用しやすいものを優先的に紹介するようにしています。

今回紹介するプレナスも私たちに身近な店舗を展開します。プレナスって会社ご存知です?

株式会社プレナス(証券コード:9945)とは

プレナス(証券コード:9945)はとあるフランチャイズを経営する企業です。 下記、きっとご存知ですよね。

  • ほっともっと
  • やよい軒
  • MKレストラン(タイ風しゃぶしゃぶ)

おそらくあなたがプレナスをご存知なら、ほっともっとやよい軒の運営企業としてご存知なはずです。 筆者はほっともっとを通じて知りました。

その他、食材・包装等資材などの販売も行っています。

2016年9月15日終値は、1,793円で売買単位(単元。詳しくは初めての株式購入。株を買うにはいくらお金が必要なの?)は100株です。

つまり、プレナスの株式を買うには約18万円必要です。

ほっともっととやよい軒について

同社のブランドがほっともっととやよい軒です。 いずれもフランチャイズ方式で運営されているため、実際の店舗運営はプレナスとは別の業者が行っています。

フランチャイズは、コンビニと同じで、例えば独立起業を目指したサラリーマンがのれんを借りて経営する、みたいなイメージです。 中には、法人化して数店舗を経営するケースもあります。

プレナス側から見たフランチャイズ経営のメリットは、急速な店舗拡大が可能な点が挙げられます。 また、オーナーや運営組織が異なっていてもブランドや商品を統一するため、ユーザーに安心感を与えることできます。

一方、プレナス側から見たフランチャイズ経営のデメリットは、全ての店舗が上手く行くとは限らない点です。 知識や経験の無いオーナーが参入してくるわけですから、彼らを適切に導くためのコストを要します。

ほっともっととは

「ほっともっと」とはお持ち帰りのお弁当チェーンです。 安価な価格設定で、あなたも利用したことがあるのではないでしょうか。

筆者が東京に住んでいたとき、歩いて5分のところにほっともっとがありました。 インストックネットを作りながら、昼間食べていたのが懐かしいです。

個人的にから揚げの微妙な味付けにはこだわる方(ただし味覚に自信はない)なんですが、同社のから揚げは結構好きで頻繁に食べていました。 購入すると(たしか)塩コショウのスパイスとレモン汁が入っていて、特にレモン汁をかけて食べるとおいしいんですよね。

あ、ここではレモンをかける派とかかけない派とかは無しでお願いします。

筆者は割と待っても構わないので、出来立てを買ってくるほうです。 そうすると、から揚げも温かいままなので、「あついあつい」と言いながら食べられるんですよね。

待ち時間がちょっと長いとあれですが、その時間は株価のチェックやニュースリストを見ていれば良いわけですし。

と、話がそれましたが、ほっともっとはお弁当チェーンです。

なお、一部のほっともっとは、かつて「ほっかほっか亭」の看板を掲げていました。 プレナスがほっかほっか亭総本部と対立・分離したことで、ほっかほっか亭からほっともっとへ店名を変えています。

やよい軒とは

こちらは定食屋で、大戸屋などのライバルと言えます。 筆者の地元には無くて、東京に出てから初めてその存在を知りました。

2016年現在までに300店舗を展開し、最近ではアメリカやシンガポールなど海外へ進出しています。 同社に限らず、成功した飲食チェーンは海外へ進出することが多いようです。

あんまり行かないので、書くことが無くてすみません。

プレナスの株主優待と配当金について

株主優待の内容は何?

日本国内のほっともっと、やよい軒、MKレストランの各店舗で利用できる500円割引券です。 100株保有時に、500円券5枚(2,500円相当)が配布されます。

この500円割引券は、500円以下の商品(例えばから揚げ弁当やのり弁当など)でも利用可能です。 ですが、おつりは出ないので、カップうどんなどをつけると良いかもしれません。

また、1回につき1人当たり2枚まで同時利用可能です。

ところで、ほっともっとはともかく、やよい軒では自動券売機が導入されていることも多いです。 この場合には、来店時に店員に声をかけることになるかと思います。

配当金は出る?

年2回の配当を予定しています。 2016年2月の実績は1株あたり30円(100株あたりで3,000)です。

年2回の配当を受け取ると、100株で6000円になります。 利回り3%を超えます(2016年9月15日現在)ので、株主優待とあわせると利回り4%程度を見込めます。

権利確定日はいつ

2月末8月末です。

配当金は2月と8月の年2回出ますが、株主優待は2月のみです。 優待獲得のチャンスは年に1回です。

プレナス株を買う方法

お約束ですが、ほっともっとの実店舗に行っても株は買えません。 購入には証券口座が必要です。

優待を獲得するには、上述の2月末まで株式を保有し続けます。 2月末の権利確定日を経て、約3ヶ月後の5月ごろに配当金と優待が支給されるはずです。

プレナス株はいつ買い時か?

本銘柄の売買には機関投資家も参加しているため、権利落ちに伴う株価の定期的な値動きを見出すことは難しいです。 つまり、2月の権利落ち後に買って待ち続けても、その後値下がりを経験するかもしれない、ということです。

故に筆者なら以下のようなタイミングを狙います。

  • 何かニュースが出て株価が下落して落ち着いた頃合い
  • テクニカルな手法で買いのシグナルが出ているとき

直近(2016年9月現在)では、2014年10月ごろのピークから下落トレンドを描いています。 移動平均線に上値を抑えつけられる形になっているため、反転の兆しが見られるまではちょっと我慢かなぁと思ってます。

ただし、プレナスは自己資本比率が70%を超え、有利子負債が0と、財務健全性の高さが特徴です。 多少株価が下落しても、長期にわたって保有し続け、将来値を戻したタイミングでイグジットが良いかと思います。

まとめ

以上です。まとめると、

  • ほっともっとややよい軒の株主優待が欲しいならプレナスの株を買う
  • 権利確定日は2月末と8月末。優待がつくのは2月の1回のみ
  • 2016年9月現在で株価は下落トレンドだが、利回りが高いので、購入後値を戻すまで長期保有もおすすめ

です。

というか、18万で買えるならちょっと欲しいかなと思います。

というのも、上述の通り、配当金利回りが結構高めなんですよね。 100株保有で年間6,000円なら優待よりも配当メインで買うのも有りだと思います。

もしあなたが100株を購入するお金が無ければ、1万円で株式投資!単元未満株で100円から株主にで紹介する単元未満株を利用して、例えば10株など小分けで買うのもオススメです。 このケースでは優待の対象になりませんが、1.8万円の投資で600円の配当金が期待できます。

将来、優待を獲得することがあればまた追記しますね!

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

株式投資の始め方。株って儲かるの?

[10万円から始める少額株式投資]

株式投資の始め方。株って儲かるの?

資産運用の代表格が株式投資です。価格変動リスクはあるものの、適切に運用をできれば着実に資産を増やす手段になります。

会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?

[10万円から始める少額株式投資]

会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?

投資を行う個人投資家の多くは会社員としてもお勤めです。ここでは会社員の方がいつ株を買っているのかご紹介します。

会社勤めのサラリーマンはどこで株を買うの?

[10万円から始める少額株式投資]

会社勤めのサラリーマンはどこで株を買うの?

投資を行う個人投資家の多くは会社員としてもお勤めです。ここでは会社員の方がどこで株を買っているのかご紹介します。

株主優待と配当金が欲しい!どうやってもらうの?

[10万円から始める少額株式投資]

株主優待と配当金が欲しい!どうやってもらうの?

みんな気になる株主優待と配当金の貰い方。その流れをご紹介します。 もちろんネット証券で株を売買していても受け取れます。

インターネットを利用した株の買い方

[10万円から始める少額株式投資]

インターネットを利用した株の買い方

パソコンのウェブブラウザを利用した株の買い方例と、スマホアプリを利用した株の買い方例を紹介。 ネットでの株の買い方がイメージ出来ない場合にご覧ください。

株式委託手数料とは?いつどんなタイミングで支払う?

[10万円から始める少額株式投資]

株式委託手数料とは?いつどんなタイミングで支払う?

株式委託手数料とは株式を売り買いするときに生じる手数料のこと。 もちろん安価なほうが取引に有利です。 一般には1約定ごと、もしくは1日の取引金額によって決まります。

Macでも株取引や資産運用ってできる?

[パソコン編]

Macでも株取引や資産運用ってできる?

Mac(およびLinux)でもウェブブラウザを通じて株や投資信託などの金融商品を売買できます。 一方、デイトレーダーが利用する専用のデイトレツールはWindowsのみ対応が多く、提供が限られています。

サムネイル

[おすすめの証券会社]

証券口座を開設するには

証券口座開設時の主な手順と、開設時に伴い生じやすい質問についてまとめます。 開設時に出てくるよくわからない用語として「特定口座」や「内部者登録」などについても説明を行っています。

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

インタビュー記事

SBI証券インタビュー

SBI証券に株主優待からロボアド、ビットコインまで徹底インタビュー!

岡三オンライン証券インタビュー

岡三オンライン証券に株主優待から「#カブトレンド」、100円投信まで徹底インタビュー!

取材記事

国内ETFの魅力と未来

マネックス、東証、ブラックロック・ジャパンが考える国内ETFの魅力と未来

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。