公開:2016年11月05日 最終更新:2016年11月05日

50万円から始める株式信用取引

株式取引には、現物取引のほかに信用取引があります。 信用取引はFXに似た証拠金取引で、わずかな入金額で入金額以上のポジションを持つことが可能になります。

加えて、売りから入ることが出来るため、下落相場でも利益を出せるメリットがあります。

一方、信用取引は適切なリスク管理を行わないと、投資額以上の損失を被る可能性があります。 誰でも手軽に簡単に、とはいかず、株式の取引を重ねた経験者が始めるのが最適です。

[広告]

コンテンツリスト

信用取引の始め方。現物の株取引とは何が違うのか?

信用取引の始め方。現物の株取引とは何が違うのか?

[国内信用取引]

信用取引の始め方。現物の株取引とは何が違うのか?

信用取引はお金や株式を担保に証券会社から株やお金を借り入れて行う取引手法です。 高いリターンを得られる一方、借りた株やお金を返せないリスクも生じます。

信用取引で株主優待と配当金は貰うことができる?

信用取引で株主優待と配当金は貰うことができる?

[国内信用取引]

信用取引で株主優待と配当金は貰うことができる?

信用取引では配当金の代わりになる配当金相当額が発生します。 株主優待はありません。

空売りとは?下落相場で使える先売り後買い手法!

空売りとは?下落相場で使える先売り後買い手法!

[国内信用取引]

空売りとは?下落相場で使える先売り後買い手法!

証券会社から株を借りて先に売り、後で買い戻す取引方法が空売りです。 売ってから買い戻すまでの株価の下落幅が空売りの利益になります。

つなぎ売り(クロス取引)を利用して株主優待をお得に取得する方法

つなぎ売り(クロス取引)を利用して株主優待をお得に取得する方法

[国内信用取引]

つなぎ売り(クロス取引)を利用して株主優待をお得に取得する方法

つなぎ売り(クロス取引)を利用すれば株主優待をお得に取得できるチャンスが!? 高額な品貸料(逆日歩)の発生に注意。

2つの信用取引。制度信用と一般信用はどちらを使えばいいのか?

2つの信用取引。制度信用と一般信用はどちらを使えばいいのか?

[国内信用取引]

2つの信用取引。制度信用と一般信用はどちらを使えばいいのか?

信用取引は制度信用取引と一般信用取引の2つがあります。 どちらを利用するかは建玉を持つ際に銘柄ごとに選べるため、運用に併せて選ぶのが良いです。

楽天証券でデイトレーダーデビュー!?「いちにち信用」の概要を紹介!

楽天証券でデイトレーダーデビュー!?「いちにち信用」の概要を紹介!

[国内信用取引]

楽天証券でデイトレーダーデビュー!?「いちにち信用」の概要を紹介!

楽天証券のいちにち信用(一般信用)は返済期限を1日以内に絞った取引サービス。 翌日まで持ち越さないことを前提に、低コストで信用取引を利用できます。

信用取引のメリットとデメリット

信用取引のメリットとデメリット

[国内信用取引]

信用取引のメリットとデメリット

信用取引に興味があるなら知っておきたいメリットとデメリット。収益の機会が増える一方で、損失の可能性も増える。要するにハイリスクハイリターンな取引

上に戻る

広告

広告

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

インタビュー記事

SBI証券インタビュー

SBI証券に株主優待からロボアド、ビットコインまで徹底インタビュー!

岡三オンライン証券インタビュー

岡三オンライン証券に株主優待から「#カブトレンド」、100円投信まで徹底インタビュー!

取材記事

国内ETFの魅力と未来

マネックス、東証、ブラックロック・ジャパンが考える国内ETFの魅力と未来

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。