10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

パソコンやスマホで株取引する際のセキュリティリスク対策

パソコンやスマホ、インターネットを利用して取引をする以上、マルウェア(ウイルスやスパイウェアなどの総称)や通信内容の傍聴など、デジタル機器特有のセキュリティリスクが存在します。 このようなリスクは今後もさらに増え続けるでしょうから、常に一定の気を使うことをオススメしたいと思います。

公開:2015年12月22日 最終更新:2015年12月22日

[広告]

パソコンで株取引き時のセキュリティリスク対策

サムネイル

[10万円資産運用編]

パソコンを利用した株の始め方

パソコンを利用した株の始め方を紹介します。

株式売買のためにパソコンをネットにつなぐ場合、インターネットセキュリティソフトは必須です。 セキュリティソフトは数千円~1万円程度しますが、必ず買ってください。 お金をケチケチして無防備にしたり、ネット上のフリーのソフトウェア(※)を利用するのはお勧めできません。

パソコンを利用した株の始め方 | インストックネット
サムネイル

[パソコン編]

パソコンで資産運用する人のためのセキュリティリスク対策

パソコン(Windows)で資産運用を行う際、経済的なリスクのほかにも、パソコンやインターネットが抱えるセキュリティリスクを意識する必要があります。 リスクを放置した場合、パソコンが破壊されたり、あなたの資産を失ったりする可能性があるからです。

いまだにWindows XPをお使いの方もいらっしゃいますが、それは大変危険です。 分配金とか株主優待とかチェックしている暇があったら、今すぐパソコンを更新してください。

パソコンで資産運用する人のためのセキュリティリスク対策 | インストックネット

パソコンで株取引きを行うならば、インターネットセキュリティソフトウェアは必ず購入なさってください。 あなたの資産を守るためです。

サポート期限の切れたOSは、それ以上OSの不具合が修正されることがないため、その不具合部分がマルウェアの攻撃対象になります。 2015年12月現在ではWindows XPがその対象です。

スマホで株取引き時のセキュリティリスク対策

サムネイル

[10万円資産運用編]

スマホユーザーの株取引の始め方

株を買うにはスマホを利用するのが便利。あなたがスマホユーザーなら証券口座開設から日ごろの株取引まですべてをスマホ1台で完結できます。一緒にスマホで運用してみませんか。

スマホからの取引時に注意したいこと、それはなんだと思います? 答えはスマホの紛失です。

スマホユーザーの株取引の始め方 | インストックネット

スマホは携帯電話の延長というイメージが強いのですが、実際はパソコンと同じです。 もはや「小型で、外見が違っていて、電話が出来る」ぐらいの違いしかありません。

スマホは紛失する可能性が高いものです。 また、スマホ向けのマルウェアも急速に増えていますから、ウイルス対策機能やセキュリティロック可能なセキュリティソフトウェアを導入することをオススメします。

Wi-Fiを使うときのセキュリティリスク対策

サムネイル

[タブレット編]

タブレット端末で株取引。屋外でどうやってインターネットにつなぐの?

外出時にタブレット端末で株取引を行うためには、無料Wi-Fiスポットを利用するか、専用のデータ通信端末を利用するかの2つが考えられます。

Wi-Fiでの通信は、外部からの通信内容傍受を防ぐために、暗号化が施されています。 しかし、脆弱な暗号化方法を用いるWi-Fiスポットを利用すると、取引に危険が生じる場合があります。

タブレット端末で株取引。屋外でどうやってインターネットにつなぐの? | インストックネット
サムネイル

[タブレット編]

タブレット端末を用いて自宅内で株取引やFXを始めるまでの流れ

室内でタブレット端末で株取引を行う方法として、Wi-Fi機能を持つ無線ルーターを利用して株取引を行うまでの流れを簡単にご紹介します。

暗号化されていないWi-Fi環境へ、近隣のユーザーが「ただ乗り」する問題が増えています。 ただ乗りされるだけならまだしも、犯罪の温床として利用される場合にもありますので、宅内Wi-Fiを構築する場合には注意してください。

タブレット端末を用いて自宅内で株取引やFXを始めるまでの流れ | インストックネット

「視認性の良い大型のスマホ」として人気の高いタブレット端末。 それをインターネットに接続する場合には、Wi-Fi(無線LAN)を使うことが多いと思います。

無線LANの怖いところは、宅外にも電波が飛んでいるため「ただ乗り」されたり、暗号化の脆弱な通信を傍受・盗聴される可能性がある点です。 どこから出ているかわからない電波や、WEPという暗号化手法にご注意ください。

もちろん、タブレット端末の紛失などにも注意が必要です。 こちらもスマホ同様にセキュリティソフトウェアを導入することをオススメします。

まとめ

パソコンやスマホ、タブレットで株取引きを行う場合のセキュリティリスク対策では、

  1. OSのアップデートやセキュリティソフトウェアなど端末の対策
  2. 紛失など持ち運び時に注意する
  3. Wi-Fi利用時は良くわからない電波や脆弱な暗号化手法に注意

などが挙げられます。 これらはいずれもあなた自身が出来るセキュリティリスク対策です。

インターネットで株やFXをやっていると、まるでゲーム画面のような錯覚をすることがあります。 ですが、忘れないでください。 実際にそこであなたのお金が動いていることを。

ちなみに筆者は、パソコンやスマホなど、マルチプラットフォームのセキュリティソフトウェアとして、カスペルスキーを利用しています。 「頭の良い」ヒューリスティック検出機能も持つ、定番セキュリティソフトの1つです。

Windows、Mac、Android(スマホもタブレットも)の環境下で利用できますので、ソフト選びに困ってましたらチェックしてみてください。

お気に召しましたら、是非シェアをお願いいたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

サムネイル

[10万円資産運用編]

パソコンを利用した株の始め方

パソコンを利用した株の始め方を紹介します。

サムネイル

[パソコン編]

パソコンで資産運用する人のためのセキュリティリスク対策

パソコン(Windows)で資産運用を行う際、経済的なリスクのほかにも、パソコンやインターネットが抱えるセキュリティリスクを意識する必要があります。 リスクを放置した場合、パソコンが破壊されたり、あなたの資産を失ったりする可能性があるからです。

サムネイル

[10万円資産運用編]

スマホユーザーの株取引の始め方

株を買うにはスマホを利用するのが便利。あなたがスマホユーザーなら証券口座開設から日ごろの株取引まですべてをスマホ1台で完結できます。一緒にスマホで運用してみませんか。

サムネイル

[タブレット編]

タブレット端末で株取引。屋外でどうやってインターネットにつなぐの?

外出時にタブレット端末で株取引を行うためには、無料Wi-Fiスポットを利用するか、専用のデータ通信端末を利用するかの2つが考えられます。

サムネイル

[タブレット編]

タブレット端末を用いて自宅内で株取引やFXを始めるまでの流れ

室内でタブレット端末で株取引を行う方法として、Wi-Fi機能を持つ無線ルーターを利用して株取引を行うまでの流れを簡単にご紹介します。

[広告]

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インタビュー記事

SBI証券インタビュー

SBI証券に株主優待からロボアド、ビットコインまで徹底インタビュー!

岡三オンライン証券インタビュー

岡三オンライン証券に株主優待から「#カブトレンド」、100円投信まで徹底インタビュー!

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。