10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

公開:2016年07月15日 最終更新:2017年09月11日

スマホで株取引。始め方からセキュリティリスク対策まで

HYPER SBI (Sony Xperia Z5)

株式投資を始める際に「どういった方法で株を買うのか」って思いませんか?

  • 証券会社窓口で?
  • 証券会社に電話して?
  • パソコンで?

いくつか方法はありますが、忘れてはいけないのがあなたが今お使いのスマートフォンです。

スマートフォンの普及にあわせ、各証券会社も株取引用のスマホアプリやウェブサイトを整備してきました。現在はスマホで株が買える時代です。

実際にSBI証券ユーザーである筆者もスマホから株を買っています。パソコンと違って、思い立ったら、いつでもどこでもすぐにチェックできるのが便利なんですよね。

しかし、スマホを利用した初めての株取引にはわからないことも多いはず。

  • 株を買うためのアプリってあるの?
  • セキュリティって大丈夫?

そこで本まとめ記事では、

なども触れながら、スマホを利用した株の始め方をご紹介します。

[広告]

スマホで株取引を始める方法

SBI証券口座

証券口座が必要です。口座を開設すると、上記スクリーンショットのように、証券会社が提供するスマホアプリから株を買えるようになります(上記はSBI証券)。

証券口座は銀行口座と似ていて、現金のほかに株式や投資信託などを保管します。開設のために、

  • 住所
  • 氏名
  • 職業(20歳以上なら学生や無職も可能)
  • 電話番号

などの情報を登録し、免許証やマイナンバーのコピーを提出します。最近はウェブからの写真アップロードで完結する証券会社も多いため、開設の手間はかかりません。

もちろん、開設と維持のための手数料は一切不要です。

ここでは簡単に、ネット証券を選ぶべきか、最近話題のOneTapBUY(スマホ証券)を選ぶべきかを見てみましょう。

ネット証券かOneTapBUY(スマホ証券)か

本格派のあなたにオススメしたいネット証券

Xperia Z5とSBI証券のHYPER株アプリ

  • SBI証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • カブドットコム証券
  • 松井証券

取引を始めるには、

  • 各社のウェブサイトで証券口座開設
  • 証券口座開設後に、証券会社が提供するスマホ取引用のアプリをインストール
  • 証券会社から提供されるログインパスを使ってログイン

あとは、銀行口座からの振込等で証券口座にお金を入金すれば、いつでも株が買えます。

証券会社が提供する株取引アプリを使って取引しよう

証券会社が提供するスマホアプリは、株の売買のほかに株価やチャート、ニュースなどを取得・表示する機能も持っています。普段はそれを用いて取引を行います。

例えば、以下はSBI証券の株取引アプリ(Hyper 株アプリ)で日経平均株価のチャートを表示させたもの。もちろん無料で利用できます。

日経平均株価 | SBI証券

ネット証券は株主優待投資やデイトレードから、将来の資産形成まで、あなたの希望に応じて利用できます。ちょっと自由度が高すぎるのが難点ですが、20~40代の利用は多いです。

お手軽派のあなたにオススメしたいOneTapBUY(スマホ証券)

お手軽派のあなたへは、OneTapBUY(スマホ証券)がお手軽です。

OneTapBUY(スマホ証券)

OneTapBUY(スマホ証券)で1,000円資産運用!

[OneTapBUY(スマホ証券)]

OneTapBUY(スマホ証券)で1,000円資産運用!

たった数タップで簡単に株が買える「OneTapBUY」は取扱商品が絞られている点がメリット。資産形成の手軽さを重視したいときに

OneTapBUY(スマホ証券)の魅力は、Google Play(Android)やApp Store(iPhone)からアプリをインストールして、そこから口座開設をアプリ内で完結できることかもしれません。あなたが普段、何事もスマホアプリで完結させているなら、親和性は高いと思います。

他のネット証券のサービスとは大きく異なり、細かいところはばっさりカットされています。株主優待投資やデイトレーダー的なことはできません

その代わり、簡単に株が買えることを通じて、資産形成という目的を果たせます

OneTapBUY(スマホ証券)って安全?

OneTapBUY(スマホ証券)は新興企業ですが、ソフトバンクやみずほフィナンシャルグループ、その他ベンチャーキャピタルなど、著名な企業が株主として関与しています。

個人的な見解ですが、みずほフィナンシャルグループ(みずほ証券)がバックについてるのが大きいと思います。万が一、OneTapBUY(スマホ証券)が破綻した場合には、私たちが購入した株式は同証券に移管されるだろうと勝手に思ってます。

1,000円からの簡単資産運用!OneTapBUY(スマホ証券)

スマホで株取引をする際のオススメ機種は?

サムネイル

[デジタルツール導入編]

Android派?iOS派?Windows派?株式やFXの取引に適したOSはどれ?

モバイル端末はAndroidやiOSなどのOSで違いがあります。株式売買やFXに利用する際の特徴を紹介します。

買い換える予定が無ければ、今お持ちの端末をそのままお使いくださいAndroid 5.0以上、もしくはiOS 8.0程度以降の端末であれば、取引に支障はありません。

筆者は2016年までAndroid 2.3.5という2011年当時に販売されていた端末で株取引をしていたのですから。

セキュリティを考慮してスマホを選ぶなら

赤いiPhone | Photo by ぱくたそ

もしあなたが株取引を始めるにあたってセキュリティリスクに強い端末を選びたいと考えているならば、iPhone(iOS端末)をオススメします。

表1. iPhone(iOS)とAndroidのセキュリティ比較(2017年6月現在)

iPhone Android
コンピュータウイルス
(マルウェア)
少ない 多い
配信アプリの審査 厳しい 緩い
野良アプリのインストール 難しい 簡単

iPhoneを攻撃するマルウェアは少ない

iPhone(iOS端末)は日本ではシェアは多いものの、世界的にはAndroidのシェアに劣ります。そのため、Androidに比べ、端末を攻撃するマルウェア(いわゆるコンピュータウイルス)が少ないのです。

iPhone用アプリはAppleの審査を受けている

App Store(Google Playのようなもの)で配信されるアプリはAppleの審査を受けており、信頼性が高い特徴を持ちます。

Android向けアプリも審査制ではありますが、Appleほどは厳しくありません。

iPhoneは「野良アプリ」のインストールが極めて難しい

iPhoneは野良アプリ(Appleの審査を通さないアプリ)のインストールが困難です。複雑なロックを外さなければいけないため、「間違ってインストールしちゃった」ということは絶対にありえません。

一方、Androidは簡単に野良アプリをインストール可能です。

スマホを選ぶ際に注意して欲しいこと

上記をご覧になって、Androidは絶対ダメ、iPhone(iOS)なら絶対安全とは認識しないでほしいです。

Androidを利用していても、定期的にメンテナンスを行っていればトラブルを回避できます。

  • Android OSのアップデートを行い、最新版を保つ
  • セキュリティアプリをインストール

だから、わざわざ株取引のためだけにiPhoneに乗り換える検討は不要です。

格安スマホでも大丈夫?

ASUS Zenfone

サムネイル

[スマホ編]

格安スマホで株取引。興味ある?

投資経験者なら1度は注目したであろうMVNOと格安スマホを利用した株取引についてご紹介します。

例えばASUSのZenfoneや、SIMフリー向けのiPhoneなども取引可能です。

スマホで株取引は危険じゃない?

Kaspersky Lab Internet Security

セキュリティ上のリスクはあります。例えば、パスワードロックも何もしていないスマホを紛失したら、取得者が不正操作するかもしれない・・・といったリスクです。

  • スマホを紛失した
  • 見に覚えのないメールの添付ファイルを開いた
  • 見に覚えのないサイトの利用料請求に応じてしまった

といった話は、あなたの身の回りでも聞いたことがあると思います。

筆者も飲み屋から朝帰りしたらスマホが無いことに気づき、必死に帰り道を探したら、実は布団の中から出てきた、なんてことがありました。

スマホで安全に株取引するための対策

以下の対策は必須だと思います。

  • 端末ロック機能やGPS追跡機能を持ったセキュリティアプリをインストール
  • スマホの操作画面をパスワードロックする

あとは、

  • 見に覚えのないメールは開かずに削除する
  • 「サイトの利用料請求」などの詐欺に注意する(国民生活センター等へ通報)
  • SNSで流れてくる出所不明のURLは踏まない(アプリや端末の乗っ取りに繋がるため)
  • 定期的にOS、セキュリティアプリ、その他インストール済みアプリアップデートする

などに注意なさってください。

評判の良いセキュリティソフトウェア

以下は、独立系のIT安全保障を検証するAV-TEST.orgが、2017年5月に検証したAndroid用セキュリティソフトウェアのうち、評価が高く、かつ日本語で容易に利用できるものをリストアップしたものです。

The best antivirus software for Android | AV-TEST(英語)

こういうのは技術の発展とともに変わる(今、高評価のものが来年も高評価とは限らない)ので、あくまで参考程度に。

マカフィー、ノートン、トレンドマイクロあたりはあなたもご存知なのでは?と思います。

筆者がカスペルスキーを使ってるのは、PC版でもそれを使ってるからです。最近は1本のソフトウェアでパソコンやスマホなど、複数の端末で利用できることも多いので、そういうものを買っておくとお得です。

次のページ >> スマホで株取引に必要な「ギガ」の話

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

サムネイル

[10万円資産運用編]

スマホユーザーの株取引の始め方

スマホを利用した株の始め方を紹介します。 スマホだけでも証券口座の開設や取引が出来るのですが、紛失しやすい点は注意が必要です。

サムネイル

[デジタルツール導入編]

Android派?iOS派?Windows派?株式やFXの取引に適したOSはどれ?

モバイル端末はAndroidやiOSなどのOSで違いがあります。株式売買やFXに利用する際の特徴を紹介します。

サムネイル

[スマホ編]

格安スマホで株取引。興味ある?

投資経験者なら1度は注目したであろうMVNOと格安スマホを利用した株取引についてご紹介します。

サムネイル

[スマホ編]

スマホで投資や資産運用を始めるには「何ギガ(GB)」必要?

AndroidやiPhoneなど、スマホのスペック表にはギガバイト(GB)で示される数値が出てきます。 この数値は、動画や写真などを保存するためのストレージの大きさと、アプリを動作させるために必要な、一時的なメモリの大きさを示しています。

サムネイル

[スマホ編]

スマホで投資や資産運用を始めると「何ギガ(GB)」通信量使うの?

SBI証券が提供するHYPER株アプリの通信量を測定し、標準的な利用で想定される通信量の算出を行ったところ、多めに誤差を見ても0.1ギガバイト、最も過度に使ったとしても、0.89ギガバイトと得られました。

サムネイル

[10万円台からの少額株式投資]

会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?

投資を行う個人投資家の多くは会社員としてもお勤めです。ここでは会社員の方がいつ株を買っているのかご紹介します。

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インタビュー記事

SBI証券インタビュー

SBI証券に株主優待からロボアド、ビットコインまで徹底インタビュー!

岡三オンライン証券インタビュー

岡三オンライン証券に株主優待から「#カブトレンド」、100円投信まで徹底インタビュー!

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。