資産運用(初心者向けガイド)

スポンサーリンク
NO IMAGE 資産運用(初心者向けガイド)

知ってる人だけトクをする。5つのローリスクハイリターンな資産運用

たしかにローリスクハイリターンな金融商品はありません。が、キャンペーンや節税策を使うことで、ただのローリスクな商品が思わぬハイリターンな商品に化けることもあるのです。でも、たまにローリスクハイリターンなフリをする落とし穴もあるので注意点も併せて紹介
NO IMAGE 資産運用(初心者向けガイド)

一般人の資産運用!毎月の積み立てとボーナスからまとまった資産を築く!

毎月の給与収入の一部と、半年毎に支払われるボーナスの一部を利用して、将来や老後に備えた資産形成に取り組む方法を紹介。この組み合わせ、資産運用の観点から見ても、とても理にかなった運用方法なんです
NO IMAGE 資産運用(初心者向けガイド)

コア・サテライト戦略で考える資産運用の方法

資産運用の方法が分からなければ、「コア・サテライト戦略」を取り入れてみませんか。この記事では、様々な金融商品の種類を挙げ、その中からコアサテライト運用に適した商品と、そうでない商品を分類し、資産運用の方法を紹介します
NO IMAGE 資産運用(初心者向けガイド)

50万円から始める少額資産運用。どんな投資する?

50万円あれば多くの金融商品を選択できます。株式や投資信託から、近年話題になるロボアドまで。本記事では、筆者の運用事例を挙げながら、50万円の運用配分などを紹介し、資産運用として50万円をどのように投資するか、を解説します
NO IMAGE 資産運用(初心者向けガイド)

貯金を元手に資産運用を始めるときに気をつけたいこと

「まとまったお金で資産運用」は運用初心者には優しくない。知らぬ間にハイリスクハイリターンな取引に手を出さないように注意
NO IMAGE 資産運用(初心者向けガイド)

筆者の資産運用例を紹介。ポートフォリオを真似したいあなたへ

筆者の資産運用の考え方を紹介。ぜひ運用体験談と一緒に読んでね。
NO IMAGE 資産運用(初心者向けガイド)

株式以外で資産運用!初心者向き商品と注意点を紹介

株式以外の金融商品を一挙紹介。ETFや投資信託といった商品を選択すれば、株式への直接投資よりもリスクを抑えつつ、将来に向けて資産形成に取り組める。ソーシャルレンディングやビットコインといった「儲かりそうな」商品の注意点も解説
NO IMAGE 資産運用(初心者向けガイド)

インフレ対策を実現できる資産運用

インフレ対策の定番商品は純金や債券、株式など。投資信託を通じて投資すると毎月500円からインフレ対策可能です。
NO IMAGE 資産運用(初心者向けガイド)

債券投資でローリスクな資産運用を始めよう!

ローリスクの金融商品は国内債券(利付債券・個人向け債券)です。現金預金と個人向け債券を中心にした資産運用なら、元本割れリスクを抑えた運用が可能です。その他、MMFやMRFなど普段なじみの無い金融商品についても紹介します
NO IMAGE 資産運用(初心者向けガイド)

最強の資産運用が積立投信である5つの理由

資産運用の方法は数あれど、積立投信こそが最強の資産運用だと筆者は考えます。そこには積立投信ならではの優れた理由があります。
NO IMAGE 資産運用(初心者向けガイド)

資産運用は銀行と証券会社のどちらで行うのが良いの?

資産運用を始める際に最寄の銀行やゆうちょ、JAバンクなどで相談しようとしていませんか?それはちょっと待ってください。資産運用で選択できる商品は各金融機関によって大きく異なり、あなたの運用成績の差として現れます。もしかしたら損をしているかも?
NO IMAGE 資産運用(初心者向けガイド)

資産運用はなぜ分散投資が推奨されるのか

資産運用において推奨される分散投資は、単にたくさんの金融商品に投資を行うことではありません。例えば日本株式と日本債券のように、なるべくお互いに独立して値動きする商品を選ぶのがポイントです。
NO IMAGE 資産運用(初心者向けガイド)

なぜ資産運用が必要なのか。将来生じうる2つの問題

わが国の年金の枯渇や、インフレ下でのお金の目減りは、将来の私たちの生活に多大な影響を与える可能性があります。その時に不自由なく生きていけるのは、お金をよりたくさん持っている人です。今なら1万円以内での超少額投資も可能ですから、退職金を投資で溶かす前に試してみませんか。
NO IMAGE 資産運用(初心者向けガイド)

ボーナスで資産運用を始めよう!何かオススメはある?

ボーナスでの資産運用に向いている様々な金融商品を紹介。ボーナスを運用する場合、積極的にお金を増やすことを狙うか、あまりお金を減らさないことを前提に運用するかで、選ぶべき商品は変わってきます。良くわからなければ、バランス型投資信託に積み立てるのも一つの手です
NO IMAGE 資産運用(初心者向けガイド)

資産運用を始めるときにはどのような本が役立つ?

資産運用について、浅く幅広く情報を得たいならば、例えばムック本を。狭く深く情報を得たいならば、専門家やFPが執筆した実用書が役立ちます。ネット上の話題は書籍よりも速報性がありますから、そちらも同時にチェックされると良いと思います。
スポンサーリンク