Macでも株取引や資産運用ってできる?

パソコンを利用した株取引や資産運用は、暗黙の了解としてWindowsが前提になっていることが多いです。 パソコンのシェアはWindowsユーザーが多く、iMacやMacBookなどのApple製品を選択する人は特定の業界やブランドを好む人に限られるからです。

そんなわけで出てくるのは「Macユーザーは株や投資信託を買えないのか?」という話です。

もちろんそんなことはありません。 Macユーザーも株や投資信託を買えます

Mac(およびLinux)の場合にはウェブブラウザを通じて株や投資信託を売買できます。 詳しい手順は本文に画像付きで紹介しています。

様々な銘柄のチャートを高速で同時表示できる専用のデイトレアプリはWindowsに限定されることが多いです。 主要ネット証券では、楽天証券のみがMacにインストールして利用するデイトレツールを提供しています(一部制限あり)。

MacBook等を利用した株や投資信託の取引は、どの証券会社を利用していても売買可能です。 専用ツールを使いこなすデイトレーダーに憧れるなら楽天証券が適しています(というか、楽天証券しか選択肢がありません)。

>>株主優待やロボアドについて、ネット証券最大手SBI証券にインタビューしてきました!<<

公開:2016年07月08日 最終更新:2016年11月23日

[広告]

はじめに

パソコンで株取引や資産運用というと、暗黙の了解でパソコンはWindowsを指していることが多いです。 理由は簡単で、パソコン利用者の中ではWindowsが最もシェアを占めているからです。

Macは特にアーティストやフリーランス・ノマドと呼ばれる人達に選ばれることが多いです。

ただ、これは「Windowsでなければ株取引や資産運用ができない」とは限りません。 たしかに環境上不便なところもありますが、Macでも株取引や資産運用はできます

現に筆者はMacbook Airを利用して株や投資信託を選んだり買ったりしています。

以下、「Macでも株取引や資産運用ってできる?」と題して、Macでできることとできないことを紹介します。

一般にMac(+ Linux)の場合、専用のデイトレアプリは使えないことが多いです。 証券会社がMac向けの取引アプリをリリースしていないためです。

例えばSBI証券のデイトレアプリ(HYPER SBI)もexe形式(Windows向け)のアプリケーションに限られます。

ゆえに、Mac(+ Linux)では、ウェブブラウザ経由で取引することになります。

Macでの株取引例

株取引に利用したMacBook Air

筆者のMacBook Air(Early 2014)

筆者のMacBook Air(Early 2014)

以下では筆者のMacBook Airを利用してETF(株式と投資信託のいいとこ取りをしたETFで資産運用!)を売買した事例をご紹介します。

筆者のMacBook Airは13インチのEarly 2014モデルです。

  • Core i5 4260U(1.4GHz)
  • 4GB
  • 128GBストレージ

と、カスタマイズも何もしていない、ごく標準的な性能を持っています。 現行のMacBook Airや、上位モデルのMacBookはより優れたスペックを持っています。

もともとiPhone/iPad向けのアプリ作成のために買ったものでしたが、その後WindowsのノートPCが壊れてしまったため、汎用で使うようになりました。 普段はWindows使いのため、Windows PCから株や投資信託を買うことが多いです。

今回は本記事作成のためにMacBook Airから取引してみました。

なお、買い付け余力がないので、株価5円の天然ガスETF(1万円でガソリンと天然ガスに投資する方法)で笑

株を売買する手順

といっても、ウェブブラウザを利用する場合にはWindowsと同じです。 すなわち、

  • ログインして
  • 欲しい商品を選択して
  • 買うだけ

です。

というわけでログインします。

MacBook AirでSBI証券にログイン

MacBook AirでSBI証券にログイン

PCサイトのログイン後の画面は、Windowsを利用したときと同じです。

なお、長期保有するイオン株(イオン株はどこで買うの?株主優待と株の購入方法を徹底解説!)が2016年7月6日の四半期決算で赤字になり、1万円を超える含み損になっているのはあなたとの秘密です。

今回は天然ガスETFを買います。

買い注文画面その1

買い注文画面その1

買い注文画面その2

買い注文画面その2

注文受付完了

注文受付完了

上図のように、ここでは天然ガスETFに対して1円での指値注文(指値については会社勤めのサラリーマンはいつ株を買うの?)を入れています。

今回は敢えて約定しない価格で注文したため、買いには至りませんでしたが、これでちゃんと東証まで注文が行っています。 約定する価格で発注を行っていれば、あなたはMac経由で株を買ったことになります。

ちなみに今回は注文を取り消そうと思います。 買おうかと思いましたが、気が変わったためです。

注文紹介画面

注文紹介画面

注文取消し完了

注文取消し完了

注文照会から現在の注文を確認し、取り消したい注文の取消リンクをクリックすると、注文は取り消せます。 この操作ももちろんMacから操作可能です。

今回はMacBook Airを利用していますが、例えばUbuntuのようなLinux OSも同様です。 Linuxの場合はFirefoxなどを使うと思いますが、上記の流れと同じ手順で取引できます。

ネット証券におけるMacでの取引対応状況

主要ネット5証券(詳細はネット証券って大丈夫?不安なあなたが気になりそうなことをまとめました)におけるMacでの取引対応状況をまとめました。

表1. Mac OSの取引対応状況

SBI証券 楽天証券 マネックス証券 カブドットコム証券 松井証券
ウェブブラウザ取引
デイトレ専用ツール(※1) 提供無し
(Windowsのみ)
MARKETSPEED for Mac 提供無し
(Windowsのみ)
提供無し
(Windowsのみ)
提供無し
(Windowsのみ)

2016年07月08日現在インストックネット調べ

※1 PCにインストールして使うタイプに限定。

2016年07月08日現在で、楽天証券を除くネット証券4社は、Windowsにインストールして利用するデイトレアプリを提供していますが、Macにインストールして使うアプリは提供していません。 もし、それらのネット証券を利用するならば、取引はウェブブラウザから行う(これまで述べてきた方法)ことになります。

MARKETSPEED for Macを使えるよ

楽天証券のみ、MARKETSPEED for Macという名のMac向けのデイトレアプリを提供しています。 iPhoneやiPadとの連携も可能で利便性が高いのが特徴です。

MARKETSPEED for Macの取引推奨環境はOS X 10.9以降です。 対応機種は2007年ごろ以降のiMacやMacBookなどが含まれますが、OS X 10.9がリリースされたのは2013年のため、それ以前のMacではOSが古くなっている可能性があります。 MacのOSメジャーアップデートは無償ですから、古くなっている場合にはアップデートをオススメします。

OS X 10.9はおおよそ2008年ごろのモデルから対応しているため、それより古いモデルの場合には買い替えが必要になるかもしれません。

MARKETSPEED for Macを利用するためには、App Storeから入手しインストールします。 もちろん楽天証券への口座開設が必要です。

なお、MARKETSPEED for Macでは楽天証券でデイトレーダーデビュー!?「いちにち信用」の概要を紹介!で紹介する「いちにち信用(一般信用取引)」を利用できません。 もしあなたが株取引の上級者になって、MARKETSPEED for Macを使って信用取引を始めたい場合には制度信用をご利用ください。

まとめ

以上です。 まとめると、

  • Macでも株取引や資産運用ができます
  • Macで利用できるデイトレアプリは2016年07月08日現在で楽天証券のみ配布しています
  • 楽天証券以外を利用する場合にはブラウザを通じて取引を

Macで株取引はできますが、専用デイトレツールを使うには証券会社を選ぶ必要があります。 あなたが口座を開設した証券会社がMac向けのツールを提供していない場合には、ウェブブラウザ経由で発注してみてください。

通信速度やセキュリティの問題はありますが、MacBookとMARKETSPEED for Macを用いてコーヒーチェーン店でデイトレ、も不可能ではありません。 もし、Macに適した証券会社を探していましたら、楽天証券のおすすめポイントも合わせてチェックしてみてください。

楽天証券のマーケットスピード(リンク先はサイト外です)

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

初めての資産運用目的パソコンを選ぶなら

様々なパソコンの中でもMicrosoft社のSurfaceシリーズは性能が高く、初めての1台としてもオススメ。 タブレットとしても利用できるため、いつもの取引環境をそのまま屋外に持ち出せます。
初めての資産運用では、マルチディスプレイを6枚も8枚も並べる必要はありません。
詳しくは、資産運用目的のパソコンはMicrosoft Surfaceででご紹介します。

広告

広告

関連記事

サムネイル

[デジタルツールで株取引やFXをする方法]

タブレット端末で株取引。屋外でどうやってインターネットにつなぐの?

外出時にタブレット端末で株取引を行うためには、無料Wi-Fiスポットを利用するか、専用のデータ通信端末を利用するかの2つが考えられます。 SIMフリー端末であればMVNOとの契約で、取引を行うことも可能です。

サムネイル

[パソコン編]

株やFXを始めるのに必要なパソコンの性能は?

株取引に適したパソコンの選び方をご紹介します。現在市販のモデルが1台あれば十分で、モニターを何台も買い揃える必要もありません。

サムネイル

[パソコン編]

マルチディスプレイ対応の株取引用パソコンってどこで手に入るの?

株の売買や為替取引でどうしてもディスプレイを3枚も4枚も並べたくなったら。

サムネイル

[パソコン編]

パソコンで資産運用する人のためのセキュリティリスク対策

パソコン(Windows)で資産運用を行う際、経済的なリスク以外に、パソコンやインターネットが抱えるセキュリティリスクを意識する必要があります。 リスクを放置した場合、パソコンが破壊されたり、あなたの資産を失ったりする可能性があるからです。

サムネイル

[パソコン編]

普通のパソコンでも投資信託や株式売買できる?

「普通のパソコン」、すなわち家電量販店でも売っているような国内メーカー製パソコンでも、株や投資信託を売買ができます。 初めてパソコンを買うけど、インターネットのセキュリティソフトウェアもよくわかないあなたには、国内メーカー製パソコンが最適です。

資産運用目的のパソコンはMicrosoft Surfaceで

[パソコン編]

資産運用目的のパソコンはMicrosoft Surfaceで

Microsoft Surfaceは余計な装飾のないハイスペックなWindows PCです。 ノートPCとしてもタブレットとしても利用できるため、場所を選ばない機動性も魅力です。

サムネイル

[10万円資産運用編]

パソコンを利用した株の始め方

パソコンを利用した株の始め方を紹介します。 資産運用定番のツールはやはりパソコンです。 その代わり、インターネットへつなぐことへのセキュリティリスクにはご注意。

サムネイル

[お勧めのデジタルツール]

Y!mobile Pocket WiFiのおすすめポイント

Y!mobile Pocket WiFiのおすすめポイントをご紹介します。外出時に筆者が愛用しているモバイルWi-Fiルーターです。

楽天証券のおすすめポイント

[おすすめの証券会社]

楽天証券のおすすめポイント

ネット証券業界第2位の楽天証券は、もちろん楽天グループの連携が強みです。 Mac OS用のデイトレアプリや原油先物取引など、かゆい所に手が届くサービスも魅力的です。

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

カテゴリー内リンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うようお願いいたします。