ブログの更新情報をLINEで配信しています♪(LINEはあなたの個人名は見えませんのでお気軽に追加してね!)

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

ドトールの株主優待はどんな内容?株主優待カードとバリューカードの違いなどを解説!

\シェアしてください!/

ドトール・日レスホールディングス(以下ドトール)は、喫茶店や飲食店の経営などを行っている会社です。

コーヒーショップのドトールをはじめ、エクセルシオールカフェ、星乃珈琲店、パスタ専門店の洋麺屋五右衛門など多くのブランドがあります。

ドトールは株主優待を実施しており、全国のドトールで利用できることから、コーヒー好きの方におすすめの株主優待です。

また、この数年で優待内容が変更されているので、以前に株主だった方も株の購入を検討してもよいかもしれません。

今回はドトールの株主優待の内容、そして、ドトールとよく比較されるコーヒー会社との比較についても解説します。

スポンサーリンク

ドトール株式の概要

ドトール株式の概要
証券コード3087
最近の株価1株2,465円
最新の株価はヤフーファイナンス
売買単位100株
最低投資額246,500円 + 証券会社固有の買付手数料
権利確定月2月
2018年2月23日
株主優待(2017年実績)
配当金(2017年実績)
公式サイト株主優待制度|株式会社ドトール・日レスホールディングス

2018年4月12日現在。

ドトール株主になるには

ドトールの株主優待や配当金をもらうには、ドトールの株主になる必要があります。株主になる手順は以下の通りです。

  1. 証券会社で口座を開設する
  2. ドトールの株式を100株購入する
  3. 権利確定日(2月末)まで株式を保有し続ける
  4. 権利確定日の数ヶ月後に株主優待、配当金を受け取る

ドトールの株価(2018年4月12日現在)は1株2,465円なので、100株購入するために必要なお金は約25万円です。

2018年の配当は1株32円と予想されており、100株保有で年間3,200円の配当がもらえる見込みです。

ドトールの株主優待の内容

次に、ドトールの株主優待の内容を確認していきましょう。

株主優待の内容

ドトールの株主優待の内容
保有株数優待内容
100株以上300株未満1,000円分の株主優待カード
300株以上500株未満3,000円分の株主優待カード
500株以上5,000円分の株主優待カード

ドトールの株主になると、保有株数に応じて、全国のドトールで利用できる株主優待カードがもらえます。

2015年2月期までは自社製品でしたが、現在は株主優待カードに変更されています。

保有株数を100株から300株(3倍)、500株(5倍)に増やすと、株主優待カードの金額も3,000円(3倍)、5,000円(5倍)に増えるので、「100株、300株、500株」のいずれかで保有するのがお得です。

株主優待カードが利用できるのはドトールのみで、エクセルシオールカフェや星乃珈琲店では利用できないのでご注意ください。

株主優待制度|株式会社ドトール・日レスホールディングス(公式サイト)

ドトールバリューカードと株主優待カードの違い

ドトールには「バリューカード」と呼ばれるプリペイドカードがありますが、株主優待カードと何が違うのでしょうか。

ドトールバリューカードは、ドトール、エクセルシオールカフェなどで利用できるキャッシュレスのプリペイドカードです。

nanacoやwaonのような電子マネーと同じように、店舗で現金、または会員登録してクレジットカードでチャージができます。

2,000円以上のチャージで5%のポイントが付与される、新商品の購入でポイントがもらえるなど、チャージや利用でポイントが貯まる仕組みがあるのが特徴です。

ドトールをよく利用する人は、バリューカードをうまく利用するとポイントが貯まるメリットがあります。

一方、株主優待カードは、保有株数に応じたポイントがあらかじめチャージされた使い切りのプリペイドカードです。

バリューカードとは違い、チャージはできません。また、ポイントが貯まる仕組みもないのでご注意ください。

ただし、株主優待カードのポイントはバリューカードに移行可能です。

そのため、株主優待カードからバリューカードにポイントを移行すれば、新商品の購入などでさらにポイントがもらえます。

ドトールバリューカード(公式サイト)

気になる利回りは?

ドトール株を100株保有した場合、優待利回りは約0.4%(1,000円÷246,500円)です。

また、配当利回りは約1.3%(年間3,200円)なので、配当+優待利回りは約1.7%になります。

優待利回りはあまり高くありませんが、配当と合わせると2%近くあり、今後の株価の動向によっては利回りが上昇する可能性もあります。

ドトールは自己資本比率が約80%と高く、配当金が安定して支払われているのも魅力です。

ドトールとよく比較されるコーヒー会社について

株主優待について、ドトールとともによく検索されているのが、タリーズコーヒーとネスレ日本です。この2つの会社は株主優待を実施しているのでしょうか。

次に、ドトールとよく比較されるタリーズコーヒー、ネスレ日本について確認していきましょう。

タリーズコーヒー

タリーズコーヒーはドトールとよく比較されますが、伊藤園(2593)のグループ会社で、株主優待は実施していません。

ちなみに、伊藤園は株主優待を実施しています。優待内容は以下の通りです。

伊藤園の株主優待の内容
保有株数優待内容
100株以上1,500円相当の自社製品
1,000株以上3,000円相当の自社製品

保有株数に応じて自社製品がもらえるので、今後はタリーズコーヒーブランドの製品が含まれるかもしれません。

しかし、株主優待でコーヒーをもらうなら、ドトールを選ぶほうがよいでしょう。

ちなみに、伊藤園の株価(2018年4月12日終値)は1株4,230円で、売買単位は100株単位なので、優待をもらうための最低投資額は約43万円です。

株主還元・配当|伊藤園(公式サイト)

ネスレ日本

ネスレはスイスにある世界最大の食品飲料会社で、ネスレ日本はネスレの日本法人です。

「ネスカフェゴールドブレンド」などのインスタントコーヒー、飲食店や職場などで利用されるコーヒーマシーンなど、ネスカフェブランドでさまざまなコーヒー製品を供給しています。

ネスレ日本もドトールとよく比較されますが、実は非上場会社で、株主優待は実施していません。

そのため、株主優待でコーヒーをもらうなら、ドトール株の購入をおすすめします。

ネスレ日本(公式サイト)

まとめ

  • ドトールの株主優待をもらうチャンスは年1回。2月末の権利確定日までに100株以上購入すればもらえる
  • ドトールバリューカードと株主優待カードの違いは、チャージができるかどうか。株主優待カードは使い切りでチャージはできないが、バリューカードにポイント移行は可能
  • ドトールとよく比較されるタリーズコーヒー、ネスレ日本は株主優待を実施していない。株主優待でコーヒーをもらうならドトール株を購入しよう

資産運用にオススメの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリッド預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。

SBI証券の口座開設手順と必要な時間・書類などを解説!

SBI証券のおすすめポイント

株取引の口座(証券口座)を開設する方法と必要書類の解説

株主優待

\シェアしてください!/






  • 金融商品の時価は変動しますので、投資元本を割り込む可能性も承知の上で投資するようになさってください。
  • 本コンテンツで紹介している金融商品は、将来必ず値上がり・利益が生じるとは限りません。
  • 筆者調査の上で記事を執筆しておりますが、記事には不備・間違いが含まれる可能性がございます。必ず、あなたご自身が確認するようになさってください。
  • 記事執筆時点の情報に基づくため、最新の情報とは差異が生じている可能性がございます。記述と現況が異なる場合には、現況を優先いたします。
  • 記事を参照したことで生じた損失の補填や保証などは一切行いません。
インストックネット