10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

公開:2017年06月01日 最終更新:2017年06月01日

株の銘柄選びに困ったらGMOクリック証券の財務分析を使え!

株価分析 | GMOクリック証券

株式投資において難しいのが、投資する株式銘柄の選び方です。現在東証には3,000を超える企業が上場しており、あなたはそこから限られた予算の範囲で投資先を選ばないといけません。

  • 配当金や株主優待をたくさん貰いたい!
  • できる限り儲けを大きくしたい!
  • でも、投資した企業が潰れてしまったら大変!

などなど、いろいろ考えちゃいますよね。

しかし、もしこの銘柄選びにちょっとした解決策やサポートがあるとしたら?

知りたいと思いませんか?

証券各社は様々な情報提供を通じて、あなたの投資をサポートしていますが、なかでも筆者が「これは!」と感じたのがGMOクリック証券の財務分析ツールです。

もしあなたが配当金や株主優待を得ることを目的とする中長期投資を志しているなら、ぜひこのツールをチェックしてほしいです。

もちろんですが、GMOクリック証券に口座開設することで利用可能になります。無料ですよ!

[広告]

GMOクリック証券

GMOクリック証券

GMOクリック証券とは

GMOグループに属するインターネット専業の証券会社です。

いわゆるネット証券5社(SBI証券、楽天証券、カブドットコム証券、マネックス証券、松井証券)に名前を連ねることはありませんが、特に株式取引やFXオプション取引(バイナリーオプション)で定評があります。

最近ではソーシャルレンディングサービスで業界トップの「maneo」とも提携し、高金利の貸付(私たちはお金を貸して金利を受け取る側)サービスも提供しています。

GMOグループはどちらかといえば、インターネットサービスの企業として知られているように感じます。例えば独自ドメインの取得・管理サービスを提供する「お名前.com」などのサービスを有しています。

GMOの名を冠した上場企業も多く、2017年6月1日現在で9社あります。このうち、GMOクリックホールディングス(証券コード:7177)がGMOクリック証券の株式を保有しています。

GMOクリック証券の財務分析ツールは何が凄いのか

誰でも簡単にファンダメンタル分析ができることです。グラフィカルで分かりやすく、過去10年にさかのぼって確認できます

ファンダメンタル分析は難しい!

中長期投資の際に重要視される財務分析、いわゆるファンダメンタル分析では、分析対象となる企業の売り上げや利益、負債などの推移を読み解き、そこから現在の株価が割安・割高なのか、また将来の有望性はあるかどうかを見出します。

この数字と向き合う分析はなかなかに難しく、誰でも手軽にとはいきません。過去の業績を閲覧し、そこから分析に使う数字を拾ってきて、エクセル上であれこれ加工しなければいけないからです。

この誰もがうんざりしそうなファンダメンタル分析を、

  • カラフルな図で
  • 過去10年間に渡って表示でき
  • さらに同業他社との比較も可能にする

のがGMOクリック証券の財務分析ツールです。

筆者はSBI証券、楽天証券、SMBC日興証券、マネックス証券、岡三オンライン証券と様々な証券会社のツールを見てきましたが、財務に関する情報提供はGMOクリック証券が一番だと思っています。

本当に手軽です。

財務分析ツールならこんな内容がチェックできる!

簡単に閲覧できる内容を紹介します。

なお、銘柄によってはこれら各種情報とともに一言コメントが掲載されています。各種図の見方さえ分からない、といった場合には大変有用です(ただ、そんな難しい図ではありませんが)。

株価分析

株価分析 | GMOクリック証券

理論株価と現在株価を比較できる株価分析

事業価値・財産価値・有利子負債から算出される理論株価と現在の株価を比較し、割高か割安かどうかを提供します。

株価は長期的には企業業績に追従すると言われます。成長見通しのある株主優待銘柄などを割安に取得できたら嬉しいですよね。

バリューチェーン分析

過去10年の、

  • 資金調達
  • 設備投資
  • 仕入れ・生産・販売・回収

などの企業の経営状況の推移を提供します。基本的には右肩上がりになるのが良いとされます。

貸借対照表

過去5年、ないし10年の財務状況を提示します。資産と負債・資本がそれぞれ色分けされ、分かりやすく表示されているのが魅力です。

キャッシュフローマトリックス

キャッシュフローマトリックス | GMOクリック証券

企業の拡大・縮小をグラフィカルに表示するキャッシュフローマトリックス

企業の投資キャッシュフローと営業キャッシュフローから、その企業が成長しているのか、低迷しているのか等、どういった状況下にあるかを判断します。

投資キャッシュフローは今後の事業拡大のための投資活動の指標で、営業キャッシュフローは事業活動から得た収入の指標です。

通常、投資キャッシュフローがマイナス、営業キャッシュフローがプラスになると、その企業は投資期・安定期にあると判断できます。その企業に投資できれば、将来の株価の伸びも期待できるはずです。

一方、投資キャッシュフローがプラス、営業キャッシュフローがマイナスになると、その企業は後退期・低迷期にあると判断できます。言うまでも無くネガティブな状況下で、今後の株価は低迷するかもしれません。

これらを過去10年にさかのぼって表示できるのがキャッシュフローマトリックスです。

株価シミュレータ

もし、将来の企業業績が変化した際に、現在の株価は割高か割安かをシミュレーションにて算出するツールです。将来の成績を保証するものではありませんが、1つの目安になると思います。

業績が伸び悩む企業は理論株価がマイナスになったりもするので、ざっくりと決めているようです。

株の銘柄選びにどのように役立てるか

いろいろ考え方はあるでしょうが、ここでは

  1. 理論株価をチェック
  2. バリューチェーン分析をチェック
  3. キャッシュフローマトリックスをチェック

といった流れで追ってみます。

お好みの銘柄の理論株価をチェック

例えば、個人投資家に人気の株主優待銘柄などを探すとします。この場合は、GMOクリック証券の株主優待検索を利用し、

  • 優待を獲得したい月
  • 獲得したい優待内容

にて株優待銘柄を絞りこむのが簡単です。

そして、絞り込んだ銘柄の財務分析画面を開き、理論株価と現在の株価を比較して、割安かどうかをチェックしてみると良いと思います。

例えば、ファミレスなどを展開する企業「すかいらーく(証券コード:3197)」の現在の株価は割高だと表示されました(2017年6月1日時点)。

個人投資家に人気の企業はどうしても株価が割高になりやすいですね。

次にバリューチェーン分析をチェック

バリューチェーン分析をチェックし、過去10年の企業業績推移を確認します。

例えば、三光マーケティングフーズ(証券コード:2762)のバリューチェーン分析を見ると、売り上げが落ち込んでいると一言コメントにて紹介されています。

「業績が悪いなら別の銘柄に投資しようかな」と、投資の判断材料にもできますね。

最後にキャッシュフローマトリックスをチェック

バリューチェーン分析とあわせてキャッシュフローマトリックスもチェックし、企業の拡大・縮小を視覚的に確認します。

例えば、個人投資家に人気の日本マクドナルドホールディングス(証券コード:2702)(日本マクドナルドホールディングス株の購入方法と株主優待を紹介)の2017年6月時点での判断は「安定期」です。

かつて業績不振がニュースになった2014年、2015年は「後退期」に分類されており、業績の悪さがキャッシュフローマトリックスにも現れていることがわかります。

よくある質問

財務分析は誰でも利用できますか?

いいえ、GMOクリック証券に口座を開設したユーザーのみ利用できます

利用のためには口座開設が必要です。

財務分析は無料で利用できますか?

はい、無料です。

口座開設自体も無料ですから、利用手数料の類は一切不要です。

スマホからはどのように利用しますか?

PCサイト | GMOクリック証券

スマホからPCサイトにログインしてみて

スマホのウェブブラウザ(Chrome、Safari)からGMOクリック証券をグーグル検索し、PCサイトにログインしてください。

あなたが安価なパソコンやタブレットをお持ちでしたら、それを利用すると大画面で見やすいと思います。

まとめ

以上をまとめると、

  • GMOクリック証券の財務分析ツールはグラフィカルで銘柄選びに役立ちやすい
  • 特に中・長期投資を志すなら、銘柄分析をした上で成長企業と思える企業を選ぶと良い
  • ツールを利用するには、GMOクリック証券の口座開設が必要。スマホからはPCサイトにログインして

です。

過去10年分表示できるため、わざわざ各企業の過去の情報を探す手間が省けるのも大きな魅力です。あなたが普段忙しいなら積極的に活用できると思います。

最終的に別の証券会社で株を買うにしても、このツールを見るためだけにGMOクリック証券に口座開設するのもオススメです。

ぜひチェックしてみて!

≪GMOクリック証券≫取引に必要なマーケット情報が充実!企業分析ツールや投資情報が無料!

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

初めての株の選び方。利益に繋がる株はどのように探すのか?

[株式投資編]

初めての株の選び方。利益に繋がる株はどのように探すのか?

株の選び方には短期向けのテクニカルと中長期向けのファンダメンタルの2つの手法があります。 あなたが中長期投資を志すなら、PBRとPERの2つの指標を覚えるのがその第一歩です。

日本マクドナルドホールディングス株の購入方法と株主優待を紹介

[株式投資編]

日本マクドナルドホールディングス株の購入方法と株主優待を紹介

全国のチェーン店で株主優待券を使える日本マクドナルドホールディングス株は個人投資家にも人気の銘柄。優待券でハンバーガーを食べてみませんか

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

インタビュー記事

SBI証券インタビュー

SBI証券に株主優待からロボアド、ビットコインまで徹底インタビュー!

岡三オンライン証券インタビュー

岡三オンライン証券に株主優待から「#カブトレンド」、100円投信まで徹底インタビュー!

取材記事

国内ETFの魅力と未来

マネックス、東証、ブラックロック・ジャパンが考える国内ETFの魅力と未来

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。

金融商品は、商品の特性上、取引によって損失が生じる恐れがあります。 自己責任にて取引を行うようお願いいたします。