公開:2017年06月18日 最終更新:2017年06月18日

SBI証券のデメリット

Photo by ぱくたそ

「SBI証券はネット証券最大手だしオススメ!」と聞いて「本当はデメリットなどないのかな」と不安に感じていませんか。

たしかに350万口座の開設数もあるので、ネット証券で最も選ばれているのはたしかです。

同証券の愛用者もたくさんいらっしゃいますし、筆者もその中の一人です。

それでも、やっぱり不安だ」というあなたのために、SBI証券のデメリットを紹介します。

資産運用・資産形成を始めたいけれども、証券会社選びでつまづいていて始められないあなたへ、この記事をささげます。

なお、主にメリット面や筆者のオススメなどはSBI証券のおすすめポイントに記載しています。

[広告]

SBI証券の取扱商品はこんなにいっぱい

図1. SBI証券の取扱商品はこんなにいっぱい

選べる商品数が多すぎ!!

筆者が考える、SBI証券最大のデメリットは選べる商品が多すぎるという点です。

  • 株式?配当金とか株主優待ね
  • 個人向け国債?ああ、郵便局とかでも売ってるやつね
  • 投資信託?・・・投資信託?
  • FX?えーと外国為替のことかな?
  • CFD??
  • eワラント???
  • NISA????
  • 先物?????先物とかちょっとやばくない?

まぁ、こんな感じでしょうか。

ネット証券は商品を増やす方向に進んでいる

同社の商品開発部の方によると、SBI証券は今後も商品拡充を目指す方向にあると仰っていました。

証券でいきますと、我々は商品ラインナップを充実させていくと。弊社は設立以来、例えば手数料の引き下げなど、一貫して投資家の方にまずは喜んでいただこうと考えてきました。

そのため、新サービス・新商品というのは他社に劣らない形で全てフルラインナップでそろえて行くつもりです。

ビットコイン以外で何か新サービスはありますか?

SBI証券に限らず、ネット証券は全般的に商品数を多数揃える方向に向かっています

ネット証券がお互いをライバル視しているためですが、この方針は私たちにとってはメリットにもデメリットにもなります。

多すぎる商品は投資意欲を減らす

あまりにも選択肢が多くなりすぎると、迷いがちな私たちは投資意欲を失ってしまいます。

物が多すぎて選べないからです。

それでも、なにか目安があれば良いのですが、そもそも「周りの人がどんな商品でどのように資産形成をしているか」とか、なかなか表に出てこないですからね。

そこを自分で考えないといけないんです。

しかも、投資の勉強とかしていない状態で選ばなきゃいけないのですから。

不安に感じて「やめちゃおう」って思っちゃいますよね。。。

現在のネット証券は、

  • すでに投資経験がある
  • もしくは、強く投資してみたい商品がある

人たちには強いのですが、

  • 資産形成はしたいが何を選べばよいのかがわからない
  • ぜひオススメ商品を教えて欲しい。教えてもらえるなら運用したい

と考える人たちには、ハードルが高く感じるかと思います。

SBI証券の商品選択に迷ったならコレをチェック!

とはいえ、現役世代の私たちがSBI証券のようなネット証券を通じて投資を行うことは理にかなっています

昼間働いていれば、従来の対面式証券会社の窓口に出向くことなど不可能ですから。

というわけで、いくつかタイプ別にチェックして欲しい商品を紹介します。

デイトレード(短期売買)がしたい場合

国内株式がオススメです。

SBI証券では、

  • Windows パソコン向けにHYPER SBI
  • スマホ向けにHYPER 株アプリ(Android / iPhone兼用)

をそれぞれ提供しています。

あなたが昼間働く会社員ならHYPER 株アプリを、昼間時間のある自営業者や学生ならHYPER SBIとHYPER 株アプリの併用がオススメです。

SBI証券の手数料体系は2つありますので、短期取引向けのアクティブプランを選択します。

株主優待が欲しい場合

国内株式がオススメです。

SBI証券では、「おすすめ優待GET!優待全力応援!SBI証券!」というコンテンツを提供しており、よく疑問に思われやすい権利付き最終日(権利確定日)等や、オススメ優待などを紹介しています。

僭越ながら、筆者も6月優待のオススメ銘柄や、株主優待にまつわるエピソードなどを紹介させていただいています。

SBI証券はあなたが株主優待を取得することに優しい証券会社です。

もちろんイオンやマクドナルドなど全ての優待銘柄を購入できますし、メルマガ等を通じて、優待にまつわる様々なコンテンツを提供してくれます。

おそらくネット証券の中でももっとも頻繁に株主優待情報を流してるんじゃないでしょうか。GMOクリック証券のように、メルマガすらほとんど来ない証券会社なんてのもありますし。

資産形成を始めたい場合

WealthNavi for SBI証券」がオススメです。

「WealthNavi for SBI証券」はいわゆるロボアドと呼ばれる金融商品の1つで、プログラムが自動的にあなたの資産を運用します。

SBI証券の商品開発の方によると、以下のように回答いただいています。

「投資をやりたいけど何が良いかわからないよ」って方とか、20代30代の資産形成層のサラリーマンで普段忙しくしていて、一つ一つの銘柄を見ている余裕が無い方とか。

(中略)今後の資産形成層を意識されている方、資産形成をしたい、運用したいのだけども誰に資産運用の相談をすれば良いかわからない、そういった方々のニーズにロボアドの運用は役に立つのかな、と考えております

WealthNavi for SBI証券はどんな人に向いていますか?

まさに、資産形成に迷っているあなたの最適だと思いますが、いかがでしょうか。

投資可能額が限られる場合

「WealthNavi for SBI証券」はたしかに便利なのですが、最初に30万円投資する必要がある点がネガティブです。

ちょっとまとまったお金がないと厳しい。

その場合には投資信託がオススメです。

個人的には、投資信託のうち「ニッセイ外国株式インデックスファンド」をオススメしています。先進国全般に投資を行う商品で、資産形成先に向いています。

商品を選べないので運用を任せたい場合

「WealthNavi for SBI証券」がオススメです。

前項で述べたように、「WealthNavi for SBI証券」は本当にほったらかしで運用できる商品です。

なるべく損したくない場合

「個人向け国債」がオススメです。

ほとんど定期預金感覚で利用できます。

目的の商品があれば怖くない

結局のところ、資産運用・資産形成を通じてどこを目指したいかが決まっていると、商品が多すぎるというデメリットは克服できます

  • デイトレーダーとして名を残したいのか
  • 老後に向かってまとまった資金を貯めたいのか
  • 株主優待で桐谷さんのような不労収入生活をしたいのか

SBI証券をはじめとするネット証券は、その間口は広いのですが、あなたのその気持ちに基づく誘導はしてくれないんですよね。

ので、ここだけはあなたが考える必要があるんです。

筆者は、最初は単に「お金が欲しい」と思ってSBI証券の利用を始めましたが、今は「資産形成がしたい」と思い、株主優待銘柄の選定と投資信託の積み立てを行っています。

この目的自体は別に他の証券会社でも果たせるのですが、SBI証券は入出金が簡単だし、実際に中の人に会ってきたという点もあって、今後もメインの証券会社として使い続けると思います。

総合的な資産運用を考えた際には、やはりSBI証券はあなたに一番オススメしたい証券会社です。

よくある質問

たくさんある商品の全てに投資する必要はありますか?

いいえ、ありません。

あなたのお好みの商品だけをお選びください。

結局、SBI証券ではどの商品がオススメなんですか?

最近の情勢だと、「WealthNavi for SBI証券」を選ぶのが良いです。

他にデメリットはありませんか

2017年6月現在でパソコンで利用することを前提になっている点です。

スマホからはChromeやSafariなどを使って、パソコン向けのウェブサイトにログインすることになります。

SBI証券を利用していて何か不満に思ったことはありませんか

パソコン版ウェブサイトは株式や投資信託など、各商品ごとにわずかにデザインが異なるため、少し統一性に欠ける点に難を感じます。

ただ、どんなサービスも最初は慣れるまで時間が必要ですし、他の証券会社のウェブサイトもそう変わるものでもないです。デザイン性にこだわると資産形成は始まらなくなってしまいます。

筆者は他のネット証券にも口座を持っていますが、「なんだかんだで、SBI証券は筆者が一番資産を置いている証券会社」という点で察してください。

まとめ

以上をまとめると、

  • SBI証券の商品数は、始めて投資を志すあなたにとっては、あまりにも多すぎて障害になる可能性がある
  • ただ、投資する目的を持って商品を選ぼうとすれば、難しいものではない
  • とりあえず困ったらWealthNavi for SBI証券。もしくは筆者の運用事例も参考にしてみて

です。

商品開発の人たちは本当に誠実な方々で、ほんと口癖のように「みんなに喜んで欲しい」って仰っていました。

ただ、あなたに喜ばれるために取り扱い商品を増やしていくことが良いことなのかはわからなかったので、この記事を書くことにしました。

たしかにたくさん商品はありますが、すべての商品を見て消化不良を起こす必要はありません

  • デイトレードで儲けたいなら国内株式カテゴリだけをチェックしてください
  • 株主優待が欲しいなら国内株式カテゴリの「株主優待」をチェックしてください
  • とにかく資産形成したい・運用は任せたいなら、「WealthNavi for SBI証券」とか「自動資産運用ロボアド」とかを探してください

あなたに最適な商品はSBI証券にあります

もうちょっと見つけやすいと良かったんですけどね。

No.1ネット証券ではじめよう!株デビューするならSBI証券

上に戻る

広告

広告

関連記事

SBI証券のおすすめポイント

[おすすめの証券会社]

SBI証券のおすすめポイント

SBI証券はネット証券の中でもトップの口座開設数を持ち、預かり資産残高で業界第3位に位置する大手証券会社です。 商品取扱数と優れた手数料体系を持ち、特に少額での資産運用に最適な条件を持っています。

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

おすすめ記事

インストックネットオススメの資産運用方法

投資信託の積み立てサービスである、「投信積立」を使って長期的な資産形成を目指します。

株主優待が欲しいならイオンオーナーズカードを保有するととてもお得です。

証券口座開設時によくある質問は、

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。