資産運用情報サイト インストックネット

スポンサーリンク

新着記事

【SBI証券】海外ETFの買い方。スマホアプリは無いのでPCサイトからログインして購入しよう
【海外ETF】バンガード・米国トータル債券市場ETF「BND」の特徴。アメリカの債券市場に幅広く投資
海外ETFを使った資産運用の始め方。個人投資家に人気の有名銘柄や体験談など一挙に解説
【海外ETF】カナダETF「EWC」を購入するためにサクソバンク証券に口座開設しました
【ウェルスナビ】ワンタップバイ(OneTapBUY)との比較。資産形成にはどちらが向いているか
【ウェルスナビ】資産が増えないとき。そもそも「すぐに増えていくものではない」点を知っておこう
【ウェルスナビ】つみたてNISAとの違い。併用はOK?NG?どちらを優先すべき?
スポンサーリンク

メニュー

資産運用で利用できる節税制度

iDeCo(個人型確定拠出年金)
iDeCo(個人型確定拠出年金)
老後の年金を自分で作るための制度です。毎月の掛け金の分だけ所得控除となります
必見
つみたてNISA
つみたてNISA
毎年40万円まで投資信託を積み立てて購入できる制度です。一定の収入があるサラリーマンなどに向いています。つみたてNISA口座で購入した商品から得た利益は非課税になります
一般NISA
一般NISA
毎年120万円まで株式や投資信託などを購入できる制度です。一般NISA口座で購入した商品から得た利益は非課税になります
ジュニアNISA(こどもNISA)
ジュニアNISA(こどもNISA)
18歳未満の子供がいる場合に利用できる非課税制度です。子供名義の口座で株式などの金融商品を購入できます

金融商品別

株式投資
株式投資
投資信託
投資信託
国内債券
国内債券
米国株投資
米国株投資
米国債
米国債
外貨建てMMF(マネーマネジメントファンド)
外貨建てMMF(マネーマネジメントファンド)
テーマ投資
テーマ投資
ロボアド(ロボットアドバイザー)
ロボアド(ロボットアドバイザー)
仮想通貨
仮想通貨
先物取引
先物取引
FX(外国為替証拠金取引)
FX(外国為替証拠金取引)
原油・石油
原油・石油
純金・プラチナ
純金・プラチナ
ポイント・マイル
ポイント・マイル
預金
預金

証券口座解説など

証券口座・銀行口座開設
「証券口座・銀行口座開設」の記事一覧です。

資産運用とは

資産運用とは、投資や預金を通じて、あなたがもつ財産(お金・有価証券など)を増やすことです。近年は株式や投資信託など、多くの金融商品の少額化・小口化が進んでおり、若い私たちが資産運用を始めることも可能になりました。

資産運用を始めたい時、あなたが行うことは、

  1. 証券口座を開設する
  2. 証券口座にお金を入金する
  3. 株や投資信託を買う

の3つ。これであなたも個人投資家の仲間入りです。

インストックネットは、ファイナンシャルプランナーの資格勉強中で、かつ投資経験者(資産運用実践中)の筆者が学んだ運用ノウハウを、動画やインタビューも交えながら、詳しく紹介することを目指しています。

正しく、後悔することなく、そして確実に将来のお金を作るために。

さぁ、私たちと一緒に資産形成を始めませんか。

「どんな資産運用すればいいの?」と迷ったら

一言で金融商品といえど、その種類は株式や投資信託、債券などたくさんあります。いっぱいあって困りますよね。

そこで、「資産運用って何がいいんだろうな??」と迷っているなら、非課税制度である「NISA(一般NISA・つみたてNISA・ジュニアNISA)」や「iDeCo」などの利用をオススメします。これらは、運用で得た税金がかからないことと、毎月定額で積み立てできる点で、私たちの利用に適しています。

つみたてNISA
「つみたてNISA」の記事一覧です。
NISA(日本版少額投資非課税制度)
「NISA(日本版少額投資非課税制度)」の記事一覧です。
iDeCo(個人型確定拠出年金)
「iDeCo(個人型確定拠出年金)」の記事一覧です。

個人投資家に人気の投資は何?

個人投資家に人気の投資といえば、株式投資です。近年では書籍の影響もあって、米国株式への投資も話題です。

株式投資
資産運用と言えばやっぱり株式投資。かつては大金が必要だった株式投資ですが、最近は小額化が進んできたほか、単元未満株やOneTapBUY、Froggyなど、1万円以下で取引できるサービスも増えてきました。
米国株投資
アメリカ市場に上場する株式やETF(上場投資信託)の話題を紹介します。リーマンショック以降米国株は高いパフォーマンスを出し続けたことや、主要ネット証券の手数料引き下げのおかげで、初めての資産運用に米国株投資を選ぶ人も増えてきました。 海外E...

国内株式の場合には、多くの銘柄が50万円以下で購入できます。初期投資額として20〜30万円程度は用意したほうが良いです。

また、国内株式の場合には株主優待を利用できるのも1つのメリットですよね。イオングループの株主優待など、個人投資家に人気の銘柄も多いんです。

イオングループ
イオン(証券コード:8267)の株主優待は、株主優待の中でも特に魅力的な株主還元で、個人投資家に大人気。普段の買い物から3~7%のキャッシュバックのほか、映画やレストラン、旅行など、様々なシチュエーションで便利に使えるんです。 筆者は201...

資産運用ってどこでやるの?

現在働いているサラリーマンを中心に、インターネット専業の証券会社(ネット証券)を利用して運用を行います。取引端末として、スマホ・パソコン・タブレットなどを利用します。

証券口座・銀行口座開設
「証券口座・銀行口座開設」の記事一覧です。

ネット証券には「投資のやり方を相談する」サービスはありません。そのため、あなた自身が考えて、あなたの判断で運用することが求められます。インストックネットでは、そんなあなたのために、資産運用のやり方・考え方なども紹介しています。

初心者向けガイド
「初心者向けガイド」の記事一覧です。

動画deインストックネット

いまいちイメージできない投資・資産運用を動画で解説。

  • 文章じゃ想像つかない
  • そもそも文章読むの苦手!

こんな場合には、ぜひ動画をご覧になってみてください。

インストックネット公式
いわゆるネット証券の各種取引ツールの利用方法を紹介する解説動画を中心に公開しています。「パソコンやスマホで資産運用ってどんな感じ?」と感じるなら、本チャンネルの動画が役に立つと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました