公開:2014年04月05日 最終更新:2018年05月10日

執筆者:Mirai Takebe 運営者に問い合わせる

資産運用情報サイト
インストックネット

資産運用とは、投資や預金を通じて、あなたがもつ財産(お金・有価証券など)を増やすことです。

近年は株式や投資信託など、多くの金融商品の少額化・小口化が進んでおり、若い私たちが資産運用を始めることも可能になりました。

さらに、「つみたてNISA」や「iDeCo」など、毎月少額のお金を積立投資することで、資産形成に取り組める金融商品も増えてきています。

ビットコインのような仮想通貨やロボアド(ロボットアドバイザー)のように、テクノロジーの発展に伴う、新しい商品も登場しています。

資産運用を始めたい時、あなたが行うことは、

  1. 証券口座を開設する
  2. 証券口座にお金を入金する
  3. 株や投資信託を買う

の3つ。これであなたも個人投資家の仲間入りです。

弊サイトは、投資経験者(であり、資産運用実践中)の筆者が学んだ運用ノウハウを、動画やインタビューも交えながら、詳しく紹介することを目指しています。

正しく、後悔することなく、そして確実に将来のお金を作るために。

さぁ、私たちと一緒に資産形成を始めませんか。

広告

広告

最近追加した記事

オススメ記事5本

株はスマホで買おう(Photo by PIXTA)

少額資産運用のために準備するもの 少額資産運用のために準備するもの

10万円で少投資を始める方法を紹介。株や投資信託を買うためには証券口座が必要です。 24時間利用可能なネット証券に口座を持てばあなたの都合に合わせて取引ができます。

スマホで株を始める方法。取引アプリの動画も掲載! スマホで株を始める方法。取引アプリの動画も掲載!

デイトレも1,000円投資もスマホを利用するのが便利。証券口座開設から日ごろの株取引までのすべてをあなたのスマートフォン1台で完結できます

イオン株はどこで買うの?株主優待と購入方法を徹底紹介! イオン株はどこで買うの?株主優待と購入方法を徹底紹介!

優れた株主優待で人気のイオン株は普段の買い物から3~7%のキャッシュバックが魅力。スマホアプリを利用した株の買い方も動画付きで紹介。筆者もイオンの株主です!

SBI証券を利用したイオン株購入方法を動画付きで解説 SBI証券を利用したイオン株購入方法を動画付きで解説

イオンの株主である筆者がSBI証券を利用して株を買う理由と、買い方の手順を動画付きで紹介。あなたも次のイオンの株主優待で彩りある生活を向かえることができます

SBI証券のおすすめポイント SBI証券のおすすめポイント

SBI証券はネット証券の中でもトップの口座開設数を持ち、預かり資産残高で業界第3位に位置する大手証券会社。筆者も使ってますよ!

広告

広告

初心者が資産運用を始めるために

初心者向け資産運用ガイド

運用の始め方や、様々な金融商品をどのように選ぶか詳しく解説します。投資初心者である一般的なサラリーマンが老後資金に備えることを前提にしており、インフレ対策やマイナス金利政策など、経済と運用の関係も合わせて紹介。

1万円から始める超少額資産運用

金融商品の低額化が進んだ近年は、1万円から金融商品を購入することができます。投資初心者が取り組みやすい金融商品を紹介。

少額投資非課税制度(NISA(一般NISA))を使った資産運用

少額投資非課税制度(NISA(一般NISA))は、上限120万円の非課税枠を使って得た運用益は、全額非課税になる制度です。通常の課税口座(特定口座)で得た利益は税引後8割しか残らないため、一般NISAを使うことで、より多く手のお金を手にすることができます。

つみたてNISAを使った資産運用

つみたてNISAは「長期・分散・積立」を実現する2018年の新しい節税制度。運用で得た利益は全額非課税になるメリットがあります。毎月投資信託に積み立てて将来に備えられるため、初心者でも始めやすいのが特徴です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)の始め方

個人型確定拠出年金(iDeCo)はあなたの老後の年金を自分で作るための税制優遇制度です。毎月少額で積立投資できるほか、積立金は全額所得控除されるので節税策にも使えます。iDeCoとつみたてNISAと併用すると、老後のお金に対する備えができるので安心です。

大学生から始める少額資産運用

大学生から投資家になりたい人向けに。投資信託やETFを使えば、毎月1万円の積立投資も可能です。ビットコインなどを取引したい際の注意点も合わせて紹介。

金融商品の種類

ネットバンク

金利の高いネットバンクの預金や円定期預金は元本保証で人気があります。また、ネットバンクには振込手数料が無料・少ないといったメリットもあります。銀行で運用はインフレに負ける可能性があるため、余裕資金の一部は投資信託やロボアドに投資することをオススメします。

国内株式投資(現物投資)

株主優待や配当金など、株式投資には様々なメリットが。NISAと組み合わせて使うとさらにお得になります。国内企業の約8割は50万円以内で購入できます。

サブコンテンツ

イオングループの株主優待に話題を絞って紹介。イオンの株式を長期保有すると、優れた株主優待のおかげで、生活費の支出を抑え、お金を残しやすくするメリットがあります。グループであるイオン銀行やイオンカードなどとも組み合わせるとさらにお得に

IPO(新規上場株投資)は、新しく上場する企業の株式を購入する手法です。上場後に株価が上がりやすく、ローリスクハイリターンの投資として積極的に使われています。

信用取引は上級者向けの株式投資。初心者はまず現物取引から始めましょう。

米国株投資

米国株は国内株式以上に安価。アメリカの経済成長に期待し、米国株に積極的に投資する投資家も多いです。ネット証券を利用すればお得な手数料で投資できます。アマゾンやグーグルなど、世界の有名企業の株式も買えますよ!

国内ETF

ETF(上場投資信託)は株と同じ方法で売買する投資信託。大半は1口5万円以内と、実は初心者でも簡単に購入できる金融商品の1つです。あまり知られていないのがデメリット。一般NISAを通じて購入することも可能です。

海外ETF

海外ETFは国内ETF以上に種類が豊富。近年話題のロボアド(ロボットアドバイザー)も海外ETFを使って運用しています。

REIT(不動産投資信託)

REIT(不動産投資信託)は株式と同じ方法で不動産に投資できる金融商品。分配金収入目的での投資や、将来不動産投資家になりたい場合にも利用できます。ポイントは生活費を補う収入を欲しい時に、マンションやアパートを買うよりも簡単に投資できること。ETFとともに、もっと知られても良い金融商品です。

投資信託

投資信託は、運用のプロがあなたのお金を運用する金融商品。税制優遇制度である「つみたてNISA」や「iDeCo」を通じて購入できる商品もあります。サラリーマンの資産形成には投資信託を使うのが最も簡単で、おすすめです。

サブコンテンツ

2016年にベストセラーになった「3000円投資生活」を使って資産形成を始める方法を紹介。毎月3000円の積立投資は、初心者でも導入しやすい資産形成術です。インフレや老後資金に不安を感じるなら、まずは3000円から始めてみましょう。

債券(社債・地方債・外国債券)

債券投資は企業や自治体、国にお金を貸し、その金利収入を得ます。個人向け国債のほか、安定性の高い米国債や、利回りの高い新興国債券も人気があります。株式よりもローリスクに運用できるため、特に資産を守りつつ運用したい時に最適。

MMF(マネーマネジメントファンド)

短期の公社債(国債、地方自治体が発行する地方債、企業が発行する社債など)を通じて運用される投資信託がMMF(マネーマネジメントファンド)です。定期預金に似た安全性が魅力で、様々な金融商品の中でも特にローリスクさがポイントです。

原油

コモディティと呼ばれる金融商品のうち、原油価格に連動する商品を購入する方法を紹介。ETFやETN、投資信託や原油先物などがあります。

ソーシャルレンディング(投資型クラウドファンディング)

ソーシャルレンディングは、中小企業や新興企業にお金を融資する新しい金融商品の1つ。リスクは高いものの、高い利回りが魅力的な金融商品です。

仮想通貨投資

ビットコインやアルトコイン(ビットコインから派生した仮想通貨)などの購入方法とリスクを紹介。少額から取引できることと、大きな値動きが魅力で、特に20代や30代の若い男性に人気の金融商品です。

FX(外国為替証拠金取引)

為替取引を利用して、大金を得る方法がFXです。 レバレッジをかけることで短期的に大きく利益を上げられる一方、借金を背負う可能性もあるハイリスクハイリターンの取引です。

取引ツール

デジタルツールで株取引やFXをする方法

ネット証券はスマホやパソコンなど、インターネットに接続されたツールを使って取引します。

スマホで株取引

スマホで株取引を始めるための準備やセキュリティリスク対策などを紹介します。

サブコンテンツ

1000円から株式を購入できる「OneTapBuy」の特徴や使い方を紹介。スマホアプリで簡単に株を買えるので、投資初心者が選びやすいのが特徴です。アメリカの有名企業への積立投資もできますよ!

タブレットで株取引

タブレットで株取引を始めるための準備やセキュリティリスク対策などを紹介します。

その他コンテンツ

資産運用にオススメの証券会社

ネット証券を使えば、スマホやパソコンから簡単に取引できます。SBI証券や楽天証券など多くの投資家に選ばれる有名なネット証券について紹介。

サブコンテンツ

ネット証券のうち、口座開設数首位であるSBI証券の口座開設方法や入金方法などを紹介。

ネット証券のうち、口座開設数2位である楽天証券の口座開設方法や入金方法などを紹介。

レポート・インタビュー

インタビュー記事を掲載します。

個人投資家ってどんな人たち?

個人投資家の特徴を紹介します。意外と普通のサラリーマンが運用してたりするんです。

筆者の資産運用体験談

他人の運用方法を知りたい初心者の方はどうぞ。

最近作った初心者向けガイド動画

ネット証券初心者に向けて、取引方法を紹介する動画を作っています。

全動画はこちら→Youtube

【SBI証券】つみたてNISAを利用した投資信託の積立方法。パソコン向け

【1分で分かる】イオン株主優待と入手方法

クイズで覚える資産運用

クイズで覚える資産運用

初心者にとって難しい資産運用の話はクイズで簡単に覚えちゃおう!今話題のテーマをクイズで紹介!あなたは何問正解できるか!?

クイズで覚える資産運用

インタビュー記事

SBI証券に株主優待からロボアド、ビットコインまで徹底インタビュー!

[レポート・インタビュー]

SBI証券に株主優待からロボアド、ビットコインまで徹底インタビュー!

最大手ネット証券が考える株主優待投資の魅力やお得な取得方法、そして今話題の「WealthNavi for SBI証券」など、いろいろ聞いてきちゃいました

岡三オンライン証券に株主優待から「#カブトレンド」、100円投信まで徹底インタビュー!

[レポート・インタビュー]

岡三オンライン証券に株主優待から「#カブトレンド」、100円投信まで徹底インタビュー!

「情報の岡三」とも呼ばれる岡三グループのネット証券「岡三オンライン証券」の利用者層や強み、新サービスなどを紹介。タイアップキャンペーンもあるよ

機関投資家の仕事内容を教えてください!FPの戸田薫さんにインタビュー!

[レポート・インタビュー]

機関投資家の仕事内容を教えてください!FPの戸田薫さんにインタビュー!

元機関投資家の戸田薫さんにインタビューを実施。仕事内容や1日の流れ、仕事の中で大変だった点や良かった点などを詳細に教えていただきました

ファイナンシャルプランナーに相談する方法を教えてください!元・機関投資家でFPの戸田薫さんにインタビュー!

[レポート・インタビュー]

ファイナンシャルプランナーに相談する方法を教えてください!元・機関投資家でFPの戸田薫さんにインタビュー!

相談してみたい将来のお金のこと。元機関投資家で現役のファイナンシャルプランナーに相談方法や相談事例などをインタビュー。あなたの身近で信頼できるFPの探し方も教えていただきました

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

株や投資信託の取引方法を解説する、投資初心者向けの動画を配信中!チャンネル登録もよろしくお願いします!

更新状況配信しています

更新状況やちょっとした小ネタを配信していますので、是非フォローをお願いします!

友だち追加

弊サイトのLINE@の運用方針はユーザーサポートにて紹介しています。

インタビュー記事

SBI証券インタビュー

SBI証券に株主優待からロボアド、ビットコインまで徹底インタビュー!

岡三オンライン証券インタビュー

岡三オンライン証券に株主優待から「#カブトレンド」、100円投信まで徹底インタビュー!

機関投資家の仕事内容を教えてください!FPの戸田薫さんにインタビュー!

機関投資家の仕事内容を教えてください!FPの戸田薫さんにインタビュー!

ファイナンシャルプランナーに相談する方法を教えてください!元・機関投資家でFPの戸田薫さんにインタビュー!

ファイナンシャルプランナーに相談する方法を教えてください!元・機関投資家でFPの戸田薫さんにインタビュー!

取材記事

国内ETFの魅力と未来

マネックス証券、東証、ブラックロック・ジャパンが考える国内ETFの魅力と未来

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。

ご意見・お問い合わせは「web-support■instock-ex.net ■を@へ」へお知らせください。