10万円から始める少額資産運用サイト インストックネット

NISAっていくらから始めることができるの?

NISAは120万円まで非課税になるという制度ですから、いくらから始めるかどうかはNISAと関係がありません。 積立投信でNISAを利用すれば500円から始められますし、単元未満株制度なら100円からでも始められます。

いくらからNISAを始めるかは、あなたがいくら投資をしたいか、にかかっています。 制度的な縛りは、上限が120万円ということだけです。

NISAで何を買うかは悩ましいですが、筆者は分配金の良いETFなどを中心に買い付けています。 お試しで毎月分配ファンドもNISAで買っていますが、こちらは失敗に終わりました笑

公開:2016年02月03日 最終更新:2016年04月17日

[広告]

はじめに

NISAと言えば、100万円or120万円という数字だけがよく知られています。 このことから、「100万円or120万円持っていないとNISAは始められないのでは?」と考える方がいらっしゃるようです。

もちろん、それは誤解です。

5000円や1万円株や投資信託を始めるのと同じように、NISAだっていくらからでも始められるのです。

そこで本記事では、NISAを上限まで使わないことを前提に、NISAに適した少額投資を紹介したいと思います。 例えば、「NISAを使って10万円の投資を始めました」でも良いのです。

NISAはいくらから始める?

最初に、いくらからNISAを始めるかは、あなたがいくら投資をしたいか、にかかっています。 NISAの制度的な縛りは、上限が120万円ということだけで、投資額の下限はありません。

そのため、500円でも1万円でも10万円でも、あなたの考えに応じて決めることが出来るのです。

ここで、株式や投資信託に投資する際の最低投資費用について、簡単におさらいしたいと思います。 詳しくは、初めての株式購入。株を買うにはいくらお金が必要なの?1万円資産運用編などで紹介していますので、併せてご覧ください。

例えば、月々500円から積立できる積立投信!1年間でわずか6000円の投資で紹介している積立投信は、最低毎月500円から始めることができます。 この積立投信、もちろんNISAで買えます(※)。

他の例では、1万円で株式投資!単元未満株で100円から株主にで紹介している単元未満株も、500円や1000円で買えます。 この単元未満株もNISAで買えます(※)。

※厳密には「証券会社がそのサービスに対応していれば」NISAで買えます。 筆者が利用するSBI証券はその両方に対応しています。

冒頭で述べたとおり、NISAとは運用益の非課税額の上限が120万円と決められているだけの制度です。 NISAを使うために120万円を事前入金する必要はありませんし、最低投資額が決められたりするような制度でもないので、いくらから始めるかはあなた次第なのです。

ちなみに筆者が最初にNISAで買ったのは投資信託1万口だったと思うので、だいたい1万円でNISAを始めたことになりますね。

あんまり買っているつもりはありませんが、最近は20万円分ぐらい非課税枠を使ってしまったようです。

NISAで何を買う?

というわけでNISAで何を買うか、という話。 いろいろ案はあると思いますが、ここでは筆者がNISAで買ったものを紹介します。

アメリカ株(海外ETF)

筆者NISA口座のアメリカ株(海外ETF)

筆者NISA口座のアメリカ株(海外ETF)

2016年に入り、海外株もNISA口座で購入できるネット証券が増えています。 筆者が利用するSBI証券もその1つです。

通常海外株式を買うためには、結構な手数料が生じるため、インストックネットで紹介している少額資産運用にはあまり向いていません。 手数料負けしてしまうためです。

ところが、NISAのキャンペーンを利用すれば、この買付手数料を無料にできるのです(2016年2月現在)。

アメリカの市場に上場するETFの良いところは、1口あたりの単価が数十ドルと、日本のETFに比べて安価なところ。 日本円換算で数千円からNISAを始めることになりますね。

もしあなたが分配金目当てで買うなら、iシェアーズ 米国優先株式 ETFなんかが良いかもしれません。 ドル建てですが、毎月分配実績があります。

高分配の国内ETF

最近の運用の仕方2015年下期版で紹介している、J-REIT連動のETFはすべてNISAで買っています。 当面手放すつもりがないので、分配金目的です。

分配型ETFで夢の分配金生活を目指すで紹介しているように、ETFには分配金重視のものがいくつかあります

  • 野村日本株高配当70連動型上場投信など高配当株式ファンド
  • 上場インデックスファンド海外債券(Citi WGBI)毎月分配型など債券ファンド
  • 東証REIT指数連動型上場投信など国内/海外リート

これらはNISAと相性が良いと考えています。

いずれも比較的良く値動きしますので、想定以上に値上がりしたら売却しても良いかもしれません。

そのほかにも、iシェアーズの米国債ファンドなんかも良いと思います。 こちらは株式やリートに比べて値動きが安定しているのが特徴です。

なお、ETFは大半が1~2万円程度ですから、ETFでNISAを始めるなら1~2万円程度から始めることになります。

高分配の国内株式

商社系など、配当金利回りが4%を超える株式などもNISAと相性が良いと思います。 筆者は急落した住友商事株を単元未満株を買い付け、NISAに放り込みました。

資源系を扱っている商社株は、直近の原油安の影響で値動きが不安定です。 リスクを嫌う人にはあまりオススメできないかも。

もちろん商社である必要は無いので、そういったお好みの個別株を探してみても良いと思います。

NISAは基本的に長期保有を前提にする制度ですから、長く持ちたいと思う株を選んでみてはいかがでしょうか。

なお、株式は銘柄によって値段が違うので、1単元買うなら10万円以上の投資費用を見ておいたほうが良いです。 単元未満株で始めるなら、1万円未満でも始めることができますね。

NISAで毎月分配型ファンドを買うのはどう?

毎月分配型を選べばいいの?みんな買ってる人気商品だよね?で紹介している毎月分配型のファンドは、上手くいけばNISAで爆発するかもしれませんが、上手くいかなければNISA非課税枠の無駄遣いになります。

というのも、分配型投信から分配金を貰うときに注意しておきたいことで紹介しているように、分配金には普通分配金特別分配金があり、非課税の特別分配金が出てしまうとNISAの意味が無くなるからです。

おそらくNISAで毎月分配型を買っている方は多くいらっしゃるでしょうが、2016年2月現在で新興国に絡むファンドだと、思うような成績にはなっていないのではないでしょうか。

お試しで買った、私のトルコリラ債券ファンドも特別分配金連発ですから笑 ブラジルレアルなんか散々じゃないですか(これは買ってないですけど)

毎月分配型ファンドに限った話ではありませんが、金融商品の将来の成績を予測するのは困難です。 つまり成績の良いファンドを「狙って買う」のは難しいと思います。

ので筆者は、NISAでオススメの毎月分配型なんて探すよりは、上述のETFを買ったほうが良さそうに個人的に思っています。

毎月分配型を買うなら、少なくとも新興国通貨や債券の利回りに騙されない見識が必要です。 筆者みたいに、非課税枠の無駄遣いになりますから笑

なお、投資信託はおおよそ1万円前後ですから、NISAで投資信託を始めるなら約1万円程度から始めることになりますね。

まとめ

以上のように、NISAはいくらからでも始められる制度です。 120万円という数字が印象的ですが、120万円用意してから始める必要はありません。

補足として、NISAの枠を使い切る必要もありません。 120万の非課税枠のうち、100万ぐらい残して、次の年を迎えても何も問題ありません。

「NISA口座で株や投資信託を買い付けたら120万円までは税金はかからないよ」と、ただそれだけの制度なのですから。

いつもご覧頂き励みになります。お気に召しましたら是非シェアしてね!

上に戻る

10万円資産運用におすすめの証券会社

手数料が安く、取り扱い商品も多いため、少額資産運用に最適なネット証券です。 第三者評価機関調査で10回目の第1位に選ばれるなど人気の高さが特徴です。 安全にお金を増やしたい方に最適な、元本保証で高金利のハイブリット預金目当てで開設される方も多くいらっしゃいます。
当サイトはSBI証券をお勧めいたします

広告

広告

関連記事

サムネイル

[NISAで始める資産運用]

NISAとはどんな制度?メリットとデメリットは?

10万円資産運用のような少額投資では、NISA(少額投資非課税制度)は有効な制度です。 課税されない分だけ利幅を大きくすることができるからです。

サムネイル

[NISAで始める資産運用]

NISAってどう?1年ぐらい使ってみて

1年間以上NISAを使ってみましたので、その使い勝手や感じたことをまとめたいと思います。 難点に感じる部分はありますが、筆者はおおむねNISAの使い心地には満足しています。

サムネイル

[NISAで始める資産運用]

NISAで借金を背負うことはある?

1年間以上NISAを使ってみましたので、その使い勝手や感じたことをまとめたいと思います。 難点に感じる部分はありますが、筆者はおおむねNISAの使い心地には満足しています。

サムネイル

[10万円で行う少額株式投資編]

株主優待と配当金が欲しい!どうやってもらうの?

みんな気になる株主優待と配当金の貰い方。その流れをご紹介します。 もちろんネット証券で株を売買していても受け取れます。

サムネイル

[10万円で行う少額株式投資編]

株主優待ってどんなものを貰えるの?

株主優待は自社の商品、サービス、店舗利用を優遇する目的のものが多いです。 本記事では、株主優待でどんな物を頂くことができるのか、その一例をまとめました。

サムネイル

[10万円で行う少額株式投資編]

10万円の株式投資で取得できる株主優待とは
10万円以下で取得できる株主優待の例をご紹介します。 優待と配当金を合わせれば4~5%の利回りを期待できる銘柄もあり、最低投資額も安価ですから積極的に狙ってみてはいかがでしょうか。

サムネイル

[少額投資信託編]

毎月分配型を選べばいいの?みんな買ってる人気商品だよね?

毎月分配型は投資信託の売れ筋表品ですが、「売れているから儲かる」とは限りません。

サムネイル

[少額ETF編]

分配型ETFで夢の分配金生活を目指す

不動産投資信託や海外債券に投資を行うETFは分配頻度が高く、分配金も多くなる傾向にあります。 コストも低く、分配金の全てがあなたの利益になりますから、運用上のメリットがとても多いのが特徴です。

サムネイル

[筆者の運用体験談]

最近の運用の仕方2015年下期版

ETFを通じた定期的な収入の構築の話をご紹介します。

上に戻る

広告

広告

筆者情報

アイコン

30代兼業投資家。株式と投資信託中心に少額投資中。

カテゴリーリンク

copyright(C) by インストックネット since 2014

インストックネットの文章の無断転載を禁じます。 引用の際は、記事の出典がインストックネットであることを明記してください。

各記載事項は、筆者調査の上で間違いが無いよう記述していますが、間違いが含まれる可能性もございます。必ずご自身で確認を取るようになさってください。

インストックネットが紹介する金融商品は情報提供のために掲載しており、将来の確実な値上がり・利益を約束・保証するものではありません。

金融商品は、商品の特性上、取引によって金銭的な損失が生じる恐れがあります。必ず余剰資金で投資を行い、自己責任にて取引を行うよう、お願いいたします。